人見知り&コミュ障を克服!「コミュ力」を120%アップさせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人見知り&コミュ障を克服!「コミュ力」を120%アップさせる方法

「人と目が合わせられない」
「他愛無い会話で緊張する」
「会話が続かない…」

・・・など、人見知りやコミュ障で悩んでいる女性は少なくありません。
そこで、今回は簡単にコミュ力を120%もアップさせる生活習慣について紹介していきます。

店員さんと一言交わす

カフェで働く女性
コンビニやスーパー、休日のショッピングなどで店員さんと接する機会は多いですよね。
しかし、一方的に店員さんが「いらっしゃいませー」「ありがとうございましたー」と言っているだけのことがほとんど。
しかし、これは非常にもったいないポイントです。
ぜひ今日から意識してほしいのが「お会計」のタイミング。

袋に詰めてもらったり、お釣りをもらったりした際に「ありがとうございます」と一言伝える習慣を身に着けてみましょう。
「人と話す」という行為に慣れるためのワンステップでもあります。

読書する際には音読を

読書中の女性
「読書が趣味」という女性は多いと思います。
しかし、読書中は静かに黙読していることがほとんどですよね。
そこで、お勧めなのが「音読」という行為です。

目で文字を追うだけではなく、声にして文章を読んでいきましょう。
これは、「声に出す」「話す」といった行為への抵抗を少なくする効果があるといわれています。ナレーターのようなつもりでぜひ毎日の音読を習慣化させていきましょう。

しかし、中には「読書をする習慣がない」という女性もいるかもしれません。
そんな女性は閲覧している携帯サイトの文章を声に出して読んでみてください。
例えば、ニュースサイトやメディアのコラム、オンラインでの経済新聞やウェブ小説など文章であれば基本的にジャンルや種類に決まりはありません。

この方法を実践している女性の中には、「声優になったつもりで漫画を音読している」という人もいます。
自分で楽しめる方法で音読を生活習慣の中に取り入れてみてくださいね。

匿名電話アプリを利用してみる

スマホを操作する女性
最近様々なアプリが登場していますが、その中の一つに「匿名電話アプリ」といったアプリが配信しています。
文字通り、お互いに名前も性別も住所もわからないところから電話をスタートするアプリで、お互いに顔も見えません。
しかし声だけはつながるので、知らない人と会話を交わすことは可能です。

「知らない人と話すなんて不安」と思うかもしれませんが、知らない人だからこそ話せることも少なくありません。
顔が見えない分緊張も少なくなりますし、素直に「人見知りの克服をしたい」と話すのもありでしょう。

ただし、中には出会いを目的とした悪徳な利用者もいるので「会わない」「個人情報を話さない」を徹底してくださいね。

挨拶は自分から

手でささやく女性
「自分から声をかける」ということも非常に重要です。
受け身でいることに慣れてしまうと、だんだんと「話しかけてもらわないと話せない」という状況に陥ってしまいます。
さらに、それが深刻化すると、「人と話すことが苦手」という状況を生んでしまうのです。

自分から挨拶をするのは始めのうちは少し抵抗があると思います。
「返してもらえなかったら」「自分から挨拶する自分が他人からどう見えているのか」など、不安要素も多いと思いますが、ぜひ思い切って自分から挨拶することを始めていきましょう。

だんだんと、自分から話しかけられるように改善されていきますし、気分も前向きになりやすくなります。
特にコミュ障に悩む人に効果的なのでぜひ実践してみてください。

日記を書く

日記帳
その日の出来事をつらつらと書く日記は、人見知りやコミュ障の克服に意外と大きなメリットをもたらしてくれます。
日記には、「自分を振り返ることができる」「会話のネタになる部分を見つけられる」といった要素があります。
自分を振り返ることで自分を客観的に見ることができ、人見知りやコミュ障の原因、具体的な改善方法、その時の気持ちなどを把握することができます。考え方を変える一歩にもなるのでおすすめ。

また、日記を続けると「会話のネタ」も積み重なっていきます。
「日記を書いている」という事実そのものも会話のネタになりますし、その日あったことを日記に記しておくことで、「この前こういうことがあった」とふと思い出すことができます。

楽しい話や、面白い話、タメになった話などは聞く側も非常に興味深いもの。ぜひ今日から日記をつけてみてはいかがでしょうか。

気にするほど周囲が自分を見ていないことに気づく


人見知りやコミュ障に悩む人の多くは「自分がどう見られているか」を非常に気にします。
その結果「変な人だと思われたくない」「嫌われたくない」などの理由から、積極さが失われていきコミュ障や人見知りを引き起こしてしまうことがあるのです。

しかし、実際他人はそこまで自分のことを見ていません。
会話の際には目を見て話しますが、ただそれだけ。
「この人変だな」「イヤな人」なんていちいち会話のたびにチェックしていないのです。

だからこそ、細かいことは気にせず「会話そのもの」を楽しむことが大切。
周りの目を気にしなくなると、スッと心も軽くなりますよ。

まとめ

女友達
人見知りやコミュ障に悩む人は決して少なくありません。
しかし、毎日の生活習慣を意識してみたり、考え方を改めてみたりすると、意外と改善されていくことは多いもの。
今回の記事では今日からできる習慣について紹介したので、さっそく自分に合ったものを実践してみてはいかがでしょうか?

疲れる…でも群れたい…Facebookうつ・SNS疲れのあなたへ疲れる…でも群れたい…Facebookうつ・SNS疲れのあなたへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:粕谷麻衣

著者の記事一覧

過去の取材経験をもとに、Lierでは正しい美容法や健康などについて紹介しています。
いつまでも若々しくいたい女性のための「本当のアンチエイジング」や、流行に惑わされない「美容の真実」について発信していきたいと思っています。
また、夜の世界の取材経験から得た「人間関係」「恋愛」の悩みについても明かしていきます!







関連記事











ページ上部へ戻る