成分?価格?何が違うの?市販シャンプーと美容室シャンプーの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成分?価格?何が違うの?市販シャンプーと美容室シャンプーの違い

お客様によく尋ねられるのですが、市販のシャンプーでは何が1番良いですかということ。
正直なところ、分かりません。
私たち美容師は基本、自分のサロンで扱っているシャンプーしか使いません。
お客様にお勧めするものを自分が使っていないなんてあり得ない・・・という理由です。

美容院で扱っているシャンプーは髪の毛にいいもの、これは誰でも分かっている事だとは思いますが、髪の毛を扱うプロが実際に現場で使うものですから、いいものでなければおかしい話です。
ただ、本音を言えば高い。
これは私たちも重々承知の事実です。
ですが、高いかどうかを見極めるのは買う人の価値観です。
私が良く思うのは化粧品にお金をかけるのと同じことだという事です。
髪の毛も顔の延長線上に存在する身体の1部です。
日々成長もしますし健やかな時も調子を崩すこともある。
街へ出た時、職業柄人の髪の毛を見てしまうくせがあるのですが、髪の毛まで手入れが行き届いていない方は残念ながら多いように感じます。
パーマやカラー、見た目のデザイン的な部分だけにお金がかかっていそうでも、実際髪の毛の健康まで管理されているかといえばそうでない場合がとても多いのです。

天使と悪魔
ドラッグストアなんかに行けばかなりたくさんの種類のシャンプーが並べられていますね。
最近は元々美容院でしか売られていなかったようなメーカーのシャンプーも比較的安価で売られているのを見かけたりもします。
それに対抗してか、絶対にサロン以外では販売しないという特別感を売りにするメーカーさんも増えてきているのは事実です。
では一般的な市場で買えるシャンプーとそうでないシャンプーは何が違うのか。
今日はこのことについてお話しようかなと思います。

市販のシャンプーとサロンシャンプーの決定的な違い

考える女性
決定的に違うのは洗浄成分です。
シャンプーの裏の成分表、普通の方はあまり見ないかもしれませんが、あれは多く配合されている順に書いてあるって知っていましたか??
大半のシャンプーは1番最初に水と書いてあります。
これは市販のシャンプーでもサロンのシャンプーでも大体1番は水です。
その次に書いてあるものが洗浄成分。
よく聞くシリコンというものは洗浄成分ではありませんのでここには関係ありません。
市販のシャンプーは泡立ちがいいことと、手触りがいいこと、そして安価であることがポイントです。
この3つが揃っているシャンプーは売れます。
低コストで髪のコンディションが良くなれば買う人は満足できるのです。
この満足を叶えるためにはコストのかからない洗浄成分を使用するしか方法がないため、そこに手触りを良くするためのシリコンを入れなければいけません。
このコストのかからない洗浄成分というのは主にラウレス、ラウリル、硫酸という言葉がつく高級アルコール系の洗浄成分になります。
これらのほとんどは石油から作られているため、台所用洗剤にも使われているような非常に強い洗浄力が特徴です。

髪を洗う女性
反対にサロンのシャンプーは髪の毛に優しいマイルドな洗浄成分を使用しているものが多いです。
中でも髪の毛と同じ成分を使ったアミノ酸系洗浄成分は肌への負担が少なく、安全性が非常に高いのでダメージを受けやすい繊細な髪の毛に優しいものになります。
それだけいい成分を使用するサロンシャンプーはそれだけお値段も高くはなってしまいます。
このアミノ酸シャンプーを美容師がお勧めする1番の理由は、髪の毛への刺激がないということ。
さらに髪の毛と同じ成分が配合されているという事で、髪の毛を洗いながらシャンプーでダメージを補修出来るというメリットがあるからです。
長期間使い続けることで質の良い髪の毛を作り出す事も可能になります。
デメリットは少々泡立ちが悪いこと、そして価格が高いという事しか見当たらないです。
表記の目安は、グルタミン酸、グリシン、アラニン、またココイル~、コカミド~という名前から始まるものはヤシ由来のものと合わさった洗浄成分ですのでよりマイルドな作りになっています。

手触りの違い

350
泡立ちもそうですが、洗い上がり、手触りに関しては断然市販の方がいいかもしれません。
ですがあくまでもこれは疑似的に作られたものであって髪の毛自体が良くなっているわけではないという事に注意してください。
1度サロンのシャンプーを使ってから市販のシャンプーに戻してしまう方の理由の1つにこの手触りというものが挙げられます。
この手触りを良くしている物こそがシリコンと呼ばれるものです。
ノンシリコンシャンプーできしむというのはそのせいなのです。
やたらとノンシリコンにこだわっていながら手触りが気に入らないと言っても市販のシャンプーにそれを求めるのは少々厳しいのではないかなと思います。
手触りを良くするものでシリコンを上回るものはありません。
やたらとシリコンは良くないものだという間違った情報が出回っていますが、全てのシリコンが良くない訳でもないのです。
サロンのシャンプーにシリコンが入っているものも実際はあります。
ですが良いシャンプーに配合されているものは水溶性シリコンといって髪の毛に蓄積するものではないです。
シリコンについての詳しい記事がありますので興味のある方は参考にしてみてくださいね。
ノンシリコンなら本当にいいの?シリコンのマメ知識

即効性を期待してはいけません

髪の毛を引っ張る女性
本当にいいものは残念ながら即効性はないと思います。
即効性のあるものは何らかのリスクが共存します。
長く使い続ける事で効果を実感していくのが本当にいいものです。
漢方にほとんど副作用がないというのはそういう事なのかもしれません。

私が長年扱っているシャンプーも、長く愛用してくださっている方の髪の毛は本当に綺麗で質がいいです。
よその美容院で髪の毛を褒められたのという話を聞くと本当に嬉しくなります。
サロンのシャンプーは高いから続かないというのも正直分かりますが、髪の毛もだんだん衰えてきます。
長い目で見て髪の毛に1番大切なのはシャンプーを見直すことだといっても過言ではありません。

1番分かりやすいのはカラーの持ち

黒板の前に立つ美しい女性
ちょっと昔に実験をしたことがあります。
2つのビーカーに市販のシャンプーとサロンのシャンプーを水で溶いた水溶液を入れ、その中にカラーリングしたばっかりの毛束を入れて1週間放置するというもの。
結果は言わなくても分かると思いますが、市販のシャンプーは見事にカラーが落ちてしまいました。
私自身も1週間市販のシャンプーを使ったことがありますが、結果は同じです。
それはやはり洗浄成分の強さが原因です。
カラーが抜けてしまうという事は髪の毛内部の栄養分や、頭皮に必要な皮脂までも取ってしまうという事です。
いくらそれをシリコンで補っても、抜けてしまったカラーやダメージや栄養、そして髪の毛本来の潤いを補う事は出来ません。
髪の毛の色が持たない、髪の毛がすぐパサつく、頭皮が乾燥してかゆい、頭皮のトラブルが多いという方はほとんどが市販のシャンプーの影響かもしれませんね。

スタイルにも関係してきます

ヘアサロン
髪型を造るうえで、ベースとなる髪の毛の状態というのはとても大きく左右されます。
先日かなりダメージのある方のヘアカラーを担当させていただきましたが出来る限りの技術を駆使したものの、やはり綺麗に色が入りませんでした。
案の定、その方は市販のシャンプーを使っている上、ほとんどヘアケアはされていないとのこと。
デザインを追求するうえで髪の毛の状態というのは本当に重要です。
手入れがされていない髪の毛はプロであっても綺麗に保つことは出来ません。

髪を切るはさみ
カット1つとっても同じです。
クセやダメージをなるべく手入れしやすいように切ることは出来てもまた伸びるまでの過程で髪の毛を大切に扱ってもらえなければいくら素晴らしいカットが施されていても意味がありません。
美容師が皆さんの髪の毛に触らせていただけるのは年間数えるほどです。
たったその数回で髪の毛の状態を良くできるような魔法使いではありません。
残りの約300日、髪の毛の良し悪しを作るのは皆さん自身ですから、素敵なスタイルになりたいと思うなら尚のこと、髪の毛はきちんとお手入れしてほしいなと思います。

髪の毛の良し悪しはシャンプーで決まる

髪を洗う女性
と言っても間違いではないほど、シャンプーというものはとても大切なヘアケアのひとつです。
最近は美容師さんが実際にシャンプーの開発に携わることも多くなりました。
シャンプーは誰もが必ず使うアイテムでもあります。
そのシャンプーで少しでも多くの人の髪の毛を良くしたいという思いから、シャンプーという物に力を入れているのだと思います。

わたし達美容師は、体育会系の世界にいながら理数系の難しい知識を身につけなければならない仕事をしています。
髪の毛や肌のことを熟知した上でどんな成分が最も適しているのか、パーマやカラーリングをした髪の毛にはどのようなもので補修するのがいいのか、日々研究、勉強しながら実際にお客様に使うアイテムを厳選しています。
そうして見つけ出した本当にいいものを1人でも多くの人に使って頂きたいという思いで皆さんにご紹介しているのです。
おそらく皆さんが感じる以上に、美容師というのは皆さんな髪の毛を良くしようという気持ちでいっぱいです。
美容師は職人気質が多いので、やはり任された以上少しでも美しいデザインを作り出したいのです。
その為には日々のヘアケアに協力していただきたいなと、そう思います。
その為にも、大切な髪の毛にはよりいいものを、1人1人の髪質に合ったものを使っていただきたいだけなのです。

おわりに


ヘアケアの第1歩はシャンプーです。
市販されているアイテムの多さや、思わず立ち止まってしまうようなキャッチコピー。
お風呂場を飾りたくなるような素敵なボトルも多く見かけます。
最近は市販のものでもノンシリコンやオーガニック、ラウレスフリーなど、より髪にいいものをという動きが見られるようにもなりました。
ですが、市販のメーカーさんがどれだけがんばっても、美容院で販売されているものには敵わないはずです。
それが敵うとすれば、価格的には同等になるでしょう。
美容院のシャンプーは高い、よく聞くお言葉ですが、それにはそれなりの理由と結果がある。
それを是非、ご自身の髪の毛で実感していただきたいなと思います。

シャンプーをする女性ノンシリコンなら本当にいいの??シリコンのマメ知識あれこれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る