切りたくないけど何か変えたい・・・ヘアスタイルに迷った時のお話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔も今も同じですが、美容院に来て、「長さは切りたくないけど、何か変えたい」と言う相談をする方がよく見えます。 
美容院という場所は、長くなった髪の毛を切る、パーマやカラーをするという基本的な目的の他に、〝気分転換〟という目的もあるとわたしは思っています。
髪は伸ばしたい、でも飽きてきた。
そんな状態だと特にそのような要望が出てくるのではないでしょうか。
その都度、わたし達は現状とその方の目標を見据えた上でいろいろな提案をしてみます。
でも実際は、カットだけで何とかならないかという要望にはなかなか応えられないことも多いです。

今日は、長さは切りたくないけど何か変えたいという時にどうすべきかのお話をします。

①カットだけで何とかしたい


切れる所は前髪と顔まわりくらいです。

まず確認したいのは、どのように伸ばしていくのかという所。
今流行りの切りっぱなしのような状態でロングまで持っていきたいという場合、つまり段などはなく全て均一の長さで伸ばしたいという場合は切れるところはないという事になります。

どこを切っても目標に支障がある時は切らない方がいいというお話をさせていただきますが、唯一切るか切らないか選択肢があるのは前髪でしょう。
段のないワンレングスであっても前髪が合ってもいいのなら前髪で雰囲気を変えてあげるのは1つの手です。

たまにあるのは、伸ばしてパーマをかけたいという方。
この場合もスタイルにもよりますが、パーマは多少段を入れてあげないといけない場合もありますので顔周りや少し段差をつけてあげて軽いスタイルにチェンジするといいと思います。
基本、後ろは切っても切らなくてもあまり目に入場所ではないので、雰囲気を変えるというのは顔の周りに少し手を加えるのがいいかなと思います。

必ずどう伸ばしていきたいかというイメージを伝えた上で相談をしてくださいね。

②カラーをする


普段からカラーをしていないという方でお仕事などに差し障りないのならカラーで少し髪の毛を明るくするというのはいい方法だと思います。
ダメージが気になる、今後染め続けなければいけなくなるのが嫌だ、というような理由でカラーを嫌煙される方もいますが地毛より少し明るい程度のカラー、自分の地毛の色似合う色、おうちでのヘアケアによってそういった不安は解消されるはずです。

カラーは基本3ヶ月以内には染めていただきたいなというのが美容師としての希望です。
なぜならだいたい髪の毛は1ヶ月に1センチほど伸びてくるものなのですが、3センチ以上伸びてしまうと見た目にも綺麗とは言えない他に、 綺麗にムラなく染めるためにするべき技術が増えてしまうため少し時間がかかってしまうことになります。
カラースタイルを綺麗に維持するためには大体1ヶ月半から2ヶ月を目安にメンテナンスしてただきたい。

ですがこのカラーのメンテナンスが面倒だという声も結構聞かれます。
どうしてもという場合におすすめするのは本当に地毛より少し明るいくらいで染めてあげるという事です。
光の具合ではあまり明るいようには見えない程度ですが真っ黒よりは印象も気分もかわるのではないかなと思います。
またそのくらいの明るさであれば、地毛との差があまりないことから早々に根元や退色が気になることもないですよ。
雰囲気が変わることは間違いないので一度挑戦してみるのも手だと思います。

普段からカラーをされている方は、まず色味を変えてみるというのが1番早い方法です。
いつもはしない色や、好きな色より似合う色を提案してもらう、流行りの色に挑戦してみるなど、カラーの色味もたくさんバリエーションがありますので美容院で是非聞いてみてください。

あまりしたい色はない、という方でしたらハイライトやローライトなどのポイントカラーやゾーンカラー、グラデーションなどのデザインカラーでスタイル全体に立体感を出すという方法もあります。
カラーでスタイルを変えるならばこういった色遊びも楽しいかもしれませんよ。

③パーマをかける


髪の毛を伸ばすにあたって、パーマという方法はかなりサポート役になってくれると私は思っています。
髪の毛を伸ばすというのはほとんどが我慢との闘いです。
うねる、はねる、重たい、ボサボサ、まとまらない・・・目標に到達するまでは私たちも無下に切ったり梳いたりはしない方がいいと考えます。

魔のゾーンである肩につくくらいの長さは、伸ばすのを断念する方が多いのです。
はねるからといって少しでも長さを切れば、また切った分伸びる頃に同じことを繰り返してしまうからです。

そこで役に立つのがパーマ。
パーマで故意的に動きを出してはねやうねりを誤魔化してしまうという方法。
パーマをかけることで苦にならずに伸ばすことが出来ます。
パーマは長さを切らなくても印象はがらりと変わりますので1番おすすめできる手段です。

「パーマは失敗したことがあるからトラウマだ」
傷むイメージが強いからしたくない」
かかりにくい取れやすい」
など、パーマに対しては結構マイナスなことをお聞きすることもあります。
失敗しない方法は、思っている事や今までの失敗などをきちんと担当者に伝えるという事です。

はじめてパーマをかける髪の毛に関しては、こちらは全く情報がないのでかけてみなければわからないという賭けみたいな部分も正直あったりします。
もちろん、髪の毛の質やダメージ具合など前もってしっかり見ながらかけさせていただきますが、かかりやすいと思ったのになかなかかからない場合や、すんなりかかったのにすぐ取れてしまったというのは実際かけてみなければ分からないことなのです。
なので、過去にパーマをかけたらこうだった、こんな失敗をしたことがある、以前かけた時にかなりのダメージを伴ってしまった・・・などという情報を教えていただけると同じ失敗を回避できるのです。

パーマは綺麗にかかるとなかなかやめられないという方もいるほどスタイルチェンジに適した方法です。
少し動きが出来るだけで全体にボリューム感が出たり、軽い感じに見えたり、アレンジに幅が出来たりと毎日が楽しくなりますよ。
興味がある方は1度きちんと相談してみてくださいね。

④アレンジで乗り切る


普段髪の毛はおろしっぱなし、縛るとすればひとつに結ぶだけ、というアレンジが出来ないという方は、アレンジを覚えるだけでも十分代り映えがするのではないでしょうか。

例えば毛先を巻いてみる、その為にカーラーやコテの使い方を覚える。
うねり癖をアイロンで伸ばしてみる、その為にアイロンの正しい使い方を練習してみる。
髪の毛を結ぶにもどんな方法でどんなアイテムを使ってアレンジするのか少し勉強してみる。
これだけでも結構マンネリが解消できます。

コテやアイロン、カーラーなど、まずどんなものを購入したらよいのか、どのように使ってスタイリングするのか、簡単に出来るアレンジはどのようなものがあるのか、なんでも美容師に聞いてください。
疑問に思う事や難しいと思う事、どんなことでもアドバイスしますよ。

アレンジが出来るようになると毎日違ったスタイルが楽しめると思いますのでこれはかなりお勧めです。
また、雑貨屋さんやアクセサリー屋さんに行くと、たくさんの可愛いヘアアクセサリーが並んでいますよね。
こういったものを集めるのも絶対に楽しいですよ。

⑤ただ気分転換がしたい


ただ気分転換がしたいというだけの場合もあります。
伸ばしたいし、切りたくないし、特に何かしたいという訳ではないけれど、なんとなくスッキリしたいなという気分で美容院へ行こうと思ってくださった方。
少し毛先を整えるだけでもなんだかスッキリすると思いますし、美容院にはシャンプーやトリートメント、ヘッドスパなどのリラクゼーションメニューもあります。
シャンプーだけしに来るお客様も実際にお見えになるんですよ。
少しリラックスした時間をゆっくり過ごして頂くのもいい気分転換になるのではないでしょうか。

綺麗に髪の毛を伸ばすにはやはりきちんとしたヘアケアが必要不可欠です。
髪の毛はもちろん、頭皮のケアも忘れずにしてください。
健康な頭皮から綺麗な髪の毛は生えてきますし、頭皮が健康であれば育毛にも繋がってきます。
早く綺麗なロングヘアになりたいというなら、定期的にヘッドスパやトリートメントをすることもおすすめします。

ただの衝動なのでないのか


いろいろな美容師さんが、この長さは変えたくないけど印象を変えたいというオーダーについて様々な意見を言います。
切りたくない場合は切らない方がいいと返答する方も多いようですし、やはり伸ばしていくうえでの倦怠期からの衝動であるという事も大いに考えられるのは確かかなと思います。

ここで前髪だけをバッサリ切ったとしても、後々後悔することにならないのかをよく考えてみてください。
1番大切なのは始めの方でも触れましたが、最終的にはどうなりたいのかという目標からぶれないことだと思います。
前髪のないスタイルが目標なのに、この倦怠期の衝動によって前髪を切ってしまったら、伸ばすという目標はリセットされてしまいます。
なので決断をする前に、1度目標としていた画像なんかを確認してよく考えてみることも大事かなと思います。
そんな場合にはやはり気分転換のヘアケアなんかをすればスッキリするのではないでしょうか。

おわりに

迷うという事は誰にでもあることで、迷っているから相談したいという予約も私たちは大歓迎です。
髪の毛を長く伸ばすというのはかなり大変な我慢がいりますし伸ばしていく上でたくさんの障害も出てきたりします。
それを何とか乗り越えていくために、遠慮なく美容師を頼っていただけたら嬉しいなと思います。
せっかく伸ばすのなら健康で美しい髪の毛を維持してほしいですしそういったことを踏まえて現時点での最善策を一緒に考えていけたらなと思います。
道のりは長いかもしれませんが楽しみながら髪を伸ばしていけるといいですね。

美容院へはどのくらいの頻度で行くべき?美容師が教える髪型別メンテナンス美容院へはどのくらいの頻度で行くべき?美容師が教える髪型別メンテナンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る