美容院へはどのくらいの頻度で行くべき?美容師が教える髪型別メンテナンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容院へはどのくらいの頻度で行くべき?美容師が教える髪型別メンテナンス

美容院へはどのくらいの頻度で通っていますか?
何カ月ごと、なんていう期間はあまり気にしていないのかもしれませんが、大体の方は1,2カ月に1度、もしくは3、4カ月に1度というのが一般的ではないでしょうか。

私は昔からお客様の来店記録を一覧にして管理していますが、年末で1年分のデータが揃うとお客様それぞれの平均来店頻度が分かるようになっています。
中には、13回・・・とか、15回・・・という方も見えるんです。
基本毎月1回、時には2回ご来店頂いているという事になります。
それとは逆に、年1回から2回、という方もいらっしゃいます。
そういう方は来店されたらバッサリ切る。
パーマやカラーはあまりしていないという方がほとんどです。


実際、美容院に時間を使うという事は、それぞれのライフスタイルや価値観、考え方によって様々ですが、私たち美容師にも理想の来店頻度というものが存在します。
美容師さんの中には、次回来店のご案内を必ずしていて、次回の予約まできちんと頂いているという人もたくさんいます。
わたしにも年間きっちりと同じ間隔でご予約をしてくださるお客様がついてくださっています。
私個人は、あ!髪切ろう!という思い付きで行動するタイプなので次回がいつになるかというのは自分でも分からないのですが、パーマやカラーをされている方は特に、髪の毛のメンテナンスをしなければ大変なことになってしまいます。
私は綺麗な髪を維持するという事も1つの仕事ですので、カラーは1カ月に1度の頻度でしています。
パーマをかけている間は大体2カ月に1度。
本来髪型の賞美期限というのはこのくらいです。
ですがそんな頻繁には美容院なんて行けないわ。という方が多いのではないでしょうか。

今日は髪の毛に施している技術別に髪の毛の賞美期限とメンテナンスについてのお話をさせていただきますね。

カラーリングは約3カ月

350 髪 
今やカラーをされているという人はかなり多い時代です。
昭和半ばごろにパーマブームというのが起こったそうですが、私が美容師になる少し前から少なくともここ20年はカラーブームが続いているといっても過言ではないほどカラーリングの比率は高いです。

カラーといってもその半分以上は白髪染めが占めています。
1日のサロンワークの中で白髪染めのない日はありません。
ストレス社会ですから、20代から30代の若い方でも白髪に悩む方は多くいます。
年配の方の中にはもう真っ白にしたいという声も聞かれますが、実際のとこと全ての髪の毛が白髪になるという人は本当にひと握リです。
白髪に混ざって黒い毛が生えてくるうちは、顔の印象が疲れて見えてしまったり、実年齢より老けて見えてしまったりといいことはあまりありません。
なので白髪染めをしなければならなくってしまうのです。

白髪染めの場合、早くて2週間経ってしまうとカラーが気になってしまうと思います。
よくカラーが剥げてしまうのが早いというようなご指摘を頂きますが、カラーが剥剥げてしまったのではありません。
髪の毛が生えてきてしまっただけです。
髪の毛は1日に約0・3mm伸びます。
2週間すると約5mm伸びることになります。
5mmも伸びると目で確認が出来ますね。
白髪の量が多い方は特に、我慢が出来なくなってしまうのです。
ここで市販のカラーをしてしまう、という方も多いようですが、1番いいのはここで、ポイントもしくは根元だけのリタッチカラーをするという事です。
なので白髪染めの場合はやはり月に1回、もしくは2回になる方もいると思います。
私のサロンではポイント、リタッチカラーについては通常より低い値段でご利用いただけるように設定しています。
家庭で市販のカラー剤を使うことはなかなか難しい上、ダメージの原因となりやすいので出来る限り美容院を利用していただきたいなと思います。


おしゃれ染めに関しても、ハイトーンの方は白髪染め同様根元が伸びてくるとなかなか格好悪い
ものです。
特にロングヘアになるほど、伸びた根元は目立ちやすいので1カ月もすればカラーをしたいなと感じるはずです。
この場合でも、根元のみのリタッチカラーを1度挟んで3カ月後に全体を染めるペースが毛先に負担もかかりにくいので理想かなと思います。
なので、ハイトーン以外でのカラーは大体3カ月以内にメンテナンスをしていただけるといいと思います。

パーマは約2カ月

パーマの女性
パーマスタイルは基本大体1カ月半~2カ月でかけなおすのがいいと思います。
一般的なロッドで髪を巻いて液をつけてかけるパーマ(コールドパーマといいます)が取れてしまうのが大体その位です。
しかもパーマというのはその時の長さに合わせてカールやウエーブをつけていくものなので、髪の毛が伸びてくるとカールの向きやウエーブの高さが下がってくるため手入れがしにくくなってきます。
また、毛量が増えてくると、思うようにパーマが出てこなくなってしまいます。
ここでカットをすることによってまたパーマが復活し、もうしばらく寿命を伸ばすことも可能ではあります。
ですが切る長さによってはやはりかけなおさなければいけない場合もあるので、1カ月半から2カ月の間で1度美容院へ相談に行くのが理想的です。

ゆるふわヘア
パーマの種類によっては持ちが長いものもあります。
切らない限り緩くはなってきてもウエーブやカールが存続したりするのも確かです。
デジタルパーマというパーマは別名形状記憶パーマとも呼ばれていますが、これの原理は縮毛矯正とほとんど同じであるため、言い切ることは出来ませんが半永久=かけたところは切らない限り取れない事もあると言えばあります。
過去私のお客様で1度かけたデジタルパーマを切らずに1年ほど持たせたという例もあります。
ですが全く髪の毛を切らないというのはなかなか綺麗にスタイルを保つことが出来ません。
しかも伸びてきたところはパーマがかかっているわけではないですからだんだんとストレートに近い印象になってきてしまいます。
やはりデジタルパーマであっても3、4カ月に1度カットをしてかけなおしてあげることが必要だと思います。
掛け直さなくてもいいという状態であっても、髪の毛のメンテナンスとして一旦毛先を揃えて量を調整してあげることで手入れは断然しやすくなりますよ。

ストレートパーマは3~4カ月

ロングヘアの女性
ストレートといっても縮毛矯正に限っての話になりますが、先程少し触れたように、縮毛矯正は半永久パーマとも呼ばれています。
これは本当に個人差がありますし、私も実際1年前位に縮毛矯正をかけましたが今は全く残ってはいないのが正直なところです。
元々パーマが取れやすいという方や、ハイトーンのカラーを頻繁にしている、おうちでの手入れが行き届いていないなどの原因で取れてしまうという事は大いにあると言えます。

基本的に縮毛矯正しかされない方で、きちんとしたヘアケアが出来ている方でしたら、大体3、4カ月頃に根元に癖が出てきてしまうでしょう。
その癖が原因で全体的にうねる、はねるなどの不具合が生じます。
この場合、毛先の矯正は残っている事が多いのでその伸びた部分だけをかけなおしてあげればまたまっすぐに戻ります。
くせ毛の場合は髪の毛が伸びてきて我慢できる限界が大体3、4カ月ではないかなと思います。
この時に、毛先の状態を見てもらって毛先もかけるのか、毛先は少し切って様子を見るのか相談しましょう。

2カ月に1度はトリートメント、ヘッドスパを

美容師
髪の毛を伸ばしている方は特に、髪の毛を切らないといってもしっかりしたヘアケアを定期的に行うことは必須です。
私は個人的にはトリートメントよりもヘッドスパの方を重視しています。
良い髪の毛は良い頭皮からしか生まれませんし育ちません。
毛穴に詰まってしまった汚れはなかなかシャンプーだけでは取り切れないのが正直なところです。
普段良く汗を掻く人や仕事で帽子をかぶる人、ヘルメットを着用しなければいけないという人は尚更しっかりと頭皮のケアをしなければ、抜け毛や臭いなどの原因となってしまいますし、髪の毛にも栄養がいかなくなってしまったり髪の毛が痩せて弱くなってしまったりします。
出来れば月に1度、せめて2カ月に1度はヘッドスパをしに行くことが理想的です。

男の方は月に1度は髪の毛を切るという人も多くいますが、私のサロンではカットと一緒にヘッドスパをされる方がすごくたくさんいます。
私たちも髪の毛を扱うプロですので、きちんとケアされている方とそうでない方の髪の毛の状態は見てすぐに分かります。
女性の方で抜け毛が多いという方はもしかすると頭皮までケアが行き届いていないからなのかもしれません。
なかなかそんなに頻繁に美容院へはいけないという方も、髪の毛のメンテナンスをしに行く際は是非一緒にヘッドスパをして頂けると嬉しいです。

おわりに

黒板の前に立つ美しい女性
今あなたの頭に生えている髪の毛、毛先はかれこれ何年も前に生えてきた髪の毛です。
長い間紫外線や摩擦、熱などの外部環境にさらされてきたものですので傷まない訳がありません。
髪の毛を伸ばしたい方に取っては少しでも切ってしまうのは惜しいとは思います。
私も今は髪の毛を伸ばしていますのでその気持ちはよくわかります。
ですが、たまには毛先の傷んだ部分も切ってあげなければいけません。
髪の毛は均等に全てが同じスピードで伸びてくる訳ではないですし、毛先がきちんと揃っていないとうねりやはねる原因となります。

また、量が多くなってくると髪の毛の手入れが大変になってくるのでケアが行き届かない原因となってしまうのです。
こうなってくるとダメージが広がってしまいます。
余計に切らなければいけない状態を招いてしまうのです。

髪の毛や頭皮も日々生きているものです。
きちんとしたメンテナンスが必要です。
綺麗な髪の毛、素敵なヘアスタイルを長く保つためにもマメに美容院へ足を運んでほしいなと思います。
今どうしたらいいのか、今の状態に何が必要か、そんなざっくりした相談でもいいので気軽にいらしてくださいね。

細く痩せた髪を強く太く!ボリュームたっぷりフワフワに!?育毛サプリの効果とは?細く痩せた髪を強く太く!ボリュームたっぷりフワフワに!?育毛サプリの効果とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る