秋こそスキンケアが重要?肌トラブルを避けるためのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋こそスキンケアが重要?肌トラブルを避けるためのポイント

秋がだんだん近づいてきていますが、秋に向けてスキンケアの対策を行っていますか?
秋は油断してしまいがちですが、実はお肌のお手入れが重要な季節です。
秋に肌トラブルが起こりやすい理由や、秋にしたいスキンケアのポイントなどについてご紹介していきます。
さっそく秋に向けてスキンケアを見直していきましょう。

 

秋のお肌ってどんな状態なの?

スキンケアをする女性
秋は暑くも寒くもなく比較的過ごしやすい季節ですが、 季節の変わり目なのでお肌はデリケートになっていることが多いです。
秋のお肌は夏に紫外線などで受けたダメ―ジなどにより、免疫力が低下していて不安定でデリケートな状態になっています。

夏に受けたダメージや空気の乾燥などでお肌はデリケートな状態になっている

日差しを浴びる女性
夏に受けた紫外線などのダメージの他にも、季節の変わり目なのでお肌が敏感になりやすくデリケートな状態と言えます。
また空気が乾燥したり、皮脂の分泌量が低下しがちになったりと、肌トラブルを起こしやすい状態になっています。

秋のお肌は紫外線によりダメージを受けている

シミの広がった肌比較
秋のお肌は夏の強い紫外線を浴びてしまっているため、ダメージを受けています。
夏が終わり、9月や10月に入るとお肌がゴワゴワしたりカサカサしたりすることがあります。
一度くらいは経験したことがある人も少なくないのではないでしょうか。

お肌には細胞の生まれ変わりであるターンオーバーがあり、いっぱんてきに28日周期くらいだと言われています。
紫外線のダメージを受けた層は、肌の表面に上がってくるまでに時間がかかり、秋くらいにシミなどの影響が出てくるのです。
このような状態のときはお肌の保湿機能やバリア機能などは低下しているため、お肌が乾燥するなどさまざまな肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

 

秋の肌トラブルを避けるためのポイントとは?

美白の女性
秋の肌トラブルを少しでも対策使用と思えば、夏場だけでなく秋も1年を通してUV対策をしっかりと行いましょう。
夏場にはしっかりと日焼け止めを塗っていた人でも、秋になってくると油断してうUV対策が疎かになってしまいがちです。

UV対策は1年中行う


夏場はたしかに紫外線が強くなりますが、秋や冬でも紫外線はゼロなわけではありません。
お肌内部の真皮にまで届いて、シミやシワの原因になると言われるUV-Aは季節をに関係なく1年を通して降地上に降り注いでいます。
また、UV-Aよりも有害性が強く日焼けの原因になると言われているV-Bも、秋には多少弱区はなりますが、全くなくなるというわけではないのです。
夏場だけでなく、涼しくなる秋でもUV対策はしっかりと行うように心がけましょう。

食生活や規則正しい生活に気を付ける

ベッドから起きる女性
お肌の修復は寝ている間に行われますが、睡眠時間が十分に取れなかったり栄養バランスの悪い食生活を続けていると、健やかなお肌に再生することはできません。

 

秋の肌トラブルを対策するためのスキンケアのコツ

スキンケアをする女性
秋は夏に受けたダメージや季節の変わり目などの理由から、肌トラブルを起こしやすい季節と言えます。
秋の肌トラブルを改善するために、日々のスキンケアを秋用にシフトしていきましょう。
秋に行いたいスキンケアのコツについてご紹介していきます。

秋のスキンケアのコツは、「とにかく保湿をしっかりと行う」ということです。
秋は夏に受けたダメージによりお肌のバリア機能が低下し乾燥しやすくなったり、空気が乾燥するため余計にお肌が乾燥しやすくなってしまいます。
お肌をしっかりと保湿してあげることで、お肌のダメージの修復も効率的に行われます。
洗顔後はできるだけ早めに、保湿成分が配合された化粧水や乳液などで保湿していきましょう。

秋のスキンケアにおすすめの保湿成分

秋の保湿を重視したスキンケアに、おすすめの成分は次の通りです。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • プラセンタ
  • アミノ酸
  • イソフラボン
  • グリセリン

セラミドは一番外側の表皮にも存在している成分で、お肌のうるおいを保つ働きがあるためおすすめの成分です。
保湿成分の入っている化粧水や乳液を選び、しっかりとお肌を保湿してあげましょう。

マッサージも効果的


適度なマッサージはお肌の新陳代謝を活発にして、お肌の保湿機能にもよい影響を与えてくれます。
お肌の細胞の再生を促すことで、お肌の乾燥を防ぐことができます。
強くこすり過ぎると逆効果なので、やさしくマッサージしてお肌の血行を良くして新陳代謝を活発にさせましょう。

 

おわりに

秋は季節の変わり目なのでお肌が敏感になりやすい時期でもありますが、夏の紫外線によるダメージがお肌に表れてくる時期でもあります。
そのためUV対策を引き続き行ったり、スキンケアアイテムも保湿重視のものに変えタリと工夫が必要です。
秋の肌トラブル対策を行わないと、お肌がゴワゴワになったりカサカサになったりして、そのまま冬になってしまいます。
1年を通してUV対策を行い、秋口は特に保湿重視のスキンケアにシフトして、夏に受けたダメージを緩和して美肌を保っていきましょう。

海と水着の女性肌も夏から秋モードにシフトチェンジ!そのためにやっておきたいスキンケアとは
秋の乾燥を防ぐポイントは夏のインナードライを防ぐ事!秋の乾燥を防ぐポイントは夏のインナードライを防ぐ事!
顔にも体にも!全身に使える保湿クリーム20選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:はとりな

著者の記事一覧

こんにちは、22歳のときに職場のおばさま方に「ちゃんとしてないと将来ヤバいよ!」と脅され、老化におびえて色々勉強しスキンケアにエクササイズ、食など日々格闘してきました。(笑)
できるだけ体に悪いものを摂らないよう食や栄養から学びなおし、健康的な生活を目指す27歳主婦。
食べるものもお肌に塗るものも安全なものを心がけてます。普段は企業様のホームページのQ&Aやコラム、医院様の紹介ページなどを書かせていただいておりますが、Lierでは美容やダイエットなど本当に「体にいいもの」やおすすめしたいものを紹介していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る