今まで知らなかった!人生を変えるスキンケアの小技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

美肌のもとは、スキンケア。
スキンケアは本当の美を高めるためにメイクよりも大切です!
そこで今回はスキンケアを徹底させるために、豆知識やワザをご紹介します。
スキンケア達人は美への道です!

 

1.アイクリームは軽く叩くように塗る

通常、スキンケア用品を顔につける時には、円を描くような動作でつけるといいと言われています。
循環を促して、肌に効果的に浸透させることができるからです。

しかし、目の周りの皮膚はとても薄くデリケートで、あまり雑に扱うと、ほうれい線やシワ、たるみの元となってしまいます。

なのでアイクリームをつける時は、軽く叩き入れながらつけるようにしましょう。
そうすることでシワなどを誘発することを防ぎます。

 

2.フタを必要以上に開けっ放しにしない

酸素に触れると、多くのスキンケア用品は分解し始め、成分の効能が低下してしまいます。

なので、できるかぎり効能を維持させるため、使用するとき以外は常にフタはきつく締めるようにしましょう。

保管場所の温度や湿度についてボトルに表記がある場合もあるので、確認してみましょう!

 

3.高価なものほど良いわけではない

これはグッドニュースですね。
本当に良いものを見つけるためには、お金をとにかくかければいいというわけではないのです!

スキンケアの専門家によると高価な製品は、その豪華なパッケージによって値段が高くなっていることがあり、平均的な値段の製品よりも質がいいというわけでは必ずしもないのだそうです。

効果があるということが大前提なので、ドラッグストアで自分に合った製品を見つけられたのなら、それで十分なのです!

自分に合うものを見つけられた時点であなたは勝ち組です。

 

4.天然成分は必ずしもよくない

強い化学成分に肌をさらすことはよくないので、天然成分の方がいいという場合もあります。
しかし、天然成分だからといって100%あなたの肌に合っているというわけではありません。

たとえば、つた漆は天然ですが、かぶれてしまい肌にはよくありません。

このように、スキンケア製品にも肌に合う合わないがあるので、なんでも天然製品にすればいいというわけではありませんよ。

 

5.洗顔後、泡をそいでからすすぐ

美肌キープのために重要なのが洗顔。
そして洗顔の中でも一番大切なのが、「すすぎ」です!

しっかり洗顔料を洗い落とすためには、何回やっても足りないくらいです。

そのため、ちゃんとすすぎができるように、水ですすぐ前に泡を手でそぎ落としましょう。
そうすることで、すすぎをもっと楽にできます。

またシャワーのお湯を直接顔に当てることも厳禁ですよ!
水圧でお肌はダメージを受け、乾燥させてしまいます。

手にお湯をためてやさしく洗い流すのが正しいすすぎです。

 

6.下着をつけるよりまず保湿

入浴後、浴室から出たらまず先に何をしますか?
冬場は寒いですから、そそくさと下着をつけ、パジャマを着ていませんか?

その数十秒が大切です!
まず先に保湿をしましょう!

お風呂後のお肌は、毛穴が開いていて美容成分が行き渡りやすい状態。
体や顔についた水分をふき取ったと同時にスキンケアを開始するのが理想的です!

浴室に保湿クリームを置いておいて、タオルでふいた後にすぐ塗れるようにしておくと便利です◎

 

7.うるツヤ肌の秘訣は一日中保湿

冬場など、鏡をのぞいて気づいたら、顔がカサカサになっていたり、粉をふいていたりファンデーションがひび割れていたり…
なんてこと、ありませんか!?

乾燥は美肌の大敵です。
常にうるツヤ肌をキープしたいですよね。
そのためには、日中からこまめに保湿をする「一日中保湿」が鍵です!

バッグの中に小さい保湿アイテムを忍ばせておきましょう。

クラランス

フェイスメイクアップ

メイクの仕上げ用ミスト。
メイク後にシュッと吹きかけるだけで、メイクの持ちが格段に高まると同時に、乾燥対策にも!

イプサ

ザ・タイムR デイエッセンススティック

スティック状の美容液なので、いつでもどこでもサッと塗れる!
気になる乾燥の箇所のお手入れに。

 

おわりに

いかがでしたか?
今日から実践してみて、スキンケアの達人を目指しましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!

関連記事






ページ上部へ戻る