暑い夏だからこそ!お風呂で芯から美しくなる入浴法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏は暑いから、どうしてもシャワーだけで済ませたい気持ちになりますよね。
でも、そんな暑い夏だからこそ、お風呂に浸かって美しくなりませんか?

お風呂は女性にとって良いことだらけ。
暑いからお風呂に入らないなんてもったいない!

そんなお風呂に入るとどんな良いことがあるのか、おすすめのバスグッズなども紹介していきますね♪

 

夏のダメージはお風呂で解消

夏といえば、太陽からの強い日差しや紫外線、冷房による冷え、暑くて寝苦しい夜など、体や精神にもさまざまな悪影響を及ぼします。
そんな夏特有の体のダメージ、実はお風呂で解消できるんです。

 

疲れをとりたいなら熱めのお湯が効果的

夏は、冷房の入った電車や会社で過ごしたり、気温の高い野外を歩いたりと、気温の変化が激しいですよね。
そうすると自然と体も疲れてきます。

そんな体がバテて疲れた日には、熱めのお湯を沸かしてみましょう。
温度は42~43度くらいで、サッと短い時間だけ浸かってください。
血行がよくなって、乳酸などの疲労物質を取り除いてくれます。

熱いお湯に浸かるときの注意点

熱めのお湯に長時間入っていると、肌が乾燥してしまいます。
また、血圧が高かったり、心臓が弱い方も注意が必要です。
なので、お湯に浸かるのは短い時間にしておきましょう。

 

暑い夏でもぐっすり眠れる入浴法

人は、上がった体温が徐々に下がるとき、心地よい眠りが訪れると言われています。
暑いからとシャワーだけで済ませると、湯船につかった時のように体温が上がりません。

入浴をする時間は、就寝する1~2時間前に入るのがベスト。
お湯の温度はぬるめで、38~40度を目安に15~20分くらいゆったりと浸かりましょう。

また、わたしたちの体の働きは、自律神経によって支配されています。
その自律神経は、交感神経と副交感神経の2種類あります。
交感神経は心身が活動的になり、副交感神経は心身がリラックス状態になることです。

ぬるめのお湯に浸かると副交感神経が優位になります。

なかなか寝付けない日が続くのであれば、ぬるめのお湯に浸かってみてください。
心身ともに緊張がほぐれていきますよ。

 

ぬるめのお湯でゆっくり半身浴をすると冷えの改善にも

夏になるとオフィスや電車内などで冷房が使われていますよね。
冷え性の人にとって夏の冷房は、むくみや体調不良の原因になります。

そんな体の冷えは、ぬるめのお湯で半身浴をすると解消できますよ。
38度くらいの温度にゆっくり浸かることで、体の芯までじわ~っと温まっていきます。
お風呂にゆっくり浸かることで、水圧が血行を促進してくれるので、むくみ対策に良いですよ。

この半身浴は、じわじわと汗ばんできたところでやめましょう。
また、逆にぬるくて体が冷えた場合は、最後にお湯を足したり追い炊きをして、1~2分ほど温まるのも良いですね。

水分補給も忘れずに、無理をしない入浴をおこなってください。

 

良質な睡眠をもたらす入浴中の過ごしかた

ゆっくりとお湯に浸かっている15~20分って意外と長いですよね。
どうせゆっくり入っているんだったら、とことんリラックスできてキレイになりたいところ。
そんなバスタイムを有効活用しつつ、良質な眠りにみちびく過ごしかたを紹介します。

 

入浴剤を使って血行促進&リラックス

入浴剤は香りが楽しめるものがオススメです。
ラベンダーやカモミールなどの香りはリラックス効果を高めてくれます。
ミントやオレンジの香りは、熱のこもったお風呂の中でも爽やかな気分にさせてくれますよ。

クナイプ

バスソルト ラベンダーの香り

120年以上の歴史があるロングセラー商品。
ストレスを解消したい、緊張をやわらげてリラックスしたい人にオススメ。
天然精油の本格的なラベンダーの香りは、爽やかでスッキリとした気分にしてくれます。

バスロマン

スーパークールタイプ

入浴後に汗でベタつくのが嫌な人にオススメ!
ひんやりとした感覚のメントール配合。
お風呂に浸かっている時はしっかりと温まり、お風呂から出たあとはスーッとした涼しさを実感できます。

また、スキンケア入の入浴剤もオススメ。
夏は肌の露出も多くなり、背中やうなじは気づかないあいだに日焼けしていることもあります。
背中などは手が届きにくく、スキンケアするのが大変。
そんなときスキンケア入の入浴剤を使えば、お湯に浸かるだけでケアが出来ちゃいます。

キュレル

入浴剤

敏感肌や乾燥肌でも使えます。
潤い成分が角質の奥まで浸透し、お風呂上りの乾燥を防いでくれますよ。

 

炭酸入浴で血行促進!

熱いお風呂が苦手な人には、炭酸ガス入りの入浴剤がオススメ。
ぬるめのお湯でも、炭酸が血のめぐりを良くしてくれます。
しかも、短い時間で温浴効果が得られるので、湯船に長時間つかりたくないときに最適です。

バブ

アロマティックローズ

ローズの香りは華やかで贅沢なバスタイムを過ごすことができます。
「炭酸力」で体の芯までポカポカ。
ぬるめのお湯でも温かさが続きます。

また、炭酸入浴剤を使うときは、入浴剤が溶け終わってから入浴しましょう。
炭酸入浴剤は、すべて溶けたあと炭酸ガスがお湯に充満します。
お湯に浸かってから入浴剤を入れても効果が得らないので気をつけてくださいね。

 

マッサージ

冷房の冷えや、日ごろの仕事でむくんだ足をマッサージしましょう!

湯船に浸かるとじんわり体が温まり、血行が良くなっていきます。
ただ浸かっているだけではなく、ふくらはぎや足の裏、手や足の指を揉んでほぐしてみてください。
むくみや冷えの症状が緩和されていきますよ。

 

入浴後は10分以内にスキンケアを!

お風呂から出たら、10分以内に顔や手、足などのスキンケアをしましょう。
お湯に浸かると汚れと一緒に皮脂膜が取れます。
肌も水分を含んで、みずみずしい肌になっている状態。

そんな状態で放置をしていたら、肌はどんどん乾燥していきます!
お風呂から出て20分もすると、肌の水分はお風呂に入る前よりも少なくなると言われているんです。

なので、お風呂から上がって10分以内に、化粧水などのスキンケアを肌にほどこしてあげてくださいね。

 

夏の肌は入浴と睡眠でゆっくり修復

日焼けでダメージを受けた肌を修復したいなら、まったりとお風呂を楽しみ、深く眠りにつくことが一番。

また、忙しくてお風呂に入れない!という人も、最低でも週1回はお風呂につかってみてください。
リラックス効果のある入浴剤などを使って、心身ともにスッキリしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る