食欲を抑えるなんて無理!脳で考える前に身体にコントロールしてもらう10の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の前にとても美味しそうなパン屋さんがあります。
でもあなたはさっきお昼ご飯を食べたばかりの状態です。
多分、『お腹はいっぱいだけど、食べたい…でも食べると食べ過ぎている…』と頭の中で葛藤が起こると思います。
今、私も想像しながら書いていましたが皆さんと同じ状態に陥ると思います。
でも、これは仕方ない事です。
パンが美味しいという事はすでに記憶の中にあるから、これを食べると幸せな気持ちになれるということを頭が勝手に判断しているからです。
ただ、ここでこの誘惑に負けてしまってパン屋に入って買ってしまうとします。
食べているときは欲しいものが手に入って幸せな気持ちでいっぱいです。
その後の感情は皆さん…わかりますよね??
そうです。後悔です。
人間頭でわかっていてもどうしても身体が付いて来ないときは誰にでもあります。
だからこんな時にも誘惑に勝てる頭ではなく身体を作っておくと良いでしょう!

 

血糖値を上げない食事をする

サラダを食べる女性
ダイエットをしていく上で絶対に覚えておきたいのが血糖値です。
ご飯から食べないようにしましょうということは一度は聞いた事があるかもしれません。
ご飯から食べる事により血中の糖が一気に上がる事によってインスリンが出て血糖値を下げようとします。
そうするとその糖は脂肪細胞へ蓄えられる事に繋がります
そうなるともちろんですが、体重・サイズ共に増加するのは想像つきますよね。
そして、血糖値が一気に上がり、そして次に起こる事は一気に血糖値が下がります。
こうなると胃はまだ消化している段階でお腹が空いている状態でもないのに偽の食欲が起きてお腹が空いたように勘違いしてしまいます。
ですので、出来るだけ血糖値は一気に下がらないようにしておきたいところです。
下がらないようにする為には野菜から食べるようにすると良いでしょう。
ダイエットでも基本の考え方なのでこれは朝昼晩必ず守りましょう。

 

タンパク質を必ず摂る。

豆乳
もうひとつ血糖値を一気に下げない方法としてタンパク質を摂取する事をオススメします。
タンパク質を摂取する事により血糖値を下げにくくすることはもちろんですが、腹持ちも良くなるので毎食タンパク質は取り入れて行きたいところです。
朝に魚や肉を食べるのが難しい場合は納豆を取り入れると簡単に摂取する事が出来、お昼ご飯の時などは食事前に豆乳を飲んだりする事も効果的です。
夜は炭水化物を控えてささみなどの脂肪分が控えめの食材を取り入れていくとよりダイエットに効果的なので実践してみてください。

 

冷静になって胃と相談する

350
冷静になって今の胃の状態をじっと観察してみましょう。
今、お腹は空いていますか??
それとも美味しそうという脳の判断からお腹が空いた気になっていませんか??
後者の場合は意外と日常の中でもよく起こる現象と思います。
しかし、この状態の時に食べる事が後々の後悔に繋がってしまう事になりますので一度下記の事を試してみて下さい。
まず、自分の胃の中の状態を確認します。
それでも食べたい気持ちを抑えられない場合があると思います。
次に、食べた後の自分の気持ちを想像してみましょう。
少し気持ち的に食べない方がいいのではないか?と考えるでしょう。
最後に『この食べ物を今食べたい気持ちではない』と自分に言い聞かせてみます。
そうすると初めにその食べ物を見た時の自分の感情とは少し違うと思います。
これを訓練して毎回重ねていく事により欲しい気持ちを半減していく事が出来ると思いますので、一度挑戦してみて下さい!

 

水を飲む

ミネラルウォーターを飲む女性
少し胃に何かを入れるだけで気持ちが落ち着く場合があります。
更に食後だと水を入れるだけでもお腹がいっぱいの状態だと胃が膨れた感じがより一層感じられて一旦食欲も落ち着くと思います。
人間目に入るとそれが欲しくなってしまいますので、少し水で紛らわせてるその瞬間に目の前にある誘惑するものからすぐに離れるようにしましょう。

 

歯を磨く

350 歯磨き 歯ブラシ 口
単純な事ですが、人間の心理的に小さい頃から歯磨きはご飯を食べた後にするものと教えられていたと思います。
小さい頃からしている習慣は当たり前の習慣になっていて、歯磨きをするということはもうこの後何も食べませんという状態になります。
もうご飯を食べ終わって胃がある程度いっぱいになっているのにも関わらず、だらだらお酒を飲んだりデザートに手を出してしまうことが一番体重が増えてしまう原因ともなります。
お家に帰って一息ついてゆっくりしたい気持ちもわかりますが、まずその前に歯を磨くようにしましょう。
そうすると気分も変わって何か口にするよりも読書をしたり、今日は早めに寝ようかな?という気分になるとダイエットにより一層効果的になりますね!
歯磨き粉もすっきりしたものを使用する事によりその後の食欲をより抑えていく事が出来るでしょう。

 

グレープフルーツの香りを嗅ぐ

グレープフルーツ
グレープフルーツはダイエットをしていく中でとても万能な果物でもあります。
グレープフルーツの芳香成分の中にヌートカトンというものが含まれておりこの成分はなんと人間の食欲を抑えてくれる働きがあります。
鼻と脳はとても深い関わりを持っていて脳に働きかけるスピードがとても早いので速攻で食欲に効き目があります。
日中グレープフルーツを持ち歩く事は不可能だと思いますので、アロマのエッセンシャルを持ち歩いても良いでしょう。
そして、グレープフルーツには脂肪を燃焼していく効果もあるのでダイエットしている方は是非注目しておきたい食材ですね!!

 

軽い運動をする


お腹が少し空いている状態の時に運動する事が効果的です。
運動をするとアドレナリンが分泌されます。
分泌されると肝臓に溜め込んであるグリコーゲンが糖として血中に流出し、一時的に血糖値が上がります。
そうすることにより空腹を抑えていく事が出来ます。
更に空腹時に運動する事により、溜め込んでいる脂肪から燃焼していく傾向にある為、サイズダウンしていくのにもとても効果的に運動していくことが出来ます。
お昼ご飯を食べてお腹が空く頃の夕方に軽いジョギングをしたり、朝一のご飯食べる前にランニングする事もとても効果的にダイエットしていくことが出来ますね!

 

よく噛んで食べる

食事をする女性
よく噛んで食べる事はダイエットをしていく中では一番始めに行っておきたいくらい重要ですね。
かき込むように食べてしまうと満腹中枢が満たされてお腹がいっぱいですよと信号を送る前に必要以上の量を食べてしまう事に繋がります。
よく噛んで食べる事により満腹中枢がしっかり満たされてお腹がいっぱいと感じる事が出来ます。
そして、食後のお腹の空き具合にも影響してきます。
かき込むように食べてしまうと血糖値が一気に上がってしまう為にその後一気に血糖値が下がり偽の食欲を招いてしまう結果となります。
よく噛んで食べる事により一気に血糖値が上がるのを防いでくれるので、ゆっくり血糖値が下降していき偽の食欲が起こりにくくなります。
たくさん食べる事も防いでいきその後の食欲を抑える事も出来るので、食事は毎回必ずしっかり噛んで食べるようにしましょう。

 

簡単に食べれるものを買わない


目の前にお菓子があるとつい手を出したくなりますよね??
目の前にお菓子がない状態だと特に誘惑されることもありません。
でも実家に住んでいたりすると自分が欲しいと思ってなかったものも誰かが買って来ていて見ると欲しくなったりした経験ありませんか??
私は実家に住んでいたときは何度もありました。
目の前にあるものを食べないようにする事はかなりの体力の消耗に繋がりストレスさえも感じてしまう事に繋がります。
そもそも目の前になければそんなことは起こりません。
この状態も避けていく為に家族の人にはお菓子など簡単に手に取って食べれるような間食のものは棚などに入れて目につかないところに置いておくようにお願いしておきましょう。
これだけでも間食をかなり防いでいくことが出来ると思います。

 

睡眠をしっかりとる

眠る女性
仕事で疲れて帰ってご飯を食べた後にちょっと横になろうとテレビを見ながら気がついたら寝てしまったり、ひどい時には朝になってしまったりしたことはありませんか??
これは睡眠の質を大きく下げることに繋がってしまいます。
睡眠不足の次の日はなんだか食欲が旺盛だったり甘いものを食べたくなったりしますよね。
これはレプチンというホルモンが関わっています。
レプチンは食事後に分泌されるホルモンで、脂肪細胞から分泌されて満腹中枢を刺激してくれるホルモンです。
睡眠不足だとこのホルモンが上手く出来ずに食欲が増えてしまいます。
更にグレリンというホルモンも関わっており、このホルモンは胃から分泌されお腹が空いた事を教えてくれるのですが、睡眠不足の状態では分泌が乱れてしまいお腹が空いた状態が頻繁に起きてしまいます。
だから睡眠不足の次の日は食欲が旺盛になりがちになってしまいます。
毎日忙しく寝る時間がなかなか確保出来ない方もいらっしゃるとは思いますが、帰ったらだらだらとせずにさっさとお風呂も済ませてしまってからせめて6時間以上は寝るようにしましょう。
そうすることにより余計な食欲を抑えていけるようになるでしょう。

 

おわりに

現代社会に生きているとどこを向いてもストレスがあるように感じる事もあります。
仕事では上司からの圧迫があったり、家に帰っても家族の人と喧嘩をしてしまったり…
人間関係のストレスもありますが、近隣の家がうるさかったり雨の日でびちゃびちゃになってしまったりと自分が不快に感じる事はすべてストレスの原因となってしまいます。
ストレスでいっぱいの状態でそれ以上頭の中を食欲と戦うのに使うのは更にストレスを浴びる事に繋がってしまいます。
そして、そのストレスが新たな食欲を呼んでしまうことに繋がるでしょう。
ですので、自分の脳を上手く利用し、身体に食欲をコントロールしてもらうようにしましょう。

食欲が止まらない!少しでも太りにくくするポイント食欲が止まらない!少しでも太りにくくするポイント
冷蔵庫の中のものを食べる女性夜中に冷蔵庫を漁らなくて済む!食欲を抑える7つの方法
食べたくないのに食べてしまう!旺盛な食欲を打ち消す食材とは食べたくないのに食べてしまう!旺盛な食欲を抑える食材とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。

関連記事






ページ上部へ戻る