花粉症予防にはヨーグルト!辛い症状を軽減してくれる食べ物たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症予防にはヨーグルト!辛い症状を抑える食べ物はこれ!

花粉症に強い体作り

花粉症って辛いですよね。
一体どこから流れてくるんだという程鼻水が出て、鼻のかみすぎでお肌はボロボロ。
目も痒くて、擦りすぎで赤くなってしまい、お化粧なんてできる状態じゃない!
マスクは花粉ブロックのためだけ成らず、コンディション最悪の顔隠しだったりします。

そんな辛い花粉症の症状を抑える為には、病院でお薬を処方してもらうのが一番です。
しかし、忙しくてなかなか病院に行かれないという人も多いと思います。
またこの時期は患者さんがとくに増えるので、診察まで2、3時間待ちなんてざら…。
なかなか病院へ足を運ぶのも気が重いですね。

花粉症は症状が悪化する前の事前対策が重要!
種類豊富に花粉症対策グッズが販売されていますが、自分自身の体を花粉症(アレルギー)に強くしておくことも大切です。
今回は花粉症に効果的な食べ物・飲み物をご紹介します。

花粉症対策グッズはこちら。
>>事前に対策!人気おすすめの花粉症対策グッズはこれ!

 

花粉症と言えばヨーグルト?

ヨーグルトが花粉症に効果的という話はよく聞きますよね。
しかし、ヨーグルトは花粉症の症状が出てから食べてもあまり効果を期待することはできないんです。
ヨーグルトは花粉症になってから食べるのではなく、事前対策として食べる事を習慣にしておくことで効果が期待できます。

なぜヨーグルトが花粉症に良いのでしょう?
理由はヨーグルトに含まれている乳酸菌にあります。
花粉症を和らげるには、免疫機能を正常に保ち、アレルギー症状を抑えること、所謂“体質改善”が大切と言われています。

花粉症症状は、鼻や目などの粘膜に花粉が付着することによって起こると思われていますが、厳密にいうと花粉を体内に吸収しているのは腸です。
乳酸菌には整腸作用がありますよね。
腸内環境を整え、消化器官の働きを正常にすることが、免疫力の活性化に繋がる、というわけなのです。

私たちの体には、ウイルスなどの異物が体内に侵入した際、それを排除して病気にかからないようにしようとするシステムが備わっています。
このシステムを免疫と言い、免疫細胞にはヘルパーT細胞が存在しています。
ヘルパーT細胞は1型と2型とに分けられ、1型はウイルスなどの異物を攻撃・破壊し、免疫を高めようとする働きをします。
一方2型は、花粉やダニなどに対するIgE抗体※を作り、くしゃみ・鼻水といったアレルギー疾患を引き起こします。
※IgE抗体…皮膚や粘膜の表面に留まり、花粉などのアレルゲン触れると即時にアレルギー反応を引き起こすことに関与している。

ヘルパーT細胞は1型と2型、どちらか一方の働きが強くなると、もう一方の働きが弱まる仕組みになっています。
本来はお互い同じくらいの強さでつり合いを保っていますが、食生活や生活習慣の乱れで2型が優勢になってしまうと、ちょっとした異物にも反応が過敏になり、花粉症症状が引き起こされてしまうのです。

そして、この2型の増殖を抑える働きをもつのが乳酸菌です。
乳酸菌を摂取することにより、IgE抗体が減り花粉症の症状が軽減していくというわけです。

ただ、体質改善というものは1日2日で成せるものではありません。
誤解されがちですが、ヨーグルトを食べたからといって数時間~数日で花粉症の症状がキレイに治まるというわけではないんですね。
残念ながら、スーパーで売られているヨーグルトに即効性はあまり期待できません。

しかし、ヨーグルトが花粉症の症状を和らげる体作りに向いていることは確かですから、花粉症の症状が酷くなる前に、ヨーグルトを食べる事を習慣にしておくことが理想的と言える訳です。
効果を実感するまでは個人差がありますが、大体一か月から半年くらいと言われています。

ヨーグルトは便秘解消や美肌効果など女性としては嬉しい効果がたくさんありますから、花粉症の時期に関わらず、今日から積極的に摂っていきましょう。

 

効果のあるヨーグルトと効果のないヨーグルト?

腸の調子を整える事で花粉症に強い体を作ってくれる乳酸菌(ヨーグルト)。
そんなヨーグルトも、効果的なものと、そうでないものがあります。

まず気になるのがお砂糖です。
甘くて美味しいヨーグルトにはお砂糖がたくさん入っています。
私たちが大好きなお砂糖、実は腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やすというマイナス効果があるんです。
加糖ヨーグルトが体に悪いという訳ではありません。
しかしながら、よりヨーグルトの恩恵を受ける為には、無糖のものを選ぶ方が良いと思われます。

次に乳酸菌について。
実は、ヨーグルトに入っている乳酸菌の多くは、腸に届く前に死滅してしまうといいます。
乳酸菌は死滅した後も、効果は継続されると言われていますが、出来れば生きた乳酸菌を摂りたいですよね。

何だか「ヨーグルトあまり意味ないじゃん…」という感じになってしまいましたが、最近は生きたまま腸まで届く乳酸菌も発見されています。
「生きたまま腸に届く」といったフレーズをよく耳にしませんか?
KW乳酸菌、L92乳酸菌などがこれに当たり、普通のヨーグルトに比べ、より効果的に乳酸菌を摂取できると言われています。

以下に花粉症におすすめのヨーグルトをご紹介します。

花粉症,ヨーグルト,乳酸菌,小岩井-大人の元気ヨーグルト,KW乳酸菌
小岩井 大人の元気ヨーグルト
KW乳酸菌と回復系アミノ酸オルニチンを配合したヨーグルト。
スーパーなどのヨーグルト売り場では見かけないので手に入りにくいかもしれませんが、評価の高いヨーグルトです。

花粉症,ヨーグルト,乳酸菌,明治LG21ヨーグルト
明治 LG21ヨーグルト
LG21乳酸菌を配合した甘さ控えめのヨーグルト。
腸内環境を整え、アレルギー(花粉症)に強い体を作ってくれます。
手軽なドリンクタイプもおすすめです。

花粉症,ヨーグルト,乳酸菌,明治R-1ヨーグルト
明治 R-1ヨーグルト
1073R-1乳酸菌を配合したヨーグルト。
インフルエンザにも効果的なので寒い時期にぴったりです。
こちらもドリンクタイプがあります。

花粉症,ヨーグルト,乳酸菌,カルピス,アレルケア
カルピス アレルケア
1本に約330億個相当のL-92乳酸菌を配合したヨーグルト風味のドリンク。
サプリメントも出ています。

 

腸に届きやすい強い乳酸菌

先程もお話ししました通り、ヨーグルトに入っている乳酸菌の多くは、腸に届く前に死滅してしまいます。
しかし、ヨーグルト以外にも乳酸菌が豊富な食材はたくさんあり、中でも死滅しにくい強い乳酸菌を持ったものがあります。

乳酸菌は「動物性」と「植物性」と2種類あります。

  • 動物性乳酸菌
    ヨーグルトやチーズなどに含まれている乳酸菌。
    生命力が弱く、死滅しやすい。
  • 植物性乳酸菌
    味噌やぬか(糠漬け)などに含まれている乳酸菌。
    生命力が強いので、腸まで届きやすい。

このように、植物性乳酸菌が含まれている食材は花粉症対策に大変おすすめです。
植物性乳酸菌が入ったサプリメントなども販売されていますので、ヨーグルトだけでなく、植物性乳酸菌を意識してみてください。

ラクトフェリン+ラブレ-トライアルパック
ライオン ラクトフェリン+ラブレ
死滅しにくい植物性乳酸菌サプリメントです。

 

花粉症に効果的な食べ物

ヨーグルトの外に、花粉症に効果があるとされている食べ物を挙げてみました。
ただヨーグルトに同じく、病院で処方される薬のように、これらを食べたら瞬く間に花粉症の症状が治まるという訳ではありません。
あくまでも、“予防”ということが前提です。

 

納豆

納豆にはムチンという成分が非常に豊富です。
納豆や山芋などのあのねばねばは、このムチンによるものです。

ムチンは粘膜保護作用があるため、花粉症によってダメージを受けやすい鼻や目、呼吸器官の粘膜の保護・修復、アレルギー症状の予防・緩和などに効果的と言われています。

また納豆にはヨーグルトに同じく、腸内環境を整える、免疫力アップ、殺菌作用などの効果も期待できます。
このように、納豆にはアレルギー(花粉症)の予防の他、風邪や胃炎などにも効果的です。
花粉症の時期に限らず、1年を通して積極的に摂りたい食品ですね。

 

魚介類

魚介類、とくに青魚に多く含まれるIPAやDHAという成分に、アレルギー反応を抑制する働きがあることが確認されており、花粉症に効果的とされています。
花粉症になりやすい人や、アレルギーを持つ子供は、肉食(洋食)が多く、魚をあまり摂っていないという傾向があることもわかっています。

肉食に偏った高タンパク・高カロリーな食事は、花粉症症状を悪化させると言われていますから、日頃からお肉とお魚のバランスを意識したいです。

 

シソ

シソに含まれているロズマリン酸には、花粉症の症状を引き起こす原因になるヒスタミンを抑える働きがあるとされています。
お魚や納豆、山芋、味噌など花粉症に効果的とされる食材とも相性が良いので、花粉症対策レシピも作りやすいですね。
自宅でも作れるシソジュースが人気です。

 

わさび(お寿司)

わさびの香には一時的に鼻づまりを緩和してくれる効果があると発表されています。
花粉症に効果的なわさび・シソ・魚・納豆といえば、お寿司!
積極的にお寿司、食べたいですね!

 

おわりに

いかがでしょうか。
アレルギー(花粉症)に負けない体を作るのに大切なのは、継続して良い物を取り入れていくことですね。
ヨーグルトについては、アレルギーに強くなるだけでなく、美容・健康・ダイエットにもうれしい効果が期待できます。
今更遅いと思わずに、今日から毎日摂っていきましょう。

Photo by jules:stonesoup

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!







関連記事











ページ上部へ戻る