コスメコンシェルジュが伝授!透明感あふれる肌に導くアプローチ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コスメコンシェルジュが伝授!透明感あふれる肌に導くアプローチ方法

一年を通して使用したい美白コスメですが、特に紫外線が強くなる春夏から美白意識が高まりますよね。
ギラギラ太陽の下でも、白く輝く涼しげな肌は注目の的!
ブライトニングには興味がないという方も、シミ・ソバカス対策は、未来の肌のために絶対しておいたほうがよいケアです。
そこで、今回は見た目年齢を大幅に上げてしまうシミ・ソバカスについて・透明感あふれる肌へと導くアプローチ方法など(漢方的アプローチも含む)を漢方スタイリストでもある筆者が、お伝えしていきたいと思います。

1.あなたのシミのタイプは?

肩にほくろのある女性
一般的にシミは、まわりの皮膚の色よりもくっきりと色が濃い、黒色や茶色のものを指します。
シミにも種類があるのをご存知ですか?
自分のシミのタイプを知ることで、使用するコスメなどの成分を見極めることができますし、またシミの原因を探ることで未来の肌を守ることにもつながりますので、あなたの
シミのタイプをチェックしてみて下さい。
※写真はイメージです。

①老人性色素斑(日光黒子)

シミのある女性

形状・原因

『老人性色素斑』と言われるととてもショックですが、主に紫外線を無防備に浴びてしまう
ことによって肌を守ろうとメラノサイト(シミを作る工場のようなイメージ)が活性化することによるものだとされています。
若年層より中高年層になって出てくる原因としては、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが、年齢を重ねるとともに遅くなるから。
ターンオーバーが正常に行なわれていれば、排出されていくのですが、排出されにくくなることで、蓄積し表面化してしまいます。
嫌われ者のシミですが、これも体に備わった防御機能なのです。
とはいうものの・・・やはり目立つシミは嫌ですよね。
紫外線対策をせずミニスカートをよくはいていたり、腕や肩などを出すファッションをしていた場合、顔だけではなく、足や腕、肩にもほくろのように出てくることもあります。

対策・予防

すでにクッキリと表面化してしまったものは、化粧品で消すことはできないといわれています。
賛否両論ありますが、消す方法としてはレーザー治療になります。
また美白コスメは、シミを消すと勘違いしがちですが、すでに表面化してしまったシミを消すものではなく、シミのもとが活性化したり、生成されるのを防ぐ予防として使うものになります。
未来の肌の為に普段から、シミ対策スキンケアや紫外線対策を一年を通して行いましょう。

②雀卵斑(そばかす)

シミの広がった肌比較

形状・原因

頬や鼻など中心に広がるようにある小さな点がたくさんある状態をいいます。
(丸タイプや、小さな四角、三角がたくさん点々としているような形の場合もあります。)
雀(すずめ)の卵の表面にある斑点模様と似ていることから雀卵斑と呼ばれているそうです。
幼児期から思春期ごろ目立つようになるといわれています。
遺伝性のもので、髪の毛などに含まれる色素も関係しており、主に赤毛の民族はそばかすが
ある人が多いというデーターもあります。

対策・予防

日々のスキンケアで薄くなっても、繰り返し濃く目立ちやすいのでスキンケアで消すのは難しいとされていますが、紫外線はソバカスをより濃くしてしまうので一年を通してサンケアを心がけましょう。
治療方法としては、やはり専門機関でのレーザー治療ですが、遺伝性なので再発しやすいと
されています。

③肝斑

形状・原因

年齢を重ねることによって更年期に、また妊娠中や経口避妊薬(ピル)を内服することで起こり、形は不規則なものの左右対称にできることが多く境界線がはっきりとしているのが特徴です。
ホルモンバランスの乱れが関係している為、ストレスも原因となり、『肝斑』というと年齢層の高い方のシミというイメージかもしれませんが、若年化しているとされています。

対策・予防

なかなか難しいことですが、ストレスを溜めないように心がけ、しっかりと睡眠をとり
バランスのよい食生活を心がけるなど、ホルモンバランスの乱れを意識した生活を心がけることが大切です。
対策としては、抗炎症作用・メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸配合の内服薬などを取り入れてみることが有効と言われています。
中医学的考え方では、シミや肝斑は血の巡りが悪く、血の質も落ちていると考えることから、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょくがん)や桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんりょうかよくいにん)が有効だといわれています。
(飲み合わせ等については、オススメのコスメ・医薬品・漢方の章で詳しく解説いたします。)

④炎症後色素沈着

シミのある女性

原因

炎症の強い赤ニキビ・黒ニキビのあとや虫刺され、傷、強すぎるパッティングなどで肌をたたくことなどの刺激や摩擦によって、またはムダ毛処理でも色素沈着してしまうことがあります。

対策・予防

ニキビを自分でつぶす、さわることをやめること。
またピーリングが有効ですが、セルフピーリングで肌を擦ると逆効果になるので注意が必要です。
パッティングは、強く行なわず力をいれず摩擦を加えないように優しく行ないます。
皮膚科で行なわれているケミカルピーリングなどがよいといわれています。

⑤脂性角化症(老人性いぼ)

形状・原因

老人性色素斑とおなじく年齢を重ねることによって、また紫外線などの影響でできると
言われています。
角質が厚く重なることで、いぼのように出っぱった状態のものをいいます。

対策・予防

皮膚癌などとの見分けがつきにくい為、皮膚科受診がオススメです。
良性の場合そのままでも問題はありませんが、気になる場合は、液体窒素を用いたものや
レーザー、外科的手術など(大きさ形状に応じて)専門機関での治療となります。

ココまでのポイント♪
☆美白コスメは今あるシミを消す目的のものではありません。
☆緩和を目指すことはセルフケアでできても、治すなどの治療は専門機関でないと難しいです。
☆シミの種類が自分では見極められない場合、ケアしたい場合は皮膚科にいきましょう。

2.医薬品・漢方

薬膳常備菜

現在では手軽にドラックストアなどで、様々な医薬品や漢方を入手できるようになりました。
セルフケアをまずしてみたいという方向けのアイテムを紹介いたします。

シミのケアに

アスコルビン酸

私が、ニキビ・肌荒れ・シミなどで皮膚科通院していた頃によく処方してもらっていたのは
アスコルビン酸(水溶性ビタミンC)でした。
シミ・そばかすの緩和に役立つだけでなく、コラーゲンの生成促進、皮膚や粘膜の健康維持を助け、鼻血・歯茎から出血しやすい方や、慢性的な疲労感によいといわれています。
手軽にサプリメントなどで入手しやすいですが、皮膚科受診で処方いただいたほうが低価格だと思います。

摂取していて、こんな症状が出たら注意!

取りすぎたビタミンCは、体に蓄積せず排出されますが、稀に嘔吐(吐き気)・下痢などの副作用が起こる場合があります。
このような症状が見られた場合は、直ちに服用を中止して下さい。(症状が、治まらない場合は専門機関に相談して下さい。)

シミ・そばかすのケアに

トランシーノ ホワイト

ビタミンCと同時に摂取することで効果が高まるといわれているL-システイン、若返りのビタミンとも言われる脂溶性ビタミンEなど配合。
昼間は服用いらずの朝晩1日2回という摂取のしやすさも魅力。

肝斑のケアに

トランシーノII

1日2回、8週間の服用で肝斑に高い効果がみられるというデーターのあるトランシーノII。
肝斑と言えば、トランシーノと言われるほど人気の高い製薬会社 第一三共ヘルスケアの医薬品です。

こんな方には注意が必要!
トラネキサム酸は、肝斑に有効な成分ではありますが、止血作用(抗プラスミン作用)があり凝固した血液が分解されにくくなる働きを持っているため、脳血栓・心筋梗塞・血栓性静脈炎などの血栓症を起こす恐れのある方や、それらの治療を行なっていたり、治療薬を服用している方は、安易に服用せず、服用前に主治医に相談しましょう。

大肝斑のケアに

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょくがん)

肝斑・シミだけでなく、のぼせて足は冷える状態、月経不順、月経異常、更年期障害、肩こりめまいなどの効能がある漢方薬です。

肝斑のケアに

桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんりょうかよくいにん)

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょくがん)にヨクイニン(はとむぎ)が加わったものです。
桂枝茯苓丸の効能プラス、手足の湿疹や皮膚炎などにもよいとされています。

こちらの漢方を服用する上での注意
桂枝茯苓丸・桂枝茯苓丸加薏苡仁は、下痢や出血しやすい方、妊婦さんに注意が必要な
桃仁を含みます。(桃仁は、青酸配糖体(アミグダリン)含有の生薬です。)
医薬品と比べ、漢方は効果が穏やかで、副作用がないと思われがちですが、体に働きかけるということは、副作用も伴う可能性があるということなので医薬品同様、摂取時には説明等をよくご一読の上、用法容量を守って摂取してください。

脂性角化症のケアに

ヨクイニン錠

なめらか肌に導き、ニキビ肌にもよいハトムギは、生薬名で薏苡仁(ヨクイニン)という名で呼ばれます。
脂性角化症(老人性いぼ)をスッキリキレイに取り去るためには皮膚科による治療が一番の近道ではありますが、セルフケアを試してみたい方によい生薬です。

市販薬・漢方を服用する上での注意事項
※持病があり治療中の場合は、主治医に相談の上服用すること。
※市販薬だからと複数のものを服用することで成分の重複による副作用のリスクが高まる場場合がありますので、複数のものを自己判断で服用せず、薬剤師または登録販売者などに相談しましょう。
※服用後、体調不良など思わしくない状態になった場合は直ちに服用を中止し、飲んだ医薬品や漢方などを持参の上、専門機関受診を行なってください。

3.未来の肌をシミから守る為のオススメコスメ

スキンケアをする女性
内側からのアプローチ(サプリメント・医薬品などの摂取)と一緒に行ないたい外側からのスキンケア。
3実際に使用してとてもよかったアイテムを紹介いたします。

外側からのシミケア

コスメデコルテ ホワイトロジスト ブライトエクスプレス

シミは、ターンオーバーの遅れから・・・という説明をシミの原因でお伝えいたしましたが、こちらの美容液は、表皮にたまってしまったメラニンの塊の分解・排出を促す手助けをしてくれるようなスキンケアアイテムです。
トロミが少なく、上品でほのかな香りにも癒されます。
化粧水の後に使用するタイプなので取り入れやすいです。

外側からのシミケア

白澄 XX

『息をのむほど、白澄肌』のキャッチコピーでおなじみの人気商品です。
潤い美容液ですが、ポイント塗りしやすいジェル状。
現在までに3本ほど使用しました。高浸透感で、うるおいある肌に整うところが気に入って愛用しています。
肌が黒くなる原因メラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの活性を阻害する
味噌やしょうゆなどにも含まれている麹由来の美白有効成分『コウジ酸』配合の美容液です。
みずみずしい肌に整うコスメデコルテホワイトロジスト ブライトエクスプレスと
比べ、しっとりとした肌に整うので、美白ケアも潤いもほしいという方にオススメです。

おわりに

美容
白く美しい肌を目指す・未来の肌も美しく保つスキンケアは、日々の積み重ねです。
年齢を重ねるとともにダメージが、目に見えて出てきやすくなりますので、毎日のサンケアと美白コスメなどを用いたケアで1年を通して、しっかりとケアしていきましょう♪

保湿と美白の力がシミとくすみに効く!?オススメしたい【美白クリーム】【美白乳液】ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:コスメコンシェルジュLIZ

著者の記事一覧

コスメと猫が大好きなコスメコンシェルジュLIZ(リズ)です。
美容好きがこうじて、1期生としてコスメコンシェルジュ資格をはじめ漢方スタイリスト・サプリメントマイスター資格などを取得。
美容ライターとして活動しています。

『女性達の肌をきれいにしたい!』との思いから、化粧品だけではなくドラックストアで購入できるOTC医薬品の専門家を目指し、2017年に登録販売者試験を受験し合格しました。

Lierでは、美容・セルフメディケーションの増進に加え、キャットケアスペシャリスト/キャットシッターとしての知識を活かし『コラムを通して多方面からの幸せサポート』コラムをお届けいたします。

運営ブログ:コスメコンシェルジュLIZのWORLDコスメ図鑑etc...







関連記事











ページ上部へ戻る