肌の状態別、正しいメイク落としの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肌の状態別、正しいメイク落としの選び方

メイクをしている人が、毎日行なわなくてはならないメイク落とし。
購入する時ドラックストアなどに行くとズラリと様々なメイク落としが並んでいるため迷ってしまいますよね。
ほのかにじんわりあたたかくなるメイク落としや、まるで水のようなクレンジングウォーターが最近の流行ですが、肌のタイプによっては刺激となってしまう場合もあります。
そこで今回は、肌の状態(タイプ別)、正しいメイク落としの選び方をコスメコンシェルジュである筆者が紹介していこうと思います。

1.メイク落としの必要性


クレンジング剤は、メイクを落とすために欠かせないものです。
ファンデーションなどのメイクアイテムは、その保湿効果から肌の保護にも役立ちますがほぼ油分でできていることから、ずっとオフしないままでいると酸化してしまいます。
メイクをしたらきちんとオフして夜眠ることはとても大切。
ですが、メイクオフは少なからず肌に刺激となりますので、日々肌の状態を観察して適切なものを使いましょう。

選ぶポイントとして、

  • 肌の状態(乾燥しやすくなっている、刺激に弱くなっているなど)
  • 手早く簡単にスッキリオフしたい
  • 手間はかかっても肌に負担の少ない方法でオフしたい
  • その日にしたメイクの濃さ

などで、クレンジング剤は選びましょう。
肌の状態やメイクの濃さによって使い分けられるように、クリームタイプやミルクタイプ、オイルまたは敏感肌状態になっている時は、スクワランオイルでオフするという方法もあるので、普段から数種類用意しておくと安心ですよ。

2.あなたの肌の状態から今日使うメイク落としを選びましょう

洗顔美白をする女性

流行のアノ商品は肌に優しいの?

ほぼ美容液成分でできているホットタイプのクレンジング剤や、心地よいクレンジングウォーターなどポップやCMを見て心惹かれますよね。
肌の状態がよければ、よほど合わない成分が入っていたり、間違った使い方をしない限り肌トラブルになる可能性は少ないので使用しても問題ないのですが・・・。
ちょっと肌が敏感になっているかな?と思う時は、これらは避けましょう。

ホットタイプのクレンジングは、保湿成分グリセリンが水に触れることで発熱する原理を使ったものなので、成分自体は悪くはないのですが、敏感になっている肌には刺激になります。
また水クレンジングと言われているクレンジングウォーターは、ほぼ界面活性剤(洗浄成分)の働きだけでメイクを肌から落とすものなので、こちらも低刺激とは言いきれません。

オイルタイプ

濃いメイクも手軽にスルっとオフできる人気のオイル。
まずオイル成分で同じく油分でできたメイクを浮かせ、界面活性剤の働きでべたつき無く洗い流すことができるというものが多いと思います。
特にミネラルオイルベースで、洗い流し後さっぱりするものは肌に必要な油水分までも洗い流してしまうので乾燥肌さんや肌が敏感な時はあまり向きません。
クレンジングオイルランキング

クリームタイプ

保湿効果がとても高いので、拭き取り後や洗い流した後もしっとり感が続きます。
乾燥肌さんにオススメしたいのがこのクリームタイプ。
比較的メイク落ちがよいのも特徴です。
クレンジングクリームランキング

ミルクタイプ

クリームタイプよりも水分の配合分量が多いためとても軽やかな使用感が特徴ですが、しっかりメイクは少し落ちにくいという短所もあります。
ナチュラルメイクの方で優しくメイクをオフしたい方にオススメです。
クレンジングミルクランキング

ジェルタイプ・リキッドタイプ・クレンジングウォーター

ジェルやリキッド、クレンジングウォーターは油分が少なくべたつきとは無縁。
ですが、メイク落ちがイマイチだったり、使用後、肌が乾燥してしまうこともある為、肌が健康な状態の方や、脂性肌さんでナチュラルメイクの方が使用するとよいでしょう。
リ・ダーマラボ体験レビュー
チェルラーパーフェクトクレンジングジェル体験レビュー

3.しっかりメイクは一度で落としきろうとしない

メイク落とし
しっかりメイクはポイントメイクをまず落としてからファンデーションなどを落とすようにしましょう。
肌の状態がよくたまに使う分には便利ですが、一度にすべてオフできるものは、比較的に刺激が強いとされているので、毎日使うクレンジング剤としてはオススメできません。

ポイントメイクリムーバも刺激が強い

以前は、しっかりメイク時はポイントメイクアップリムーバーを愛用していたのですが・・・使い続けていたところ、目のまわりがカサカサになってしまったのです。
でも、仕事上メイクをしなくてはならないし・・・と悩んでいた時に皮膚科の先生に教えていただいた方法が、薬局で売られているオリブ油をコットンにたっぷり含ませてポイントメイクをオフした後にクレンジングクリームやミルクでファンデーションをオフするという方法でした。

食用のオリーブ油との違いは?

オイル
オリブ油は比較的低価格なので、購入しやすいのが魅力。
スーパーなどで売られている食品用のオリーブオイルでもいいのでは?とお思いになるかもしれませんが、薬局などで売られているオリブ油は肌に塗っても大丈夫なように精製されている為、純度が高いのです。
美容成分などはあまり含有していないものの、不純物をしっかりと取り除いている純度の高さが特徴となっています。

おすすめ

大洋製薬 日本薬局方 オリブ油

第3類医薬品
参考価格
100mL 486円
500mL 1,944円

おわりに

クレンジングをする女性
日々忙しく過ごしているとつい手軽で、簡単1本でスッキリというクレンジング剤を選びたくなりますが、肌の状態などを観察しながらクレンジングを使い分けることが大切です。
今回のコラムを通して、肌タイプなどをご覧いただき肌に合うメイク落としを見つけるヒントとなれば嬉しく思います。

オイルクレンジングならしっかりオフして肌も痛めない♪クレンジングオイルランキングオイルクレンジングならしっかりオフして肌も痛めない♪クレンジングオイルランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:コスメコンシェルジュLIZ

著者の記事一覧

コスメと猫が大好きなコスメコンシェルジュLIZ(リズ)です。
美容好きがこうじて、1期生としてコスメコンシェルジュ資格をはじめ漢方スタイリスト・サプリメントマイスター資格などを取得。
美容ライターとして活動しています。

『女性達の肌をきれいにしたい!』との思いから、化粧品だけではなくドラックストアで購入できるOTC医薬品の専門家を目指し、2017年に登録販売者試験を受験し合格しました。

Lierでは、美容・セルフメディケーションの増進に加え、キャットケアスペシャリスト/キャットシッターとしての知識を活かし『コラムを通して多方面からの幸せサポート』コラムをお届けいたします。

運営ブログ:コスメコンシェルジュLIZのWORLDコスメ図鑑etc...







関連記事











ページ上部へ戻る