2ヶ月で8㌔太った私が半年で元に戻した方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2ヶ月で8㌔太った私が半年で元に戻した方法

以前たったの2ヶ月間の間に体重が8㌔増量した事がありました。
それまでは体重が5㌔以上の増減をした事が無かったのですが、太り始めると本当にびっくりするくらいのスピードで増えていきました。
身体もとてもしんどくて仕事をしていても疲れ具合がいつも以上で、これではいけないと感じたので、そこから体重を元に戻そうとしたのですが、実際に戻りきったのは太った2ヶ月に対して3倍もの時間がかかりました。
その時も美容のお仕事をしていたので、知識はあったのですが実際に落とす事の大変さを身にしみてわかりました。
何故体重がそこまで激増したのか?どうやって落としたのか?をご紹介していきたいと思います。

 

睡眠不足が大きな原因

寝不足
体重が増えていった原因は確実に生活習慣の乱れでした。
その時、夜更かしもとても多く明け方まで起きている事も多々あり夜中にも何か食べていたりしていて、更には無性にパンを食べたくなるという状態になってしまい、朝ご飯にパンを2枚食べたりしていました。
それも甘いパンやバターがたっぷりついているパンを欲しくなるようになったのです。
これは後に気付いた事でしたが、睡眠不足は糖質を必要以上に欲しくなる状態になってしまいます。
これはホルモンが関係していてレプチンは食事後に分泌されるホルモンで、脂肪細胞から分泌され満腹中枢を刺激してくれます。
食事のときはよく噛んで下さいと言われるのも、このレプチンの分泌を盛んにする為とも言えます。
グレリンはお腹が空いた時に胃から分泌されるホルモンで、お腹が空いたことを脳に指令を出してくれる作用があります。
ですが、一日でも睡眠不足になる事によって、この二つのホルモンが上手く伝達し合えずに食欲が増えてしまいます。
睡眠不足の次の日はやけにお腹が空いてしまったり甘いものや糖質を欲しくなるのはこのホルモンが正常に働いていないからです。
このように睡眠不足は必要以上の食欲を呼んでしまう事に繋がります。
そして、手にする食べ物も簡単に食べれるような菓子パンだったりお菓子などが多くなってしまうので、悪循環に陥ってしまいます。

 

2ヶ月で太った8㌔を戻した方法

お昼ご飯の前はキャベツを食べる

サラダを食べる女性
ダイエットをしていく上で野菜から食べるという事はもう当たり前のように世間でも言われていますね。
ダイエットをしている方であれば必ず守った方が良い方法です。
糖質から取り入れる事により血糖値が一気に上がり、インスリンというホルモンが分泌される事により脂肪細胞へ取り込まれて貯蓄されてしまうので、それが脂肪細胞の拡大へと繋がります。
これは野菜であればキャベツでなくても構いません。
しかし、糖質が多く含まれているようなじゃがいも、かぼちゃなどの野菜は血糖値を上げてしまう事に繋がりますので、出来るだけ緑の野菜やトマトなどの食材をとるようにしましょう。
その時にかけるドレッシングにも気をつけて頂きたいです。
市販で売っているようなドレッシングに使われている油は酸化した油がほとんどです。
それをお腹が空いた状態のところへ入れる事も胃へ負担がかかってしまうので、オリーブオイルなどの良質なオイルかポン酢などにするようにしましょう。

生の大根を食べる

大根
大根はとても優秀な食べ物です。
ビタミン・ミネラル・酵素がしっかり含まれている食べ物で、これも食前に食べる事をおすすめします。
生の大根には『リパーゼ』という脂肪分解酵素が含まれていて、体内の脂肪分を分解してくれる酵素になります。
お肉や魚などの油分が多いような料理には大根おろしがついていたりしますよね??あれは理にかなっていて一緒に摂取してあげる事により体内に入った時に脂肪分をしっかり分解してくれます。
ですので、身体に溜まる事無く排泄されるようになるのです。
そして、更にリパーゼは体内のエネルギーが少なくなってくると脂肪をエネルギーに変えてくれる効果がありますので、直接的に脂肪を撃退していくことが出来るのです。

マッサージをする

足のマッサージ 
上記に書いたリパーゼは体内の細胞の中にありますので、身体のラインで気になる部分などをマッサージしてあげる事もリパーゼの活性化に繋がります。
体重増加して部分的に気になるところや体重が落ちているのにその部分だけなかなか落ちない方はマッサージしてあげる事によりリパーゼが活性化するので、脂肪が燃えやすくなります。

お風呂は20分以上浸かる


実はこれもリパーゼを活性化する方法の一つになります。
リパーゼは体内の温度が39度くらいまで上がると活性化します。
39度あったら熱が出ている状態じゃないの??と思われるかもしれませんが、身体の深部の筋肉などは表面の温度よりも1~2度程高い状態にあります。
ですので、普段の状態から少し運動してあげると体内は39度くらいまでは上昇します。
お風呂のお湯に使って20分くらい経つと少しずつ汗をかいてきますよね??
それはリパーゼが活発になって来ている証拠になりますので、脂肪が燃えているイメージで入浴すると更に効果的でしょう。

階段を使用する

階段をのぼるハイヒールの女性
もし、目の前にエスカレーターと階段があったら必ず階段を選択するようにして下さい。
階段は身体の中の筋肉で一番大きい大腿二頭筋を効率よく動かしていく事が出来るので、消費カロリーが大きいです。
そして、お尻の筋肉もしっかり使っていく事が出来るのでヒップアップにも繋がりますし、腸腰筋という筋肉を鍛える事が出来、この筋肉はお腹の締まりを出していきたい時に運動していくとキュッと締まったボディラインを作り出していく事が出来るので一石二鳥ですね!
もし、お家が5階などで上がれる範囲でしたらもちろん上がった方が効果的ですし、もし10階以上とかで上がりにくい場合は途中までエレベーターで上がってから5階分階段で上がるという風に工夫してみても良いでしょう。

ひと駅前から歩く


ダイエットして運動したいからといってあえてジムに行く必要も無いと私は考えます。
たしかにジムに行けば普段出来ないような運動方法が出来たり、特殊な機械があって興味もなくならずに楽しめると思います。
しかし、なにより大切な事は日々続ける事です。
ジムに行くと言っても毎日行ける方はどれほどいるでしょうか??
週に二回程ジムへ通っているとしても後の5日間は何をしていますか??
二日間は頑張ってやったとしても五日間なにもしていないのであれば、それは筋肉が順調につくことはありません。
確かに何もしないよりかはましですが、それなら毎日20分間歩くだけでも十分なんです。
ジムに通って5日間はなにもしないのであれば、それは毎日20分間歩く方がよほご効果的なのです。
駅1駅分くらいなら20分くらいで歩けると思います。
毎日の運動を意識するようにしましょう。

天気のいい日は外でお散歩する

深呼吸する女性
太陽の光には食欲を抑えてくれるホルモンを分泌させる効果があります。
ご存知の方も多いかもしれませんが、セロトニンというホルモンになります。
セロトニンというホルモンは幸せホルモンとも呼ばれていて人間が毎日健康に過ごす為には必須のホルモンになってきます。
職場にいると心身ともにしんどくなってきますよね。
それならお昼ご飯のときは少し外に出たりして少しでも太陽の光を浴びるように意識しましょう。
余計な食欲を抑えていく事が出来ますし、心身も軽くなりますよ。

人工甘味料を摂取しないようにする

虫眼鏡を持つ女性
お菓子を食べる事も全く辞めてしまうのは無理と言う方もいらっしゃると思います。
確かに仕事中や育児などでイライラする事もあると思いますし、少し甘いものを食べたくなる気持ちも当然わかります。
ただ、その時に気をつけておいて頂きたい事があります。
それは、人工甘味料を摂らないようにするということです。
甘いものを我慢した方が良いからといってカロリーゼロの商品を食べようとした経験はありませんか??
それには人工甘味料というものが入っています。
実際に砂糖ではないのですが、甘さを感じる事が出来ます。
しかし、これは一度食べてしまうとどんどん欲しくなるという状況に陥ってしまう為に次から次へと甘いものを食べたくなってしまいます。
これではいつかチョコレートや菓子パンなどに手を出してしまいそうですね。
ですので、もし甘いものが欲しくなったときとかには果物にはちみつをかけて食べたり、人工甘味料が含まれていないヨーグルトなどを選択して食べるようにしましょう。

オイルを飲む

オリーブオイル
サラダ油は使用しないようにしましょう。
身体の細胞を傷つけて代謝の悪い身体になってしまいます。
オリーブオイルやココナッツオイルなど普通の値段よりも少し高いくらいのものを選ぶと良いでしょう。
これを毎日大さじ1杯くらいと目安に飲むと細胞の強化が出来、代謝のいい循環する身体作りをしていくことが出来ます。
飲みにくい方は野菜ジュースなどに入れて飲む事をおすすめします。

12時前には寝る

350
最後にこれは必ずするようにしてください。
私の体重増加の一番の原因は睡眠不足でした。
上記に記載しましたように、睡眠不足や寝る時間が12時を超えてしまう事によって良質な睡眠を取る事が出来なくなります。
ダイエットが続かなかったり、すぐに挫折してしまうと言う方は食事を無理矢理我慢したり、したくない運動を無理矢理するよりもまずは睡眠の質に目を向けてみて下さい。
身体の体内時計が整ってきて自然と体重が落ちてくるという素敵な循環に入れると思います。

 

おわりに

上記の中で試していけそうなものはありましたか??
私も全部を一気にした訳ではありません。
さぼってしまう日ややる気が出ない日ももちろんありました。
しかし、上記の事は日常の中で当たり前の習慣にしていけば特別大変な事でもないと思います。
実際に私も上記のほとんどのことは今も続いています。
まずは自分が出来る事を確実に毎日続けていき、そして当たり前の習慣にしてしまうようにしましょう。
そうすることによって太りにくい身体を手に入れる事が出来ます。

ダイエットの運動「一番痩せる」タイミング、時間帯は?
ダイエットに炭水化物は必要?!正しい炭水化物の摂り方ダイエットに炭水化物は必要?!正しい炭水化物の摂り方
ダイエット失敗しやすい梅雨の時期…循環する体を作って梅雨を乗り切ろう!ダイエット失敗しやすい梅雨の時期…循環する体を作って梅雨を乗り切ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る