美しい人は徹底的に『添加物』を避けている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美しい人は徹底的に『添加物』を避けている!

あなたは添加物を避けるようにしていますか??
最近では食品の表示も厳しくなっていたり、食品を購入する時に添加物を気にして買う方も増えているようですね。
しかし、食品の裏の表示を見てみるけど…
何が悪くて何が良いのかがわからない!ですよね。
成分を見てもわからないから商品のキャッチフレーズなどを見て買うと言う方も多いかもしれませんが、例えば『自然』という言葉が入っていたらどうでしょう??
なんだか身体にいいように思えませんか??
なんとなく添加物は入ってないのか?身体にいいのかな?と思ってしまいそうですよね。
このように商品の裏をしっかり見ない事には何が良くて何が悪いのかがよくわからない食品も本当に多いです。
成分を全部覚えるのはとても大変なことなので、成分の中でも特に気をつけておきたい成分をご紹介していきます。

 

どうして添加物は避けておいた方が良いの?

オイルラベルを見る女性
添加物は避けた方が良いとここ最近よく言われているのでなんとなく気にし始めている方も増えて来ていると思いますが、どうして添加物がいけないのか?が自分の中で認識されていないと普段の生活の中で添加物を軽く見てしまいがちになります。
発がん性がある…生まれてくる赤ちゃんに影響が出てくる…
ということは耳にした事があるかもしれません。
しかし、なんとなく今の自分には関係ないように感じませんか??
正直、私はこれを言われただけでは添加物を徹底的に避けようとは思えません。
将来的に気にした方が良いのだろうけど今すぐの危険性を感じる方は少ないと思います。
これがやはり添加物はいけないと思っていても軽く見てしまう原因なのでは?と私は思います。
では、添加物が今の私たちにどう影響してくるのでしょうか?
もし、添加物が今の自分の身体の健康の害になっていて、美を損なう原因になっていたらどうでしょうか?
少し危機感を身近に感じるかもしれません。
では、添加物の危険性を身近に感じる影響を少しご紹介したいと思います。

 

ダイエットの邪魔をする

体重計を持つ女性
添加物はダイエットをしていく上でも邪魔な存在になってきます。
添加物のような身体にとって毒素になるようなものは肝臓で分解されるようになっています。
野菜など自然界に存在するようなもので簡単に分解出来るものなら良いのですが、添加物やアルコールのようなものは分解するのにもとても肝臓に負担をかけてしまう事に繋がります。
そして、脂肪分も分解をかけてくれるのが肝臓になります。
ということは添加物をとってしまうことにより身体にとって毒性の高い添加物から分解されるという事になりますので、脂肪の分解が後回しになってしまいます。
そうなると中性脂肪となり身体にどんどん蓄積されてしまう状態になります。
更にダイエットをしているからとダイエット食品を食べる方も多いと思いますが、ダイエット食品でも意外と甘いなと感じる事は多いのではないでしょうか??
でも裏の表示を見てもカロリーはゼロ…
いったいどうゆう事なのと疑問になりますよね。
これは、甘さを出す為に入っている人工甘味料の仕業なのです。
人工甘味料は普通の砂糖の数百倍もの甘さを出す事が出来るのです。
じゃあカロリーはゼロで甘いのなら良いのでは?と思うかもしれませんが、実は摂取して体内でインスリンはしっかり分泌される状態になります。
インスリンが分泌されてしまうと脂肪細胞に溜め込まれてしまうのです。
そして人工甘味料は中毒性もあり一度食べるとどんどん食べたい状態に陥ってしまうのです。
これではダイエットしたくてダイエット食品を選んでいるのに何をしているのは分からない状態になってしまいます。

 

お肌の老化を早めてしまう

皮膚の老化
身体に影響があるものはもちろんお肌の状態にも関わってきます。
添加物が入っている食品というものは、保存が出来るようなものであったり加工食品、パン、お菓子などがやはり多い傾向にあります。
(下記で紹介しますが、果物や野菜でも防カビ剤などのように人体に悪影響を及ぼすものはたくさんあります。)
そういったものを普段からよく食べるという事は、糖分を過剰に取り過ぎてしまう傾向にあったり、酸化した油を知らず知らずの間に大量に摂取してしまっている事になります。
糖分を摂取し過ぎる事により、老化の原因の一つでもある糖化を進めてしまう事に繋がります。
糖を摂取する事により、体内の良質なタンパク質(コラーゲンなど)と結びつく事によって黄色く変色し、固くなってしまい、そうすると目に見える状態のお肌表面も少し黄ぐすんだ状態になり、コラーゲンが固くなってしまう事によりお肌が固くなり弾力を失ってしまったシワ、たるみの原因となります。
酸化してしまったような古い油を摂ると身体に悪い事はなんとなく想像がつくかもしれません。
酸化した油はニキビ、キメが荒れる、シミ、しわたるみ、毛穴の開きなど…
たくさんのお肌トラブルを招く原因となりますので、出来るだけ避けておきたいところですね。

添加物の入ったような食品を摂る事によって起こる肌トラブル

  • しわ・たるみ
  • シミ
  • ニキビ
  • 毛穴の開き
  • 乾燥
  • バリア機能の低下
  • 脂性肌 など

どれも避けておきたいお肌トラブルですよね。
将来のお肌の美しさを保つ為に、お肌の老化を阻止する為にも添加物が入っているような食品を避けるようにしましょう。

 

避けておきたい添加物一覧

ノーサインをする女性

人工甘味料(スクラロース・アスパムテール・ソルビトールetc,,,)

人工甘味料はたくさんの食品に使用されています。
ドリンク、酎ハイ、アイス、お菓子など…
お菓子の中でもグミやガムなどご家庭では作れないようなお菓子がありますよね?
そのようなお菓子は基本的に人工甘味料以外の添加物も大量に入っている可能性がとても高くなりますので、購入する判断基準としてそれはご家庭で作れるものか作れないものかで判断するのも良いでしょう。
そして、カロリーが低いようなお菓子には、砂糖を少量にしカロリー表示を抑えて人工甘味料を使用しているお菓子もたくさんあります。
たとえカロリーが低くても裏の表示を一度見てこのような人工甘味料が入っているようなものは避けるようにしましょう。
意識して見ていくとプリンなどでも牛乳、砂糖、卵などのようにシンプルに自分が認識出来るものだけで作られたお菓子もたくさんありますので、そういったお菓子を選んでいくと間違いないでしょう。

着色料

これは赤色、黄色、青色何号というふうに記載されているものが多いです。
これだと簡単に見分けがつきそうですね。
着色料は発がん性やアレルギーを引き起こす可能性が高くなるものです。
日本のお菓子ではあまりみられないかもしれませんが、海外のお菓子などでとても鮮やかなお菓子を目にした事はありませんか??
そのお菓子は大量に着色料が使われているものです。
出来るだけ色の濃いものではなく自然色に近いものを選ぶようにしましょう。
そして出来ればお菓子などを食べるのであれば果物などにしておく事が一番の方法でしょう。

ソルビン酸

これは保存の効く食品に入っている事が多いです。
ソーセージやハムなどの加工食品や長期保存の効くパンなど基本的に加工された食品が長期保存出来るものは疑ってみた方が良いでしょう。
そもそも加工した食品が長期保存出来るという事自体がおかしいのです。
ソルビン酸は発がん性、免疫機能低下、成長発達に障害などが上げられるので、ソーセージなど好きなお子さんも多いかもしれないですが、なるべく与えないようにしましょう。

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは酸化して変色しやすいものに対して使用する事が多く、その酸化過程で変色してしまうのを防いでくれる効果があります。
とくにハムやソーセージなどによく含まれていると言われています。
しかし、これは一生涯で毎日大量に食べないとそこまで危険ではないようですが、お肉などに含まれているアミンという物質と結びつく事によって発がん性を持つと言われています。
これは肝臓や腎臓にガンを引きおこすと言われているので決して毎日食べていないから安心という訳でもないみたいなので出来る限りハムやソーセージなど加工されたお肉などは摂取しないようにしましょう。

安息香酸ナトリウム

これは防腐剤としてしようされていて、ビタミンCと化学反応を起こし体内で発がん性物質に変わりベンゼンという物質になります。
更にこのベンゼンという物質は白血病になる確率を高くしてしまいます。
清涼飲料や栄養ドリンクなどに含まれている事が多いですが、防腐剤として使用されているのであらゆる保存可能な食品に入っているので注意して見るようにしましょう。

防カビ剤(OPP,TBZ)

防カビ剤はあらゆる場面で使用されていて、柑橘系の果物は輸入のものが多く運ばれてくる時間がとても長くなりカビが生えやすい状態になりますので、やはり輸入のものは防カビ剤が必要になってくるようです。
とても毒性が強く触ったら皮膚や粘膜に影響があり、発がん性や肝臓障害が見られる場合もあり人体に強く影響してしまいます。
最近では、購入する時に値段が書いてあるところに一緒に記載されている場合がありますので、一度見てみることをオススメします。

 

おわりに

上記にご紹介しました、添加物一覧は本当に人ごとではなく身近な食品にたくさん入っています。
添加物がいったいなになのか、どうやって避けていけば良いのかが少しでも認識して頂けたでしょうか??
少し自分の中に上記の内容があることによって意識が変わりスーパーやコンビニに行った時に気をつけるようになると思います。
ただそれで良いのです。
徹底的に避けたい方はもっと詳しく調べて頂くのも良いと思います。
今まで気にしていなかった方は少し頭の中に入っただけでも良いと思います。
それだけでも日頃のお買い物の中で買おうと思うものに少し変わりが出てくると思いますので、添加物から自分の身体を守ってこれからの自分の身体を大切にしてあげましょう。

カップラーメン カップ麺食べるプラスチック!?トランス脂肪酸の恐ろしさって?
半年で➖8㌔のダイエットを成功させた秘訣半年で➖8㌔のダイエットを成功させた秘訣
『今の時代にあった究極のダイエット方法『パレオダイエット』『今の時代にあった究極のダイエット方法『パレオダイエット』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る