乾燥させないが基本!!完璧頭皮ケアを始めませんか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの頭皮は健康ですか??

普段敏感肌だという方や、アレルギーが肌に出てでしまうという方、冬場になると乾燥して痒みなどが出てでしまうという方は、頭皮もそうなのかもしれません。

頭皮は普段その全貌を目にすることがなかなかないもので、頭皮が健康かどうかというのは第3者が目を凝らして観察するかマイクロスコープなどの機材を使用して調べてみなければ分かりません。

私たちが施術中にパッと見て分かるものは頭皮の赤みや乾燥で粉が吹いているような状態、頭皮ニキビや湿疹などのできものなど。
痛みや痒みを伴うような状態ではカラーやパーマが出来ませんし、皮膚科などでも禁止されてしまうと思います。

この頭皮のトラブルは、そのほとんどが乾燥によるものだという事はご存知でしょうか。
頭が脂っぽいという方もその大元の原因は頭皮を乾燥させてしまったからというケースが多いのです。

今日はその頭皮の乾燥について、また基本的な頭皮のケアについてお話していこうかなと思います。

頭皮が乾燥するという事


ストレスや睡眠不足、乱れた食生活などの生活習慣の乱れはかなり大きな頭皮乾燥の原因となります。
生活習慣の乱れは身体の中から頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

睡眠不足やストレスの蓄積は体の血行不良を引き起こすため、新陳代謝が悪くなってしまい、頭皮の古い角質が新しい角質に変わるターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーが上手く行われないと頭皮のバリア機能が低下し、また頭皮内の水分が保持できなくなってしまう為頭皮が乾燥してしまうのです。

正常にターンオーバーが行われるようにするには、質の良い睡眠が必要です。
22時から2時までの間のゴールデンタイムに細胞の再生が活発に行われるので、この時間帯は熟睡しているという事が理想だと言えます。

他にも外的な原因としては、洗浄力の強いシャンプーを使っていることが挙げられます。
洗浄力が強いと、汚れや余分な皮脂と共に頭皮に必要な皮脂までを奪ってしまう事になってしまいます。

これによって頭皮が乾燥するのは当然ですが、頭皮はこれを何とかしようと過剰に皮脂を分泌し始めるのです。
男性は特に1日に何度もシャンプーをしていたり、爪を立てて乱暴に洗ったりすることが多いようです。
これによって頭皮や髪の毛が脂っぽい、フケヤ臭いの発生に繋がってしまうのです。

もちろん女性でも同じことが起こります。
女性に多いのは熱いお風呂に長時間入ることや熱いシャワーでシャンプーをするというようなこと。
必要以上に熱いお湯は肌のバリアをしている皮脂を一気に洗い流してしまいますので注意が必要です。

その他にも紫外線による頭皮のダメージ、冬には冷たい風が当たったりや空気の乾燥してしまうような外的なダメージ、ヒーターやエアコンの風が直接当たってしまうということも頭皮には強い刺激となってしまいます。

あとは加齢。
やはり頭皮も加齢によって潤いがだんだんと失われてしまうようになってきます。

予防として早いうちからしっかり頭皮ケアをするということはもちろんのこと、いままでしっかり頭皮のケアをしてきた方は徐々にエイジングケアに切り替えていくという事も必要だと思います。

頭皮に潤いがなくなると次のようなトラブルが起きてしまいます。
・痒み
・痛み
・フケ
・頭皮湿疹
・頭皮ニキビ
・抜け毛
・ニオイ
など。

先程も書いたように全ての頭皮トラブルは乾燥が原因で起こるといっても間違いではありません。 頭皮が乾燥することによって、水分を保つ機能や雑菌から頭皮を守るバリア機能が低下してしまうので、様々なトラブルの元となってしまうのです。

生活習慣の乱れ


これは頭皮に限ったことではありませんが、第一に睡眠をしっかり取る。
ゴールデンタイムの22時から2時の間は熟睡するようにしましょうと、私も美や健康いろいろな内容で呼びかけてきました。
毎日忙しい方はなかなか22時に熟睡なんてしていられませんというような声を聞きますが、それでもせめて0時までには就寝するという心がけをしてほしいなと思います。

毎日ではなくても早く寝られる日は思い切って早めに布団に入るのもいいのではないでしょうか。
絶対そうしなければならないとなるとそれがストレスになってしまいますので、0時までに寝れたらいいな、というような簡単な目標としてもらえるといいなと思います。

食生活ももちろん頭皮の健康に大きな影響をあたえるものの1つです。
特にビタミンが特に不足してしまうと代謝が滞ってしまうため、頭皮のターンオーバーに悪影響を及ぼします。
新陳代謝を良くするためにはビタミンAとビタミンB6を毎日の食事に取り入れていただき、なおかつバランスの良い食事を摂るよう心がけ手欲しいなと思います。

ビタミンAは牛豚鶏レバー、ニンジンやほうれん草など。
ビタミンB6もレバーやマグロなどの魚、大豆やバナナを食べるといいとされています。

他に代謝を上げるということから、適度な運動と、毎日就寝の1時間前くらいの入浴がオススメです。
就寝の1時間前にしっかり身体を温めておくとお風呂から出た後に徐々に体温が下がっていき自然な眠気を誘います。
これによって質の良い睡眠が取れるようになりますので意識的に入浴時間を調整されるといいのではないでしょうか。

シャンプーによる乾燥


シャンプーは本来髪の毛の汚れを落とすという役割のほかに頭皮や髪の毛を健やかに保つという働きを担っていると思います。
そのシャンプーが頭皮のトラブルを引き起こす元凶となってしまっているというのは何とも悲しい話です。

最近は市販であっても頭皮に優しい界面活性剤を使っていると書かれているものが多い中、それでもやはり安いシャンプー剤が頭皮に良良質な洗浄剤を100%の割合で配合できているかというとそれは不可能ではないかなと思っています。

頭皮や髪の毛の汚れというものは7割はお湯で落ちてしまいます。
残りの3割をシャンプーで落とす。
なおかつ必要な皮脂までは洗い流さず、さらに頭皮に必要な栄養分を補充するというのが私たちの望むシャンプーの本来の姿です。

よく、市販のシャンプー剤でおすすめはありますか?というような質問を受けますが残念ながらありますよとは言えません。
お顔に使う化粧品と同じだと思えば、自分に合った刺激のない良質なものを選ぶのが当然ではないかなと思います。

そして、シャンプーは1日に2回もする必要はありません。
洗顔も同じです。
朝シャンという言葉がかなり昔に流行りましたが、朝シャンプー剤を使う必要はないのです。
朝は流す程度、顔もぬるま湯で洗えばいいのです。
1日のおわりに1日かけてついてしまった汚れ、メイクを落とす為にシャンプーや洗顔剤を使います。

朝は頭皮も顔もひどく汚れてはいませんので、必要な皮脂を洗い流してしまう事になってしまいます。
朝乾燥した頭皮や顔は外的刺激を受けやすくなってしまうので自らトラブルにさらしているといっても過言ではないのです。
なので厳しく言わせていただきますが、1日にシャンプーは1回でお願いいたします。
そしてシャンプーは必ず頭皮や髪の毛にいいものを使うようにしましょう。

加齢による乾燥


頭皮の老化はなかなか早期発見とは行かず、髪の毛が痩せてきたリボリュームが減少したなどの髪の毛の変化に気づいてはじめてそれが頭皮の老化だと気づく人は多いと思います。
頭皮の老化は、顔や肌の老化と同様に乾燥やたるみなどが加速すること、それによって毛穴が痩せ、髪の毛が細くなったり、抜けてしまう、毛穴のたるみによって変なくせが出てしまったりと髪の毛にも影響が及んできます。

老化した頭皮が乾燥すると、新陳代謝がスムーズに行われなくなるため、まずターンオーバーのサイクルが乱れてきます。
新陳代謝がうまく行われない場合、免疫力も低下し様々な刺激に対応できなくなってしまいます。
様々なトラブルが起きることでさらに老化が進むという事態に陥ってしまいますのでやはり早めに予防をしておくことが大切です。

顔や腕などは、シワやシミ、肌荒れが起きればすぐにそれなりの対策をとるはずですが、頭皮は自分ではきちんと確認が出来ないために、頭皮の影響で起こった顔のたるみも顔のケアしか出来ていないというようなことになってしまいがちです。

頭皮が乾燥によって1センチ沈んでしまうと顔への影響は5センチのたるみとなって表れると言われています。
頭皮にトラブルが起こってもなかなか気づくことができず、ケアが遅れてしまうと頭皮や地肌の乾燥をさらに進めてしまうので、頭皮トラブルの症状が出てきたときには、老化がかなり進行してしまっているという事も大いに考えられます。

肌の水分量は年齢とともにどうしても減少してしまいます。
細胞自体が老化によって衰えてしまうと、保持できる水分が減ってしまい、潤いを保持できないことが大きな理由です。
特に加齢による乾燥は痒みを伴うことが多いそうなので、毎日しっかり保湿をするという事はかなり重要なケアになってきます。

頭皮ケアは頭皮用のローションによって不足しがちな栄養分と水分を補充するという事が必要です。
また、頭皮は顔の延長線上ですのでお顔に使うエイジングケアローションや美容液も十分効果的であると言えます。
まだ頭皮の老化はないと思っていても早め早めのケアの習慣をつけておきましょう。

おわりに


頭皮の乾燥は、紫外線が与える影響も大きいといわれています。
紫外線は日焼けによる乾燥のみでなく頭皮や髪の毛の細胞を破壊してしまう怖いものです。

また、乾燥の原因の1つに身体のサビといわれている活性酸素というものがあります。
活性酸素を分解する体内の酵素が減少すると、いろいろな不具合が起こってしまいます。
頭皮の乾燥だけでなく、その後のトラブルや身体の健康を考えて体内酵素を増やす食べ物や酵素を減らさない生活の見直しなども行いましょう。

頭皮トラブルは乾燥がきっかけとなる場合が多いことが分かりました。
美しい髪の毛を維持するためにも日ごろから頭皮のケアを忘れずに行ってくださいね。

頭皮にも髪の毛にも!健やかなヘアケアには炭酸がいい!?頭皮にも髪の毛にも!健やかなヘアケアには炭酸がいい!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事












ページ上部へ戻る