結局化粧水って手とコットンどっちで付けるのがいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結局化粧水って手とコットンどっちで付けるのがいいの?

女性であればたいていの人が毎日使う化粧水。
「手でつけた方がいい」とか「コットンでつけるべき」だとか、色々説があるため「結局どっちでつけたらいいの?」と疑問に思ったことはありませんか?
化粧水は手とコットン、どちらでつけるべきなのか、それぞれメリットやデメリット、注意点などについてご紹介していきます。
参考にしてみてくださいね。

 

化粧水はやっぱり手で付けるのが正解!

スキンケアをする女性
結論から言うと化粧水はコットンではなく、手で付けるのが正解と言えます。
その理由を説明していきますね。

同じ皮膚だから刺激が少ない

手は顔と同じ皮膚ですから、お肌への刺激や負担が少ないです。
当然といえば当然ですね。
ただし、強くこすってしまうとお肌に刺激となったり負担がかかったりしてしまうので、やさしく押さえるように付けるようにしましょう。

手の方が温かいため、化粧水がお肌に浸透しやすくなる

手はコットンと違い温かいため、化粧水も温まりお肌に浸透しやすくなるというメリットもありますよ。
意識して少し手で温めてから、お肌に付けるといいですね。

たまに「手で化粧水を付けると、手が化粧水を吸収してしまうからもったいない」という人がいますが、コットンの方が吸収するためたっぷりと化粧水が必要になりますよね。
手の角質層は体の中でも分厚い部分なので、そう簡単に手に吸い込まれてしまうことはないと言われています。

お肌の状況を直接確認できる

手で化粧水を付けることで、顔のコンディションを毎日チェックすることができるため、ちょっとしたトラブルにも気付きやすくなるというメリットも。
たしかにコットンでつけていると、お肌のちょっとしたトラブルは見逃してしまいそうですね。
化粧水を手で付ける際に、「最近お肌がモチモチしてるな~」とか、「なんかザラついてる?!」など思ったことはありませんか?
そのようなことに気付くことが、トラブルを回避することにつながっていきます。

 

化粧水を手で付ける際のポイント

ビューティーイメージ
化粧水は手で付けることをおすすめしますが、ただパシャパシャつけたり、パンパンパッティングしたりすると、効果が期待できないどころか逆効果になってしまうことも…。
手で化粧水を付けるときは、それぞれの部位をやさしく手で押さえ込むようにお肌に浸透させていきましょう。

コットン派の人は刺激に注意して

コットンはもともとヨーロッパで始まったもので、日本人には必要のないものと言われています。
ヨーロッパの水は硬水で乾燥しやすいなどお肌に合わないため、女性たちは洗顔用に軟水を用意していたというほど、環境も大きく異なります。
そのため日本人のような洗顔ではなく、メイクなども拭き取るクレンジングが主流になっていったそうです。
もともとコットンは化粧水を付けるためのものではなく、メイクを拭き取って落とすものなんですね。

しかしそれでも「コットンでつけたい!」という人もいるかもしれません。
コットンより手で付けることをおすすめしますが、コットンを使う場合は何よりお肌への刺激が不安です。
こすって刺激にならないよう、十分に気を付けてやさしくお肌に当てるようにしてくださいね。

 

コットンで化粧水を付けるメリットとデメリット

化粧水とコットンを持った女性
コットンで化粧水を付けるメリットは、お顔全体にまんべんなく化粧水を塗ることができるということでしょうか。
しかしこれは手でもしっかりと行えば可能ですし、何よりお肌への刺激やコットンの繊維が毛穴に入ってしまうというリスクが気になります。
また、コットンに少量しか化粧水を付けなかった場合、コットンの乾燥している部分が刺激となります。
コットンを使う場合は、コットン全体に化粧水を染み込ませてから使うようにしましょう。

 

化粧水は浸透力が大切?

スキンケアをする女性
化粧水を使う際に、「浸透するかどうか」を重視している人も多いと思います。
お肌には外部刺激からお肌を守ったり、お肌の水分などの蒸発を防いだりするために、バリア機能が備わっています。
そのためお風呂に浸かってもふやけはしますが、体内にお水が入ってくることはありません。
これと同じようにお肌に化粧水を付けても、健康なお肌であればそう簡単に浸透することはありません。
つまりそれが正常なのです。
しかし「お肌に浸透する化粧水」を求める人が多いのも事実です。
そのため界面活性剤やアルコールなどを配合し、お肌を溶かすことでバリア機能を壊してお肌に浸透させるような化粧水が存在します。

そのときはお肌に浸透する感じがあるかもしれませんが、このような化粧水は本当にお肌によいと言えるでしょうか?
たしかに水と油性の成分などはアルコールなどがないと溶けないので、化粧水として成り立ちませんが、できるだけお肌によい成分で作られた化粧水を選ぶことをおすすめします。
もちろん化粧水すべてがお肌に悪いということではありませんが、お肌に浸透するからといって、必ずしも「お肌にいい」化粧水とも限りません。
化粧水を選ぶ際は低刺激のものを選ぶなど、できるだけお肌によいものを選ぶようにしてみてくださいね。

 

おわりに

化粧水はコットンよりも手で付けたほうがメリットも多く、お肌に刺激になりにくいです。
化粧水を付ける際は力を入れすぎたりこすったりしてしまわないように注意して、やさしく押さえながらつけるようにしましょう。
また、手は色々なところを触ることが多いので、化粧水を塗るときは手を清潔にしておくことが前提です。
正しく化粧水をつけて、健やかなお肌をキープしていきましょう。

600化粧水の変え時は20代後半!お肌の未来は20代後半で決まる!
30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水
おトクに気軽に試せる!オーガニックコスメのトライアルセット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:はとりな

著者の記事一覧

こんにちは、22歳のときに職場のおばさま方に「ちゃんとしてないと将来ヤバいよ!」と脅され、老化におびえて色々勉強しスキンケアにエクササイズ、食など日々格闘してきました。(笑)
できるだけ体に悪いものを摂らないよう食や栄養から学びなおし、健康的な生活を目指す27歳主婦。
食べるものもお肌に塗るものも安全なものを心がけてます。普段は企業様のホームページのQ&Aやコラム、医院様の紹介ページなどを書かせていただいておりますが、Lierでは美容やダイエットなど本当に「体にいいもの」やおすすめしたいものを紹介していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る