厚塗りにならないためのメイク直しのコツとおすすめアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
厚塗りにならないためのメイク直しのコツとおすすめアイテム

メイク直しをすると厚塗りになって粉っぽくなっていませんか?
普段でもメイク直しは必要ですが、夏になると汗や皮脂でメイクがよれたり落ちたりしていつも以上にメイク直しの機会が増えますよね。
そこで厚塗りにならないメイク直しのコツとおすすめアイテムをご紹介していきます。
暑い夏でも塗りたてのようなキレイなお肌をキープしていきましょう。

 

NGなメイク直し

化粧水ミストなどを付ける

350
そもそもメイクが崩れてしまう原因は、お肌の乾燥によるもの、皮脂や汗によるものです。
乾燥したお肌に化粧水などをミストで保湿して、メイク直しをするという人もいるかもしれません。
皮脂が多い人やあまり乾燥しない普通肌の人にはいいかもしれませんが、お肌が乾燥しやすい人はミストした直後はお肌はうるおいますが、やがて与えた水分が蒸発するためさらに乾燥してしまいます。

メイクを落とさずに塗りなおす

メイクがのらない女性
あぶらとり紙で押さえた後ファンデーションなどを塗りなおすと、お肌の乾燥をそのままにしておくことになるので厚塗りになったりよれたりと、せっかくのメイクが台無しになってしまいます。

 

メイク直しのコツ

ではどのようにメイク直しをしていけばいいのでしょうか。
メイク直しのコツをご紹介していきます。

メイク直しの前に一度落とす

  1. メイクを直す前に化粧水ミストなどを顔に吹きかけて、お肌になじませる
  2. 乳液をなじませたコットンで、メイクが崩れている部分のファンデーションを落とす
    乳液が少ないとお肌を摩擦してしまうので、多めに付けましょう。
  3. 乳液で保湿する
    ファンデーションを取った部分に、今度は手で乳液をなじませ時間をおくか、かる~くティッシュオフしましょう。
    乳液が残ったままだとまたメイクがよれたり崩れたりする原因になるので、乾かすか落としすぎない程度にティッシュオフします。
  4. ファンデーションを塗る
    ファンデーションが残っている部分と落とした部分の境目が目立た内容に気を付けて、薄く塗っていきます。
    スポンジなどを使うとうまくぼかせてなじみますよ。

  5. フェイスパウダーで仕上げる
    最後にメイクを残した部分と塗りなおした部分をなじませるように、フェイスパウダーでやさしく押さえます。

 

コンシーラーとフェイスパウダーでメイク直し

ファンデーション
「わざわざ乳液で落として塗りなおすのは面倒くさい」、「そんな時間はない」という人には、メイクを落とさずにコンシーラーとフェイスパウダーだけでメイク直しをする方法がおすすめです。

先程述べたように崩れたメイクの上からメイクを重ねても、厚塗りやよれの原因になるため、ファンデーションは塗りません。
その代わりメイクが崩れた部分にはコンシーラーでなじませ、顔全体をフェイスパウダーで仕上げます。

おすすめ!メイク直しアイテム

AC by Angelcolor

AC ラスティングスプレー

内容量:65g
価格:¥1,300(税抜)

化粧崩れの原因である乾燥、汗や皮脂からお肌をガードし、塗りたてのお肌を長時間持続させてくれるメイクキープスプレーです。
使い方はメイクの仕上げにシューッと人吹きするだけでカンタン♪
特に夏など汗や皮脂が多くなる季節に持っているとかなり使えます!

明色化粧品

モイストラボ BB+ スタンプコンシーラー

価格:¥1,300(税抜)

スタンプタイプのコンシーラーなので、メイク直しにピッタリ♪
美容成分の配合されているので乾燥も防いでくれます。
汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプです。
メイク直しの際はカバーしたい部分にポンポンとスタンプして、指で軽くたたき込んでなじませると◎

msh

タイムシークレット ミネラルUVパウダー

価格:¥1,800(税抜)
APF50+・PA++++

スキンケアとUVカット両方を兼ね揃えたミネラルUVパウダーです。
ビタミンC誘導体、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naなどの美肌エッセンス配合で、高い保湿力でお肌を乾燥からプロテクトしてくれます。
シミや毛穴だけでなく、テカリやメイクの崩れもしっかりカバー♪

 

崩れにくいメイクのやり方のポイント

メイクをする女性
メイク直しはお肌をキレイに保つためには必要ですが、できればメイクが崩れないで欲しいですよね。
崩れにくいメイクのやり方のポイントをご紹介します。

ファンデーションはパウダーではなく、リキッドタイプやクリームタイプの方が化粧崩れしにくいそうです。
パウダーでもリキッドにしてもポイントは「薄くつけること」です。
隠したいからと厚塗りにしてしまうと、よれなどメイクが崩れる原因にもなってしまいます。
気になる部分はコンシーラーをうまく活用して、仕上げにフェイスパウダーで軽く押さえるように付けた後、軽くティッシュオフしましょう。
ティッシュオフすることで余分な油分を取ってムラをなくしてくれる効果が♪

 

おわりに

特に汗や皮脂で化粧崩れしやすい夏などは、きちんとメイク直しをしていないとよれたりドロドロになったりと汚くなってしまいます。
正しいメイク直しのやり方でこまめにメイク直しをして、塗りたてのようなキレイなお肌を保っていきましょう。

とにかくシミを隠したい!シミを目立たなくさせるメイクのコツとにかくシミを隠したい!シミを目立たなくさせるメイクのコツ
オシャレなコスメそのメイク直しで大丈夫?きれいにお直しするテクニック
ミネラルファンデーションおすすめランキングミネラルファンデーションの成分・カバー力・価格いろいろ比較してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:はとりな

著者の記事一覧

こんにちは、22歳のときに職場のおばさま方に「ちゃんとしてないと将来ヤバいよ!」と脅され、老化におびえて色々勉強しスキンケアにエクササイズ、食など日々格闘してきました。(笑)
できるだけ体に悪いものを摂らないよう食や栄養から学びなおし、健康的な生活を目指す27歳主婦。
食べるものもお肌に塗るものも安全なものを心がけてます。普段は企業様のホームページのQ&Aやコラム、医院様の紹介ページなどを書かせていただいておりますが、Lierでは美容やダイエットなど本当に「体にいいもの」やおすすめしたいものを紹介していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る