「くすみ」って何? セルフチェックで対策しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

美容の話題で頻出の「くすみ」とは…?
自分がくすんでいるのか分からない!
くすみの種類は大きく分けて4タイプ
 ・血行不良によるくすみ(青くすみ)
 ・日焼けによるくすみ(メラニンくすみ)
 ・糖化による黄ぐすみ・茶ぐすみ
 ・乾燥によるくすみ
 ・汚れや産毛が原因であることも…
メイクによるくすみ対策
スキンケアによるくすみ対策
原因を知ってくすみを撃退しましょう

 

美容の話題で頻出の「くすみ」とは…?

「最近肌のくすみが気になる…」

基礎化粧品やファンデーションなどのCMや雑誌、美容を気遣う女性同士の会話などでよく耳にする言葉です。
年齢とともに多くなっていく美容の悩み。しわやシミ、たるみ、肌荒れなどは分かりやすい肌トラブルですよね。
それらと一緒に挙げられることの多い「くすみ」ですが、実はどのようなものかハッキリ理解されている方は少ないようです。
「肌の色が普段と変わるらしい」という曖昧な印象しかない、自分の肌がくすんでいるのか分からない、という方も多いのでは?

「くすみ」は簡単に言えば透明感が下がり、暗くよどんでいる・色ムラが出ている肌の状態です。
顔全体や目の周りに出ることが多く、肌のツヤがなくなり「灰色っぽいヴェールがかかったような印象」になります。簡単に言えば「どんより疲れた印象」になるわけですね。
詳しくは後述しますが、くすみの原因はいくつかあり、その原因によって肌のくすみ方も違ってきます
よくある原因として角質層の透明感が失われること、うるおいが足りなくなること、日焼けや肌荒れによるメラニン着色、血行不良、皮脂や化粧品の酸化などによる汚れなどが挙げられます。

肌のくすみは内側でトラブルが起きている肌からのSOSです。そのままにしていれば、より大きなトラブルに繋がったり、他のエイジングサインに繋がったりしてしまいます。

 

自分がくすんでいるのか分からない!

「くすみが何かは何となく分かったけれど、自分がくすんでいるのか分からない…。」
そんな時は簡単なセルフチェックを行ってみましょう。

洗顔後の顔と手の甲を隣り合わせで比べてみて、顔にツヤがなかったり、肌色にムラがあったりするようでしたら、くすんでいる可能性が高いです。
他にはこのようなチェックポイントがあります。

  • 肌のざらつきやごわつきを感じる
  • 肌の透明感やツヤがない
  • 湯船に浸からずシャワーばかり
  • 体が冷えやすい/むくみやすい
  • 目の下のクマに悩んでいる
  • ファンデーションに色むらがある/浮いている
  • メイクをしたのに顔色が悪い
  • 首と比べて顔が暗く見える
  • 肌にハリがない

くすんでしまっている時は、そのくすみの原因を知ることが大切。原因を知らなければ対策は打てませんよね。
くすみの種類は原因によって大きく4つに分けることができます。チェックポイントと一緒にくすみの原因とくすみ方を見ていきましょう。

 

くすみの種類は大きく分けて4タイプ

血行不良によるくすみ(青くすみ)

【チェックポイント】

  • 肌が青白く・青黒くなっている
  • 冷え性の傾向がある
  • 疲れやすい
  • むくみやすい
  • 目の下に青クマが出ている

肌の血色は、血液中のヘモグロビンの赤と大きな関わりを持っています。ヘモグロビンは酸素と結合することでより赤くなる性質を持った血中たんぱく質です。
血行が良いと血液中の酸素量も上がるため、酸素と結合するヘモグロビンの量も多くなり、血はより赤くなります。肌から透けて見える血色も結果として明るく良くなります。
血行が悪いと、動脈よりも肌表面に近い位置にある静脈が目立ちます。静脈を流れる血液中のヘモグロビンは、酸素を手放した状態のもの。酸素と結合している酸化ヘモグロビンが鮮やかな赤い色をしているのに対して、酸素を手放した還元ヘモグロビンは随分と暗い赤です。

手首の内側などが分かりやすいですが、皮膚の薄い箇所はより静脈の色がくっきりと反映されます。
顔の中で皮膚の薄い箇所いうと、目の下。お分かりですね、憎き青クマの原因は血行不良です。これと同じ状態が顔全体で起こると、顔色は青黒くくすみます
血行不良は冷え、ストレス、睡眠不足、喫煙、運動不足など日頃の習慣が主な原因です。
マッサージを取り入れたり、血行促進効果のあるナイトクリームを使ったりすることで、青くすみは改善・予防することができます

 

日焼けによるくすみ(メラニンくすみ)

【チェックポイント】

  • 肌が茶色やこげ茶色っぽくくすんでいる
  • 紫外線を浴びることが多い
  • 肌をよくこする
  • 肌がごわついている
  • 夕方だけ肌がくすむ

日に当たる場所で保管していた本が黄色く焼けてしまっているところを見たことがある方も多いのではないでしょうか。日焼けによるメラニンくすみを起こした肌はそれと似たような状態で、紫外線などによる日々のダメージが蓄積することで起こります。
日焼けを含む炎症を起こすと、肌はメラニンという色素を作り出してバリアを張ろうとします。通常の量であればメラニンは代謝によって排出されるのですが、メラニンが過剰に分泌されると排出が間に合わず、メラニンくすみやシミ、そばかすなどの原因となります

メラニンくすみに効果的なのは美白系の化粧品を使用することです。トラネキサム酸、ビタミンC、プラセンタ、コウジ酸、エラグ酸などの美白成分が配合された化粧品を選びましょう。
また、日焼けや炎症が少し落ち着いた後であればピーリングも効果的です。肌表面に残っている不要な角質などを落とすことで、基礎化粧品の効果も上がります。
ただし、日焼けの直後は肌が軽い炎症を起こしている状態なので、ピーリングなどの刺激の強いものは避けましょう。肌が弱っている状態でピーリングをすると、肌を更に傷めてしまうことになります。必ず肌状態が落ち着いてから取り入れるようにして下さい。

 

糖化による黄ぐすみ・茶ぐすみ

【チェックポイント】

  • 肌が黄色や茶色っぽくくすんでいる
  • 肌のハリや弾力がない
  • 血糖値が高い
  • 甘いものや糖質の高いものをよく食べる
  • 油っこいものをよく食べる

炊いた後のお米が乾燥して黄色っぽくなっているのを見たことはあるでしょうか。白いはずのお米が黄色くなってしまうのは、お米の中の糖分が錆びることが原因です。
糖とたんぱく質が結びつくと、AGEs(最終糖化生成物)という褐色の成分が出来上がります。残念なことにこれは人間の体内、また、肌の中でも起こること。結果、肌が黄色や茶色、土気色っぽくなる黄ぐすみが生じます。
糖とたんぱく質が結びつくことで「糖化」が起きます。それと同じように、脂肪の分解物とたんぱく質が結びつくことで「カルボニル化」という現象が起きます。
糖化もカルボニル化も等しく黄ぐすみ・茶ぐすみの原因です。糖化は糖質の過剰摂取、カルボニル化は脂質の過剰摂取が主な原因。そして糖化・カルボニル化どちらの原因としても挙げられるものに紫外線、ストレス、喫煙、加齢などがあります。

糖化・カルボニル化による黄ぐすみへの対策は食生活の改善が最も効果的です。一番の原因である糖質・脂質を意識して抑えることが大切です。
特に気をつけたいのは糖質。砂糖などの甘いものや米、パン、麺類などは意識して避ける方も多いのですが、トウモロコシなどの穀類や芋などにも糖質は多く含まれています。
糖質は重要なエネルギー源ですし、脂肪を燃焼させる着火剤にもなりますので、糖質制限ダイエットをする場合などを除いて完全にカットする必要はありません。
ですが、摂り過ぎれば糖化の原因にも肥満の原因にもなりうるので、節制をしつつ楽しみましょう。
葉野菜などの食物繊維を先に摂ることで、糖の吸収がゆるやかになるという研究もありますので、食べる順番などにも気を配りたいですね。

 

乾燥によるくすみ

【チェックポイント】

  • 肌の透明感があまりない
  • 肌がかさついている
  • 敏感肌な方だと思う
  • 思春期ニキビはあまりできなかった
  • 小ジワや毛穴が目立つ

お菓子のゼリーは透明感がありますが、同じ果汁とゼラチンが材料のグミはあまり透明感がありません。これは含まれている水分の量が違うから。ゼリーは水分がたっぷりなので、その分透明感も上がります。
肌においても同じです。水分量の高い肌は透明感がありますが、水分量が少なく乾燥した肌はツヤと透明感がなくなり、濁ったようにくすんでしまいます。これが乾燥くすみの原因です。

乾燥くすみに対抗するために必要なのは保湿と水分補給。化粧水で肌表面を整えて美容成分と保湿成分を肌に入りやすくしてから、乳液やクリームで保湿をしましょう。
勘違いしがちですが、化粧水のみでは保湿はできません。化粧水のみでスキンケアを終えてしまうと、化粧水の水分が蒸発する際に肌の水分まで奪ってしまう「過乾燥」という現象が起きて逆に乾燥してしまいます。化粧水を使った後は必ず美容液や乳液、クリームなどで保湿をしましょう。
外側からの保湿ももちろん大切ですが、肌の水分量を安定させるためには内側からの水分補給も大切です。そのためには小まめな水分補給が欠かせません。
カラカラに乾いた土地にいくら水をまいてもすぐに乾いてしまいますよね。内側から水分を補給することで、乾いた土地、つまり身体そのものを潤すことができます。外側と内側、両方からたっぷりと水分を与えましょう。

 

汚れや産毛が原因であることも…

【毛穴くすみチェックポイント】

  • 毛穴が目立つ
  • メイクを落とさずに寝ることがある
  • 敏感肌、またはインナードライ肌だ
  • 毛穴パックやスクラブ入り洗顔料を頻繁に使っている
  • 角栓を毎日、除去している

【遅すぎるターンオーバーのチェックポイント】

  • ファンデーションや化粧のりが悪い
  • 肌が灰色っぽくくすんでいる
  • 肌がごわついている

【早すぎるターンオーバーのチェックポイント】

  • 肌が弱くなった気がする
  • 最近皮脂が増えた
  • 角栓が目立ってきた

角栓や毛穴が目立ったり、ターンオーバーが乱れて角質層の状態が悪くなったりすることでもくすみはおこります
角栓や毛穴によるくすみに関しては、点描をイメージしてください。白い紙の上に多数の点が描かれると、遠目から見たその紙はグレーっぽく見えますよね。それと同じです。
毛穴や角栓は一度気になり始めると、つい過剰なケアをしたくなるもの。ですが、過剰なケアを続けると、肌を傷める結果に繋がってしまいます。
毛穴や角栓のケアは使う商品の適切な使用頻度を守りましょう丁寧なクレンジングと洗顔を心掛けるだけでも肌はぐっと綺麗になりますよ。

ターンオーバーによって角質層が乱れると、古い角質が溜まって肌がくすんだり、早すぎるターンオーバーによって肌荒れを起こしたりします
古い角質が溜まっている時は、ピーリングが効果的です。商品にもよりますが、週に1、2回程度でしたら肌を傷めずに取り入れることができます。
ターンオーバーが早まり過ぎて肌が敏感になってしまっている時は刺激の強い化粧品を控え、低刺激のスキンケア用品でしっかり保湿をして肌をサポートしてあげましょう。
肌のターンオーバーが乱れていると、肌の力は弱まります。外部からの刺激に弱くなったり、スキンケア用品の浸透が悪くなったりと良いことはありません。
規則正しい生活をすることで肌のリズムも整ってきます。生活が乱れてきた、と感じる時は意識してしっかりした食事と睡眠を摂り、適度にストレスを発散しましょう。

 

メイクによるくすみ対策

肌がくすんでしまったら、その原因を突き止めて解決することが最も望ましいのは言うまでもありません。ですが、根本解決というのは何でも時間がかかるものですよね。
くすみ肌が解消されるまでは、メイクを少し変えてくすみをカバーしましょう。

メイクでくすみ対策をする場合に最も効果的なのはコントロールカラーです。化粧下地に色がついているもの、下地の後に使うものと様々な商品が出ています。
個人的におすすめなのは化粧下地として使えるコントロールカラー。顔全体のトーンアップもできますし、複数を使い分けても自然な感じに仕上がります。

顔色が悪く見えるようなくすみに効果的で、初心者でも比較的使いやすいのはピンク、紫、白など。透明感を出したい時は青や緑がおすすめです。
血行不良によるくすみには血色感を出してくれるピンク、乾燥には透明感を出す紫がおすすめです。
黄ぐすみ・茶ぐすみは同系色のオレンジで打ち消すか、ブルーで透明感を出しましょう。紫は血色感も透明感も出る優秀なカラーです。フェイスパウダーにも紫のものがあるので、それを使っても良いですね。

 

スキンケアによるくすみ対策

くすみは肌の不調の現れです。肌の調子を戻すために必要なのは生活改善と、その時に必要なスキンケアです。
大抵の肌トラブルはしっかりと保湿をすることで和らぐと言われています。保湿成分のセラミドが配合されているものや、くすみに効果があると謳われている基礎化粧品を丁寧につけましょう。

オルビスユーは、化粧品が肌の状態に合わせて効果を変えてくれるという革新的なスキンケア。
ダメージを受けた酵素を修復・活性化するたんぱく質(HSP)が肌問題を解決。ハリの低下にはハリを与える酵素を、くすみが気になる場合は透明感が出る酵素を活性化するように働いてくれます。

オルビスユーのレビュー記事はこちら

オルビスユー(ORBIS=U)トライアルセット

オルビスユー(ORBIS=U)トライアルセット

【販売価格】1,296円(税込み)
【お試し期間】1週間
【セット内容】
・ブライトニングジュレウォッシュ(洗顔料)20g
・モイストアップローション(化粧水)20ml
・デイメモリーモイスチャー(日中用保湿液)8g
・ナイトメモリーモイスチャー(夜用保湿液)5g

BRIGHTAGEは肌トラブルの原因となる「年齢肌炎症」に着目したスキンケア。
様々なエイジングの原因となる年齢肌炎症をおさえることで、うるおい、ハリ、ツヤ、美白など全方位からのスキンケアを行うことができます。

BRIGHTAGEのレビュー記事はこちら

BRIGHTAGE 全方位エイジングケアトライアルキット

BRIGHTAGE 全方位エイジングケアトライアルキット

【販売価格】1,400円(税別)
【お試し期間】10日間
【セット内容】
・クリアミルククレンジング(メイク落とし)25ml
・クリアクリーミーウォッシュ(洗顔料)20g
・リフトホワイトローション(化粧水)20ml
・リフトホワイトパーフェクション(乳液状美容液)10g
【プレゼント/特典】
・特製コットン

 

原因を知ってくすみを撃退しましょう

肌は身体の一部。正しい生活習慣に戻してあげることで健康と同時に美しい肌も手に入れることができます。
とはいえ、忙しくしているとなかなか1から10まで規則正しい生活…というのはほぼ不可能ですよね。
1つずつでも良いので、今できる生活改善をしていきましょう。
特に重視して欲しいのは睡眠。睡眠不足を解消するだけで、肌の状態はぐっと良くなります。忙しい時こそ、休養は大切。体のためにもゆっくり眠って下さい。

気付かないうちに顔色が暗くよどんでしまう、やっかいな「くすみ」。
くすみ方と生活習慣、肌の状態を考えれば、くすみの原因は自然と見えてきます。くすみはお疲れ顔の大きな要因。できるだけ早く解決したいものです。
うっかりくすんでしまったら、コントロールカラーで上手く付き合いつつ、原因別のくすみ対策をしっかり行いましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪







関連記事











ページ上部へ戻る