白砂糖を使用するだけで老化のスピードが倍速に?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白砂糖を使用するだけで老化のスピードが倍速に?!

砂糖が身体に良くない事は皆さんもうご存知だと思います。
しかし、気がつけば一日の中で白砂糖をどれほど摂っているでしょうか??
朝コーヒーを飲む時やお昼に仕事場でもらったお菓子、帰ってからご飯の後に少し食べたくなるアイス…
ご飯を作るときなど煮物、炒め物にも白砂糖を使う事もありますよね。
甘いものを食べようと思うと本当に簡単に手の届くところにたくさん白砂糖はありますよね。
でも、実際に白砂糖はどのように身体に悪影響を及ぼすかご存知ですか??
体重が増えてしまうというイメージはありますが、その他にもたくさん身体に悪影響を及ぼしますので、その影響と改善方法をご紹介していきたいと思います。

 

白砂糖が身体に及ぼす悪影響

砂糖
何か甘いものが欲しいと思ったら必ずと言っていい程入っている白砂糖…
今の日本人は、年間に25㌔前後もの砂糖を摂取しているとも言われています。
甘いものが好きで毎日何かお菓子を食べていると言う方はもっと摂取していると思われます。
砂糖は『麻薬』とも言われるくらい依存性がとても高いもので、一度食べるとまた次も食べたくなり、その繰り返しがずっと続くとも言われています。
確かにお菓子を少し食べるとどんどん欲しくなるのは事実ですし、実際にダイエットをするけど続かないのも何か甘いものが食べたくなったりすることがあると思います。
このように甘いものが欲しくなる悪循環に陥ってしまっている人は抜け出す事がとても大変な状態になると思います。
では、白砂糖は身体にどのような悪影響を及ぼしていくのでしょうか??

シワたるみ・シミ

シミを気にする女性
砂糖を摂るとシワたるみやシミが出来るというのは少し想像しにくいかもしれませんが、最近美容の世界でもよく聞く『糖化』という言葉を耳にした事はありませんか??
これは摂取した糖と体の中のタンパク質が結合して、結びついた物質を『糖化生成物(AGEs)』といい、この物質が体内で発生する事により、肌の老化に繋がりシワたるみなどお肌が固くなってしまう原因になります。

くすみ

指で目を擦る若い女性
これも上記の糖化が原因となります。
この糖化生成物が残る事によってお肌の透明感、明るさを失う原因となります。
最近お肌の透明感がなくなってきたなと感じる方は糖化しているかもしれませんね!
糖化のことについて詳しくかいている記事がありますので、そちらもご覧下さい。

ニキビ

ニキビを気にする女性
ニキビにとって甘いものは敵です!
体内に糖が入ると分解するのにビタミンB1が消費されてしまいます。
逆にビタミンB1がなければ消化されない状態になります。
ビタミンB1は糖質が原因となる皮脂分泌を抑えてくれる作用があります。
しかし、このビタミンB1が消費されてしまうと皮脂分泌のコントロールが上手く出来ない状態になってしまいますので、甘いものを控える事が直接的にニキビを改善していく事に繋がります。

体重増加


これは簡単に想像出来ると思います。
実際に甘いものを食べ過ぎると体重の増加に繋がり、セルライトが出来る原因にもなります。
糖を摂取する事によって、血糖値が上がってしまうので血糖値を下げようとしてインスリンが分泌されます。
これが分泌されると糖は脂肪の中に最終的に溜め込まれてしまうので脂肪細胞の肥大化に繋がってしまうという事になります。
血液がどろどろの状態になると上手く栄養素や老廃物を流す事の出来ない身体になってしまうので、セルライトの原因にもなります。
セルライトは一度出来てしまうとなかなか自分自身では改善しにくくエステサロンなどに行って改善しないいけない場合もあります。
セルライトになる前に自分自身で防止してきましょう。

冷え性

冷えたオフィスで寒がる女性
上記のように血液循環が上手く行かなくなると栄養素を運びにくい身体になり、老廃物も溜まっていってしまうのでもちろん身体は冷えた状態になります。
血糖値が上がったときというのは消費量も上がり一時的には身体の循環はとてもいい状態になるのですが、その後血糖値が一気に下がってしまう時に体が冷えた状態になってしまいます。
冷えるという事は脂肪がつきやすい身体にもなりますし、冷たいところにセルライトが溜まろうとします。
まずは身体を冷さないように工夫していきましょう。

便秘

お腹が痛い女性
毎日の便通が良くなる秘訣は腸内環境を整えるという事は最近テレビや雑誌でも多く取り上げられているのでご存知の方も多いと思います。
この腸内環境を良くしてくれるのが、善玉菌です。
そして、腸内環境を悪くしてしまうのが悪玉菌です。
この悪玉菌の大好物がお砂糖と酸化した油になります。
お砂糖を摂り過ぎてしまうことによって、悪玉菌が大量に発生してしまい上手く便が出ない状態を作り出してしまいます。
長期保存の効くお菓子(ドーナツや菓子パンなど)は砂糖と酸化した油が大量に使用されているので、この手の食べ物は出来るだけ避けるようにしましょう。
そして、油はサラダ油などは避けて良質なものを取り入れるようにしましょう。

 

砂糖でも白砂糖は避けた方がいい

ココナッツオイル
甘さをつけると言っても糖にはたくさんの種類があります。
その中でも白砂糖は避けた方がいいでしょう。
白砂糖は真っ白に精製されてていて人工的に作られた砂糖と言っても過言ではなくて簡単に言うと添加物です。
添加物は身体にとってとても悪影響です。
そして、この添加物こそが中毒性があり麻薬のようにどんどん食べたくなる状態に陥ってしまいます。
分解する過程で肝臓を痛める事もありますし、発がん性もあります。
外でコーヒーを飲む時や外食をするときはどうしても避けられない場合もあるかもしれませんが、お家ではなるべく白砂糖を使用しないようにしましょう。

てん菜糖を使用する

お家ではてん菜糖を使用すると良いでしょう。
てん菜糖は北海道で摂れる『甜菜』が原料になっているお砂糖です。
白砂糖に比べると甘さも少しまろやかで優しい味がします。
そして、ミネラルやオリゴ糖なども入っているのでお腹の調子も整えてくれますので、一石二鳥ですね!
更に砂糖と違い身体を温める作用がありますので、お砂糖の摂り過ぎで身体が冷えてしまっている人にはとても嬉しいですね。
少しお値段は張りますが、美容や健康こそ日々の生活の中にありますので、大きな病気をしたり、お肌にトラブルが出てしまってから高い化粧品を買う事に比べるとたいした出費でもないと思います。
トラブルは出る前にケアしていきましょう。

 

白砂糖をデトックスしていこう

緑黄色野菜をたくさん食べる

野菜
緑黄色野菜をたくさん取り入れる事により体内の糖質の分解を早めていく事が出来ます。
サプリメントを飲むのも良いとは思いますが、自然そのままの野菜からビタミンを取り入れた方が体内での吸収率は大きく違ってきます。
人間が作り出したものよりも自然界にあるものの方が人間の身体には吸収が良いということですね。
野菜の中でも少し苦みのあるような野菜もありますよね。
ベビーリーフなどでしたらたくさんの種類の野菜を取り入れる事が出来、真緑で少し苦いのでデトックスをするのにはとても効果的な食べ物です。
理想はお皿一杯のベビーリーフを毎日食べる事ですので、出来る範囲で日々の食事に取り入れていきましょう。

自然の甘さと取り入れよう


自然の甘さというのは果物などを指します。
上記にも記載しましたように白砂糖には中毒性があり添加物です。
果物だと自然から出来たそのままの食べ物ですね。
果物にはたくさんのミネラルやビタミンが豊富に含まれていますので、毎日の食事に取り入れていきましょう。
食後に何か甘いものを食べないと気が済まないと言う方も果物で少しずつお砂糖をデトックスしていってみてはいかがでしょうか??

ビタミンB1を摂取する

玄米
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えていくのに必要な栄養素となります。
お砂糖を摂り過ぎる事によってもちろんビタミンB1が不足がちになってしまうということです。
ビタミンB1が不足がちになってしまうことによって

  • 手足のむくみやしびれ
  • イライラしやすくなる
  • 脳が疲れやするなる
  • 筋肉疲労が取れない
  • 肌荒れが起こる

などのトラブルが出てきます。
ですので、糖質代謝を補助していく為にもビタミンB1を積極的に摂取していきたいところです。
ただ、水溶性のビタミンで体内に残らず尿として定期的に体外へ出て行きますので、日々の食事の中でしっかり取り入れるようにしましょう。

ビタミンB1が含まれている食べ物

豚肉・玄米・納豆・ほうれん草・うなぎなど

カモミールティーを飲む

カモミールティー
カモミールにはお肌の糖化を防いでいく効果があります。
カモミールには『ジャーマンカモミール』と『ローマンカモミール』の2種類があり、一般的に手に取りやすいのはジャーマンカモミールなのですが、糖化を阻止していくのには『ローマンカモミール』の方が効果的です。
上記でもご紹介しましたように糖化はお肌の老化を早めてしまう原因でもあります。
お菓子が好きな方やティータイムを毎日する方はその時にカモミールティーを飲むようにすれば、その度に糖化を防いでいく事が出来ますので是非飲んでみて下さい。

ポンパドール

ハーブティー カモミールフラワー

内容量:1.5g×20ティーバッグ
参考価格:546 円(税込)

 

おわりに

私たちの日常の中でお砂糖は当たり前に手に入る存在ですし、毎日知らず知らずの間に体内に取り入れていっています。
意識して糖を摂る量を減らしていくことをオススメします。
それでも、やはり仕事中や家事などでイライラしてどうしても身体が糖を欲するときもあると思います。
毎日のストレスの中で糖を取られてしまうと仕事にならないと言う方も中にはいらっしゃるでしょう。
糖は一時的にパワーにもなります。
ですので、糖に取り憑かれたように食べるのではなく、人間が上手く糖を利用してお付き合いしてきましょう。
もし、取り過ぎたなと感じるのであれば上記の事を実践してしっかり消化していくようにしましょう。

砂糖を抜くと美容にも身体にも良いって本当?砂糖を抜くと美容にも身体にも良いって本当?
砂糖や甘い物は老ける原因?!
最近甘いものばかり食べてませんか?砂糖を控えた方が良い7つの理由最近甘いものばかり食べてませんか?砂糖を控えた方が良い7つの理由

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。

関連記事






ページ上部へ戻る