オールインワンゲル1つで肌は変わる?「PCリペアゲル Wセラム」を試してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お肌を労わり、守るために欠かせないスキンケア。
あなたは毎日のスキンケアにどのくらい時間をかけていますか?

スキンケアは1回にいくつもの工程を踏んでいくので、1分や3分ではなかなか終わりませんよね。
仕事で疲れている時も、時間に余裕がない時もなかなかサボれないスキンケア。

そんな時間のかかっていたスキンケアが、たった1つの工程で終わってしまうというオールインワンゲル「PCリペアゲル Wセラム」をご存知ですか?

今、女性たちの間で話題になっているこちらの商品を試してみたので、早速レビューにまとめてみましたよ♪

PCリペアゲル Wセラム

単品価格:4,428円(税込) 50g(約1ヵ月分)

定期コース申し込み初回限定700円(税込)

スキンケアがこれ1本で完了!
美容成分のアルブチンがキメを整え、ふっくらとした肌に導きます。
分散型ゲルで、水分と油分が減った肌に美容成分を浸透。
時短スキンケアで自分と時間に余裕ができます!

 

「PCリペアゲルWセラム」とは?

PCリペアゲルWセラムは、「オールインワンゲル」と呼ばれる商品です。
この1本で、化粧水・乳液・クリーム・パック・化粧下地の計5つの役割を果たしてくれます。
いつもは5分以上かかっていたスキンケアが、たった30秒で完了してしまうと言われています。

スキンケアにかかっていた時間を大幅に短縮できることから、便利で簡単だと女性から人気を集めている商品です。

 

PCリペアゲルWセラムの特徴

①美容成分アルブチンでハリのある肌へ

PCリペアゲルWセラムは、美容成分アルブチンやセリシンを配合。
アルブチンには美白効果があるので、肌のくすみやシミを薄くする効果があります。
また、保湿力や抗酸化力のあるオウゴンエキス、アロエベラ葉エキスなど9つの植物由来成分が配合されています。

②3大美容成分で肌に弾力

肌に弾力を与えてくれるヒアルロン酸をはじめ、加水分解エラスチンも配合しています。
角質層にまで浸透するので、内側から潤いで満ちて、肌にふっくらとしたハリを与えてくれるのです。

③分散型ゲルが水分と油分をお肌に与える

年齢を重ねるにつれて、肌の皮脂量は減っていきます。
PCリペアゲルWセラムは、ヒアルロン酸やコラーゲン、スクワランなどの成分を配合しています。
それらの成分が皮脂量の減っていく肌に、水分や油分、保湿を与えてくれるのです。

④フリー成分なのでデリケートな肌にも安心

PCリペアゲルWセラムは、香料、着色料、合成界面活性剤、鉱物油、パラベンなど肌に刺激を与える成分は一切入っていません。
直接肌に塗るものなので、安全性に関しても徹底的にこだわっています。

⑤コストパフォーマンスも抜群

基礎化粧品を妥協せずに買い揃えるとなると、5,000~10,000円くらいかかってしまいますよね。
コストを抑えることもできるけど、満足できるスキンケアアイテムではないと納得いかないこともあると思います。
PCリペアゲルWセラムは、保湿やハリなどのリッチなスキンケアが1ヵ月3,690円で済みますよ。

PCリペアゲル Wセラム

 

実際に使ってみました♪

このようなオシャレな箱に入って来ましたよ♪

箱の裏には、「時短」「ゆとり」「肌本来の美しさ」を元にブランドコンセプトが書かれています。

箱を開けてみると、オールインワン美容液ゲルが入っていました。
とてもシンプルな包装がされています。
周りの箱が緩衝材になっていました。

手のひらより少し大きな箱です。
白をベースとした箱から清潔感を感じます。

箱の裏には注意事項が書かれています。

側面には全成分が書かれてありました。

    水、グリセリン、BG、アルブチン、スクワラン、エタノール、セリシン、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、カッコンエキス、カンゾウ根エキス、カワラヨモギエキス、マグラ根皮エキス、ナツメ果実エキス、オウゴンエキス、キイチゴエキス、ビフィズス菌発酵エキス、加水分解エラスチン、ピロ亜硫酸Na、オレンジ油、ミツロウ、ベヘニルアルコール、シア脂、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、フェノキシエタノール、水酸化Na

 

箱から商品を出すと、爽やかな色合いのデザインがほどこされています。
箱にもデザインされているイラストが、商品のデザインにもしっかり入っているのですね。

デザインが上品で可愛らしいです。

裏には使用方法などが書かれています。

フタを開けると、プッシュ式になっています。

使用量の目安としては、

・朝の洗顔後に3プッシュ
・夜はたっぷり5プッシュ

となります。

プッシュ式だと量を調整しやすいので良いですね。

エアレスチューブで新鮮な状態をキープ

ゲルが空気にさらされると、成分が酸化していきます。
PCリペアゲルWセラムは、ゲルが空気に触れないようにエアレスチューブを採用。
最後の一滴まで新鮮な状態のまま使うことができるのです。

美容液ゲルを出してみました。
写真の量は3プッシュ分です。

ゲルなので、少し透明感があってみずみずしさがあります。
香りはさっぱりとした柑橘系のようでした。
成分の中にオレンジ油が含まれているので、その香りだと思います。

全くしつこくない香りなので、化粧品独特の香りが苦手な人にもオススメです。

伸びも良くて軽いつけ心地です。
お肌にしっかりと密着して、つけた感じも気持ちいい。
ベタベタ感もないし、肌に浸透してなじむ感じが分かりました。

時間のない朝で急いでメイクをしたい時は、ティッシュを使って肌表面に残ったゲルを軽く押さえると良いそうですよ。

 

PCリペアゲルWセラムは肌をしっかり保湿してくれます

今回、初めてオールインワンゲルを使ったのですが、これ1本でスキンケアが完了してしまうのはとても楽で助かるなぁと思いました。
早く起きれなくて時間がない朝も、体が疲れている夜も、このオールインワンゲルがあれば安心です。

また、使い心地も良くて驚きました。
スキンケア5つの工程が1つに詰まっているから、肌に負担があったり重たく感じるのでは?と思っていたのですが、そんなことはありませんでしたよ。

しっかり肌に密着して保湿をしてくれますし、時間が経つと肌に浸透してベタつきも感じません。
使用感もとても気に入りました♪

 

1ヵ月使ってみた感想

1ヵ月間、朝と夜に使い続けてみました。
大きな変化と言えば、

肌がふっくらとした
化粧のヨレが気にならなくなった
時間に余裕ができるので、自分の時間を確保できた

この3つになります。

まず、肌がしっかりと保湿されてふっくらとした肌質になりました。
乾燥肌で口周りや頬がカサカサとしていたのですが、オールインワンゲル1本でここまでしっかり潤うことに驚きです。
朝から晩までずっと肌がもちもちふっくらしていたので、自分で触ることが楽しくなりました。

また、夕方になってもファンデーションのヨレが気になりませんでしたよ。
肌に化粧がなじんでいるのか、目の下にできるシワも薄いように思えました。
これも肌がしっかり保湿されている証拠なんですね。

そして、いつもかけていたスキンケアの時間に比べて、オールインワンゲルを使っていた期間は朝も夜も時間に余裕ができました。
朝はゆっくりと支度や朝食に時間を使えましたし、夜はのんびりと休むことができたので、なかなかゆっくりできない人や、時短でスキンケアを完了させたい方にオススメです。

使う前までは、1本でスキンケアが完了してしまうことに対して「成分がたくさん入っていて肌に刺激があるのでは?」と考えたりもしました。
実際使ってみると肌へのなじみも良いし、すべすべの肌をいつまでも保っていられることに感動。
時間にも気持ちにも余裕ができて、自分と向き合える時間ができましたよ。

 

PCリペアゲルWセラムはこんな人にオススメ

・オールインワンゲルを使ってるけど効果をイマイチ実感できていない
・スキンケア(エイジングケア)に時間を使いたくない
・仕事や家事、育児が忙しい

PCリペアゲルWセラムは、こんな悩みを抱える方にオススメしたいです。

定期モニターコースを申し込めばPCリペアゲルWセラムが、初回限定84%OFFの700円(税込)で試すことができますよ。
2回目以降もずっと10%OFFで購入することができます。
自分に合わないと思ったら、いつでも休止・解約ができるところも安心です。

まずは気軽に時短スキンケアを試してみて、心のゆとりを実感してみませんか?

PCリペアゲル Wセラム

単品価格:4,428円(税込) 50g(約1ヵ月分)

定期コース申し込み初回限定700円(税込)

スキンケアがこれ1本で完了!
美容成分のアルブチンがキメを整え、ふっくらとした肌に導きます。
分散型ゲルで、水分と油分が減った肌に美容成分を浸透。
時短スキンケアで自分と時間に余裕ができます!

たまには楽したい! オールインワンのメリットとデメリット

600オールインワンゲルのメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る