ニキビ肌の人が使用すると効果がUPする・避けておきたい化粧品成分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニキビ肌の人が使用すると効果がUPする・避けておきたい化粧品成分

ニキビの化粧品ってたくさんありますが、その中でも何を使用していけば良いか迷いますよね。
ぶつぶつ赤くなっていたり、洗顔が顔に染みたり…
私も昔は顔全体が赤ニキビのような熱を持った炎症したようなニキビがたくさんある時期もありました。
そうゆう状態になっていると特に化粧品を使用するのは神経質になってしまったりしてしまします。
そして、神経質になるとそれがストレスになって男性ホルモンが活発になり更にニキビの原因になってしまう…
これでは悪循環の繰り返しになってしまいますね。
下記ではニキビ別で効果のある化粧品成分を紹介していきます。
参考にして化粧品の裏の成分表を見てから購入するようにしましょう。

 

良い化粧品を使用する前にしっかり汚れを落とそう

洗顔をする女性
ニキビを改善していく過程で良い成分の化粧品を使用して改善していきたいと思いますよね!
しかし、まず有効成分をしっかりお肌の中へ浸透させていきたいのであればまず汚れをしっかり落としていく必要があります。
ニキビの場合は特にその必要があります。
ニキビの原因として毛穴に詰まっている汚れを取り除かない事には雑菌が増える原因を放っておくことに繋がりますので、まずは汚れを取り除いていきましょう。

クレンジング

クレンジングにはたくさんの種類があります。
普段どのようなクレンジング剤を使用していますか?
もし、舞台メイクのようにとても濃いメイクをしているのであればオイルクレンジングを使用しても良いと思います。
しかし、普通のファンデーションやお粉、日焼け止めの場合はそこまでしっかりオイルクレンジングする必要はありません。
確かにオイルクレンジングはしっかり化粧も落ちてとてもすっきりしますが、お肌に必要な天然保湿成分まで落ちてしまうので、お肌のバリア機能が落ちてしまいます。
そうすることにより、乾燥してニキビが出来やすい状態になってしまいます。
お肌の天然保湿成分をしっかり残しつつ汚れを落としていくにはミルククレンジングやジェルクレンジングくらいのものを使用するようにしましょう。
ファンデーションを普段から塗る方はミルククレンジングでは少し物足りないかもしれませんので、ジェルクレンジングの使用をオススメします。

エンビロン 

クレンジングジェル

内容量:100g
参考価格:2,700円(税込)

@cosmeのクレンジング部門でも2位を取得されていてたくさんの方から指示されているクレンジング剤になります。
お肌にはとても優しく敏感肌の方でも使用出来るようなクレンジング剤にはなっていますが、アイメイクなど濃いメイクは少し落ちにくいのでポイントメイクで落としてお肌全体にはこれを使用するようにしましょう。

 

洗顔

洗顔はCMなどで弱酸性などと言われている事がよくありますが、正直弱酸性ではお肌の汚れはしっかり取り除く事が不可能になります。
弱酸性はお肌の毛穴を閉めてしまう効果があるので、化粧水などで閉める分にはいいかもしれませんが、それが洗顔になると目的とは少し違ってきますよね。
お肌がとても弱くて化粧品を使用してもとてもひりひりしたり、お肌状態が赤くなってどうしようもない方は弱酸性を使用しても良いです。
そうでない場合は弱アルカリ性を使用する事をおすすめします。

健康コーポレーション

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

内容量:110g
参考価格:2,980円(税抜)

2種類の泥(沖縄産マリンシトル・国産ベントナイト)を使用しているので、しっかり毛穴から汚れを取り除いていく事が出来る洗顔になります。
更に泡が濃密なクッションの役割をしてくれる為に毛穴の汚れを残らず取り除いてくれる効果があります。
汚れがしっかり取れるのは良いけど、乾燥が気になりますが、コラーゲン・ヒアルロン酸・黒砂糖エキスなどが配合されているので、乾燥の心配もいりません。
ネットで注文すると1490円とお得なので、一度使用してみてください。

 

ニキビの種類別、有効的な成分

スキンケアをする女性

赤ニキビなど炎症で熱を持ったようなニキビ

赤く目立つようなニキビが出来た事はありませんか?
その状態がひどく広がっていく事により炎症しているようになります。
思春期のニキビやストレスで出来たニキビなどに多くホルモンバランスが乱れてしまって皮脂分泌も多い方によく見られるニキビです。
赤ニキビのように炎症があるニキビはまずその熱をしっかり取り除いていくように鎮静していく必要がありますので、抗炎症成分のようにものが入っている化粧品をしようすることをおすすめします。

甘草エキス

甘草というのはマメ科のカンゾウという植物から摂れたものです。
東洋医学の漢方としても使用されていてこれは抗アレルギー作用や抗炎症作用があり赤ニキビ特有の熱を持って鎮静しないといけない状態にはとても適した成分となります。
化粧品成分の記載の仕方は『グリチルリチン酸2K』と言う風に記載されている場合がありますので、見逃さないようにしましょう。

アラントイン

アラントインも抗炎症作用と更に細胞増殖作用があるので、お肌の細胞を修復してくれる作用もあります。
赤ニキビのようにお肌が傷ついてしまっているような状態は膿みのところが潰れてしまって血が出たりする場合もありますよね。
それは放置しておく事によりにきび跡になりかねない状態になります。
ですので、この成分が入っているような化粧品を選んで細胞修復を同時にしていくようにしましょう。

ヨクイニンエキス

イネ科の植物の『ハトムギ』と砕いて粉末にしたもので、昔から美肌やイボ取りのような効果があるとして使用されてきました。
老人性のイボなどにも効果的と言われています。
私も以前はニキビを改善していく為にはと麦茶など飲んでいた時期もありました。
抗炎症作用もありますが、美肌が作られると言われる由来としてミネラル成分がたっぷり入っているのでニキビを改善していく上でも活躍してくるものになります。
化粧品の成分として含まれているものも使用しつつ、お茶などで体内から取り入れていく事もおすすめします。

黒ニキビのように毛穴に汚れが詰まっているニキビ

頬の辺りに黒い芯のあるようなニキビが出来た経験はありませんか??
これは毛穴の中に皮脂が溜まったまま放置する事によって出来てしまうニキビです。
毛穴から皮脂は出てきますが、それがちゃんと取り除かれてない状態になり更に紫外線などで酸化皮脂となり黒く固くなってしまいます。
このニキビはしっかりケア方法を変えないとそのまま残り続けてしまうので増えるとどんどん数が増えてしまう原因になるので、もしあると気付いたら今自分がしているケア方法を疑ってみてください。

しかし、ちゃんとしたお手入れやケアをする事によって改善していく事が出来るニキビの種類なので下記を参考にしてしっかりケアしていきましょう。

サリチル酸

この成分はお肌が固く角質肥厚になってしまっている状態を溶かし薄くして柔らかくする事により、ニキビの原因になる皮脂詰まりや雑菌と取り除いてくれる効果があります。
黒ニキビは特に汚れが詰まったまま放置する事により黒くなり固くなってしまうので、この成分が入った化粧品を毎日使用する事により汚れが溜まらないお肌にしていきましょう。

プラセンタ

プラセンタとは哺乳類の胎盤から取ったエキスの事を指します。
赤ちゃんの栄養成分がしっかり含まれているものなので、栄養分がとても豊富なものになります。
細胞を活性していく効果がある為にターンオーバーの促進をしていくので、ニキビだけではなくシミを作らないお肌にしていく効果があったり、シワたるみを改善していきハリのあるお肌にしていく事が出来ます。

ニキビ跡にしない為の成分

ビタミンC誘導体・アルブチン

この2つの成分は美白効果やメラニンが黒くなっている状態を薄くしていく効果があります。
にきび跡は放置しておく事により、茶色くなりシミのように色がどんどん濃くなっていってしまいます。
そうならない為にもニキビが出来ている間からも使用しておきたい成分です。
ビタミンCには皮脂を抑制していく効果もありますので、皮脂分泌が多くてニキビが出来ている人は是非使用しておいてください。

オバジ

オバジC5セラム

内容量:10ml
参考価格:3,000円(税抜)

美容液の中にビタミンCが含まれている化粧品はたくさんありますが、この化粧品は高濃度のビタミンCの美容液になります。
使用するとわかりやすくニキビの出来る回数が格段に減りました。
一度使用し見てみてください。

 

避けておきたい成分

着色料・防腐剤・界面活性剤・香料

この4つが入っているような化粧品はなるべく避けるようにしましょう。
お肌の状態を良くしていく為に香りや色は別になくても良いと思います。
界面活性剤に関しては水分と油分が分離してしまうのを融合させる為にあるもので、クレンジング剤などには使用されていますが、最近ではウォータープルーフなどのように落ちくい化粧品などもどんどん出て来ていますね。
そうなると人工的に界面活性剤の強度をどんどん上げていく事により、お肌のバリア機能を低下させてしまう原因ともなります。
乾燥肌の方やアトピー肌の方は避けておきたい成分とも言えますね。

 

おわりに

上記の成分を見て今の自分のニキビ状態に最も適した化粧品成分は見つかりましたでしょうか??
ニキビが出来ると言っても原因は本当に十人十色です。
そして、ニキビを改善していく上で絶対に避けて通れないのが生活習慣の改善です。
ニキビが出来るほとんどの原因は生活習慣にあると言っても過言ではありません。
まず、今自分の生活習慣の中で改善した方がいいな、と思い当たる節はありますか??
もし、一つでも思い当たるなら少しずつで良いので改善していく努力をしていくようにしましょう。
そして、同時に上記に欠いている成分が配合されている化粧品を使用していく事をおすすめします。
そうする事によって、内面と外面からケアしていく事が出来ます。
ニキビを改善していくのは少し根気と時間が必要になりますが、ケアしてあげることにより確実に改善していくので諦めずに改善していきましょう。

ニキビの出来る位置でわかる原因とケアの仕方
またニキビ?大人ニキビの原因と対策法
ニキビの悪化、原因は「洗顔」にあり!?本当にニキビに効く洗顔料とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る