ブルーライトがお肌に悪いってほんと?スマホで日焼けしちゃうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
突然ですが、日頃スマートフォンをよく使いますか?
ゲームをしたり、SNSや動画を長時間見たりしますか?
スマートフォンやパソコンから発せられるブルーライトという光が目によくないという話は聞いたことがあるかと思います。
実はこのブルーライト、お肌にも悪い影響を与えるのです!
今回は、ブルーライトが肌に与える影響とその対策についてお伝えいたします。

 

そもそもブルーライトって何?

ブルーライトとは、波長が380~550ナノメートルの領域と目に見える光の中で最も短く、網膜まで届くエネルギーの強い青色光です。
・・・なんだか難しいですよね。
簡単に言うと、かなり強いエネルギーを持った青い光ということです。
ブルーライトは一般的な蛍光灯や白熱電球にも含まれているのですが、特に多く含まれているのがLED照明と、テレビ、パソコン、スマートフォンなどのLEDディスプレイです。
そしてこの中でブルーライトの放出量が最も多いのは、みなさんが普段から使うことの多いスマートフォンです。
長時間スマートフォンを使っていて、目が疲れたり頭が痛くなった経験はありませんか?
それ、もしかするとブルーライトによる影響かもしれません。

ところで、お肌の天敵といえば紫外線ですよね。
さらに最近では、ブルーライトが肌の老化を加速させるとも言われているのです!
うそ、目だけじゃなくてお肌にまで悪影響!?
私、スマホかなり使うんだけど・・・
上記のような方かなりたくさんいらっしゃると思います。
かくいう著者もびびりました。
そこで、ブルーライトによる肌の老化を防ぐために私達が気をつけるべきことをお伝えいたします!

 

ブルーライトが肌に与える影響

スマホ焼け

ブルーライトを浴びると、日焼けをします。
・・・これ、かなり衝撃的な事実ですよね。
ブルーライトを約1時間浴びると、その光は肌の奥深くまで浸透し、紫外線と同じく色素沈着(つまり日焼け)をし、シミの原因にさえなるというのです。
スマートフォンでネットサーフィンをしていて、気付けば1時間経っていたなんてこと、ざらにありますよね。
しかし、その間ずっと肌は日焼けし続けているということです。
紫外線の強い時期の外出には日傘を差したりと、せっかく日焼け対策をしていても、知らないうちに「スマホ焼け」をしている可能性もあるのですね・・・
さらに、ブルーライトによってできたシミは消えにくいと言われています。
なんて恐ろしい!

くすみ、しわ、たるみ

寝る前にスマートフォンを使用していると眠りの質が落ちるという話はご存知でしょうか?
これは、網膜がブルーライトの強い光を浴びることによって、脳が朝になったと勘違いして体を覚醒させてしまうことが原因です。
こうして体内時計が狂うことによって眠りの質が落ち、充分な睡眠が取れずに肌がくすんでしまうのです。
さらにブルーライトは、肌の老化の原因となる活性酸素を生成させるといいます。
活性酸素が増えることにより、肌にはしわやたるみが出てきます。

 

ブルーライト対策アイテム

ブルーライトは、身の回りの様々なものから発せられています。
そのため、完全に遮断することはほぼ不可能だと言えます。
スマートフォンもパソコンも、現代のライフスタイルには必需品ですよね。
日頃からできる対策としては、ディスプレイの明るさを下げたり、寝る前のスマートフォンの使用を控えたり・・・というところですね。
ただ、ブルーライトの影響を軽減させるためのアイテムは色々と登場しているので、ご紹介していきたいと思います!

ブルーライトカット効果のあるメガネ

目から入ってくるブルーライトをカットしてくれるのに有効です。

Zoff

Zoff PC CLEAR PACK

参考価格:3,900(税別)

ブルーライトカット率は約40%!
スクエア・ウェリントン・オーバルの3つのフレームの形から選べるので、機能性だけでなく、おしゃれなデザインにも満足できますね!

JINS

JINS SCREEN

参考価格:3,000(税別)~

日常使い・長時間の作業・就寝前など目的に合わせてプルーライトカット率を選べます。
ブルーライトカット率によってレンズの色も違うので、用途に合わせて選ぶのがいいですね。

著者はZoffから発売されているものを愛用しています。
実際に使用している感想ですが、目の疲労にはかなり効果があると感じています。
メガネをかけた状態でパソコン画面を見ると、かけていない状態に比べ視界が黄味がかるといいますか、柔らかく見えます。
チカチカする感じも軽減されるので、寝る前にスマートフォンを使う際にかなり重宝します。
普段使い用や就寝前用など、レンズの種類によってブルーライトのカット率が違うので、自分の使用シーンによって合うものを見つけてみてください。

 

ブルーライトカット効果のあるUVケア商品

なんと、紫外線だけでなくブルーライトからも肌を守ってくれるUVケア商品も出ているのです!

Dior

プレステージ ホワイトコレクション ル プロテクターUV

SPF50+/PA++++
30ml・参考価格:12,500円(税別)

紫外線はもちろん、人工光の影響に着目。
様々な光の影響から長時間肌を守り、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。
アウトドアでもインドアでも活躍してくれます。

LANCOME

UV エクスペール XL CCC

SPF50/PA++++
30ml・参考価格:5800円(税別)

紫外線だけでなく、スマホやPCから発せられるブルーライトによる肌への影響にも着目した日焼け止め用乳液。
気になるところをカバーして透明感のある肌を守ります。

Attenir

UVプロテクト パウダー

SPF50+/PA++++・参考価格:1,900円(税別)※夏季限定・数量限定

大気汚染やブルーライトなどの外的刺激からも肌を徹底防御してくれる日焼け止めパウダー。
どんな肌色にも合うナチュラルカラーなのが嬉しいですね。

いずれのUVケア商品も、紫外線カットの効果が高めで、かつブルーライトカットの効果も兼ねているようです。
特にブルーライトを受けることの多い顔の対策としては、これ以上に心強いものはないかもしれません。
ただ、お値段も結構するので使い続けるのはなかなか大変かも・・・

そんな方は、抗酸化作用の高い成分が配合された化粧品を選ぶとよいです。
ブルーライトは老化の原因となる活性酸素を増加させるので、抗酸化作用の高い成分によってその影響を防ぐことができます。
具体的にはビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、フラーレンといった成分が効果的です。
ぜひ、これらの成分が配合された化粧品を選んでみてください。

 

おわりに

ブルーライトがお肌にも影響をおよぼすなんてびっくりですよね。
特に、スマホの光で日焼けするなんて・・・
今回、ブルーライト対策について色々とご紹介させていただきましたが、一番効果的なのはやはり、ブルーライトの放出量が多いスマートフォンの使用時間を控えることかなぁと思います。
そうはいっても、調べ物をしたり人と連絡を取ったり、息抜きでゲームや動画を楽しんだり、すでにスマートフォンは私達の生活に密着していますよね。
ブルーライトをまったく浴びずに生活するのは不可能なので、せめてディスプレイの明るさを下げたり、スマートフォンを顔から離して使う(シンプルイズベスト!)などして、少しでもその脅威から身を守ろうじゃありませんか。
著者も、スマホをつつきながら寝落ちする生活から改めていこうと思います・・・。

PCメガネ使ってる?ブルーライトって何?オシャレに健康PCメガネの選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ODA

著者の記事一覧

1990年生まれ。広島県出身。
趣味は映画鑑賞とライブ鑑賞、時々舞台も。
友達とお喋りする時間をこよなく愛するぼちぼちアラサー。
夜勤生活で体調を崩しお肌もボロボロになったことで、健康と美容に興味をもちました。
ナチュラルボーン・ポジティブなので、前向きな記事を発信していきたいと思います!







関連記事











ページ上部へ戻る