秋にやってくる疲れは「秋バテ」かも?対策と予防を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏も過ぎて秋が来ました。
暑さもやわらいで過ごしやすい気候になってきましたが、みなさんは「秋バテ」していませんか?

秋になると心身に不調が出るけど何で?
季節が変わってから集中力が続かない…
あまり眠れなくて身体がダルい…

秋になってから、こんな悩みを抱えていませんか?

そして、女性の2人に1人が夏から秋に入って身体の不調を実感していると言われています。
もしかしたらあなたの悩みも秋になるとやってくる秋バテかもしれません。

今回は、秋になると訪れる心身の不調「秋バテ」についてご紹介します。

 

秋バテとは?

「秋バテ」は、暑さが一段落して過ごしやすくなった秋口に、体のだるさや疲れ、食欲不振などの体調不良を抱えている状態です。

秋バテには2つのタイプがあります。
①夏から秋まで体の不調が続くタイプ
②夏は元気に過ごせていたけど秋になると不調が出るタイプ

この2つのタイプに当てはまる方の特徴は、以下のような生活習慣を送っている可能性が高いです。

・冷房がきいて涼しい部屋が快適に感じる
・冷たい飲み物を好んで飲む
・夏場は冷やした果物を好んで食べる
・夏はお風呂よりシャワーを使うほうが多い
・紫外線対策をしっかりしていない
・家や職場の冷房温度が25度以下

このような習慣が夏の間に続くと、秋になってから体調を崩しやすくなると言われています。

 

秋バテの症状

秋バテにはいくつか症状があり、以下の症状に当てはまる方は夏の疲れによる秋バテになっている可能性があります。

・体がだるい
・疲れやすい
・胃がもたれたり食欲が出ない
・頭が冴えない
・睡眠不足
・頭痛やめまい
・ストレスを感じやすくなった
・目の疲れや肩こり

 

秋バテになる原因

気温差による自律神経の乱れ

気温の変化は、自律神経の働きに大きく影響を与えます。
それは、自律神経には気温の変化に対応するために、体温の調節や代謝の働きを調節する役目があるからです。

最近では真夏の平均気温が高くなったり、猛暑日が長期に渡って連続することから、知らないうちに体を酷使していることがあります。
そんな夏の疲れが抜けないまま秋に入ると、季節の変わり目による気温差で自律神経の負担は増えてしまうのです。
また、屋内外だけではなく、朝と夜の時間ごとの気温差に体が対応する内に、自律神経が乱れてしまいます。

冷房や冷たい飲み物

夏の間は、30度を超える屋外と、エアコンが効いた25度前後の屋内という10度近い温度差の中を行き来しています。
この温度差が積み重なることで、体や自律神経に負担を与えてしまうのです。

自律神経は、気温が高く暑いときは体内の熱を出すために末梢の血管を拡張させて汗を出して、体温の上がり過ぎを防ぎます。
寒いときは末梢の血管を収縮させ、体温が下がるのを防ぎます。
夏場の暑い屋外、涼しい屋内の行き来を繰り返すことで、知らず知らずのうちに自律神経が狂ってしまうのです。

秋といっても冷たい飲み物を飲んだり、エアコンがついたオフィスやお店に居ることだってあると思います。
そうすると体が冷えてしまい、自律神経の乱れや血のめぐりが悪くなってしまいます。
また、冷たい飲み物や食べ物を摂ると、胃の温度が体温の約37℃から約25℃まで下がってしまうので、血液の流れが低下して胃の働きが悪くなるのです。
胃が冷えると胃液の消化力が低下してしまい、冷たいものを胃に入れるのを繰り返すとどんどん胃が弱くなってしまいます。

低気圧など気候の変化

高気圧が多い夏や冬の天候に対し、秋や春は低気圧の日が多いと言われています。
低気圧になると空気中の酸素濃度が低下するので、体がそれに対応しようとして自律神経に負荷がかかってしまいます。
低気圧によって酸素が薄くなると、息苦しさで呼吸が乱れてしまい、自律神経も不安定になってしまうのです。

また、低気圧は血管を拡張させるので、リラックスする自律神経の副交感神経を優位にさせます。
なので、集中力や思考力が低下したり、倦怠感などの不調が起きたりするのです。

食べ過ぎ

食べ過ぎることも、秋バテの原因になるのです。
食べ過ぎると胃が活発になって、ガストリンという胃液の分泌を促すホルモンが出ます。
胃液がたくさん出ると食道に逆流してしまい、胸焼けを起こしやすくなるのです。

また、腸にまで胃液が流れてしまうと、腸が胃の働きを止めようと指示を出すので、胃の働きが悪くなると言われています。
これが秋バテに起きる症状の1つ、食欲不振や胃もたれなどに繋がるのです。
美味しい食べ物や、実りの季節として「食欲の秋」と言われていますが、食べ過ぎには注意しましょう!

 

秋バテの解消法

今日からでも出来る秋バテの解消法をご紹介します!

ぬるめのお湯に浸かってリフレッシュ

38~40℃のぬるめのお湯に浸かって、寝る直前に10~20分かけてゆっくりと入りましょう。
湯船に浸かることで副交感神経が優位になり、リラックス効果や血流改善、質の良い睡眠や胃腸の機能を向上させる効果が期待できますよ。

また、湯船の中で足をマッサージしたり、頭皮をマッサージしてコリをほぐすこともオススメです。
お風呂で温かくなっている中でマッサージをすることで、老廃物や疲労感を取り除くことができます。

適度な運動をする

運動不足は、老廃物を体に溜め込んでしまう原因になります。
オススメは、ウォーキングです。
20~30分程度の時間を使って、歩幅を大きくして早歩きするのがコツになります。
ウォーキングをする際は水分補給も忘れずにおこなってくださいね。

また、ウォーキングをする時間や余裕がない!という方は、エレベーターやエスカレーターがあっても階段を上り下りしたり、電車の中では座らずに立つといった日常のちょっとしたことから意識してみてみましょう。

適度に運動習慣を取り入れることで、自律神経の機能が改善されますよ。

睡眠と休養をしっかりとる

秋バテの改善には、ゆっくりと休養をとって睡眠不足にならないようにしましょう。
外へ出てリフレッシュするのも良いですが、たまにはしっかりと自分を休ませてあげる日を設けてみると良いですね。

また、心地よい睡眠を得るために、寝る前にゆっくりと腹式呼吸をしましょう。
仰向けに寝てお腹に手を置き、ゆっくりと鼻から大きく息を吸い、口からゆっくりと息を吐き出してください。
この腹式呼吸を就寝前に10回ほど行うことで、副交感神経が優位になってリラックスした状態で眠りにつくことができますよ。

体を温める食事をとる

秋バテ解消に効果的なのが、体を温める性質「温性・熱性」を持った食材です。
夏場で冷えてしまった体を改善するためには、体の内側から温める食材をとることが大切になってきます。
中でも加熱した生姜には「ショウガオール」と呼ばれる体を内側から温めてくれる成分が含まれているので、料理に生姜を使う時は加熱することがポイントとなります。

主な食材

生姜、ニラ、唐辛子などの香辛料、山椒、シナモンなど

また、血行を促進させるビタミンEが含まれた食材もオススメです。
ビタミンEは、血行を促進して自律神経を整えるのはもちろん、「若返りのビタミン」と呼ばれる強い抗酸化作用も期待されているので、女性には嬉しい栄養素と言われています。

主な食材

かぼちゃ、アボカド、オリーブオイル、アーモンドなどのナッツ類など

体を温める食材の他にも、疲れた体を回復させるレモンやブロッコリーなどのビタミンCや、レモンやお酢などのクエン酸も食事に取り入れると良いでしょう。
秋が旬の根菜である大根も秋バテ解消に効果的です。
大根には酵素が含まれていて、疲れた胃腸を回復したり胸やけなどに効果があると言われています。
そして、大根に限らず秋に旬を迎える食材は秋バテの改善に向いています。

主な食材

さといも、レンコン、山芋、しいたけなどのきのこ類、白菜、梨など

また、食事をとるときは主菜となるタンパク質を摂ることも大切です。
タンパク質は熱を生み出す筋肉の材料になり、血流の改善や鉄分も補うことができる大事な栄養素になります。
秋が旬のサンマやサバ、秋カツオやアジなどを食事に取り入れながら、元気をどんどん取り戻していきましょう!

 

秋バテ対策は身体を温めることが大切

秋バテにならないためにも、夏は身体を冷やさないようにしましょう。
次は秋バテ対策を4つご紹介します。

対策①ホットドリンクを飲む

温かい飲み物による体温の上昇は、自律神経を整え、血流を改善したり胃腸の消化機能を改善する効果があります。
まず、朝にコップ1杯の白湯を飲みましょう。
または、根菜や生姜を入れたスープなどを飲むこともオススメです。
ホットコーヒーなどのカフェインを含む飲み物は、胃酸の分泌を促すので食事中や食後に飲むようにしてくださいね。

どうしても冷たい飲み物を飲みたいときは、氷などを入れずに常温で飲むようにしましょう。

対策②日光浴をする

季節の変わり目になると眠れなくなるということはありませんか?
そんな不眠を解消して、質の良い睡眠を得るために朝一番で日光浴を行いましょう。
時間の目安は30分程度です。
朝の太陽を浴びながらウォーキングや散歩するのも良いですし、何もせず日光浴をするだけでも効果はあります。

太陽の光には睡眠ホルモンのメラトニン分泌を助ける働きがあると言われていて、スムーズに眠りやすい身体作りを助けてくれますよ。

対策③目もとを温めてリラックス

目もとを温めることで、高いリラックス効果が期待できます。
目もとの温めは手軽にできる上に、短時間で温かい温度を感じやすい場所です。
その目もとをホットアイマスクや蒸したタオルで、熱すぎず心地よいと感じる40℃程度の蒸気で約10分温めましょう。
交感神経が優位になってリラックスできますよ。

対策④夏場は麻や綿のストールなどで対策する

職場や電車の中など自分で温度調節ができないとき、通気性の良い麻や綿などのストールをうまく活用しましょう。
上半身が冷えると思ったら首や二の腕に巻き、下半身が冷えるときは太ももや腰まわりに巻くと良いです。
首や二の腕、腰まわりや太ももなどは太い血管や大きな筋肉があり、効率よく身体を温めることができますよ。
また、肌に直接貼れる温熱シートを使ってみるのも良いですね。

 

おわりに

いかがでしたか?
季節の変わり目は、心身の不調が出やすいと言われています。
秋バテの解消法は心身に良いだけではなく、お肌や健康にも良い効果がもたらされますよ♪
これから益々寒くなっていくので、身体を温める習慣を身につけて、元気に毎日を過ごしていってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る