美容効果も??オルニチンで疲れも臭いもサヨウナラ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オルニチンってご存知ですか??
よく耳にするのはオルニチンが肝臓の働きを助けることから二日酔いなどに効果的だということ。

ですがお酒を飲んでいなくてもオルニチンは毎日の健康をサポートしてくれる、それだけではなく美容にも効果があることが分かっているのです。

今回はその中でも、日々の疲れや気になる臭いまでオルニチンが解決してくれるという情報を耳にしましたので調べてみることにしました。

オルニチンってなに???

オルニチンは、アミノ酸の一種です。

オルニチンは食べ物からしか摂取出来ない必須アミノ酸や体内に存在し合成できる非必須アミノ酸のように臓器や骨、筋肉、血管などの元となるたんぱく質を構成する成分として働いているのではありません。

オルニチンはたんぱく質と結合はせず、1つのアミノ酸単体で存在しており、肝臓をはじめ筋肉などの組織だけでなく、血液に溶け込んで全身を回っている特殊な成分なのです。

オルニチンのようなタンパク質とは合成しないようなアミノ酸のことを遊離アミノ酸と呼びます。

遊離アミノ酸は身体の中の他のアミノ酸の量を調整することが出来るもので、不足すれば自らがその穴を埋め、増えてしまった場合は余分なアミノ酸を血液中に放出するのです。
私たちの身体には必要不可欠なアミノ酸を監視しながら管理するような役割を担っているのですね。

そんなオルニチンは血中に存在し身体中を巡回しながらも、特に肝臓のサポートを熱心にしているのだそうです。
肝臓は7割から8割を失ってしまっても半年ほどで元の大きさに戻るというような驚きの再生力を持っています。

それほど外部からのダメージには強いという反面、病気などにかかってもなかなか発見がしにくいという点も挙げられます。
そんな肝臓にオルニチンはいくつかのサポートをしていますが、特に大きな役割の中に“解毒”というものがあります。

オルニチンは身体にとって有害なアンモニアを解毒し、無害なものに変換するための回路を作る働きをします。
この回路はオルニチンサイクルと呼ばれています。

オルニチン回路はアミノ酸の代謝や、食べ物の分解・消化、激しい運動をした後に発生する有害物質のアンモニアを解毒し尿素に変換します。

アンモニアが尿素に変換された後は、オルニチンは再生されて再び回路に戻ります。

こうして有害なアンモニアが悪さをすることを防いでくれているのです。
このような働きのおかげで、肝機能が向上し二日酔いも改善出来るのです。

疲労を改善する?

ここまでのオルニチンの働きを見ていくと、タイトルにある疲労や臭いの改善がなんとなく紐解けてきたような気がします。
先程少しだけ触れましたが、激しい運動などのあとは体内にアンモニアが溜まりやすくなります。

これが蓄積することで身体は疲労感を感じるようになるのです。
アルカリ性物質であるアンモニアが体内で増え過ぎてしまうと、エネルギーの代謝や老廃物の排出が出来なくなってくるだけでなく栄養が細胞に行きわたらなくなってしまいます。

常に代謝がいい状態でアンモニアと共に老廃物を排出出来ると疲労も一緒に改善するのだそうです。
少し疲れたな、と感じるようであれば積極的にオルニチンを摂取することをおすすめします。

臭いの改善も・・・

肝臓はオルニチンによってアンモニアを解毒するという事が分かりましたが、肝臓の調子が悪くなるとアンモニアがうまく分解されません。

血液中にアンモニアが増えると、それは汗と一緒に排出される・・・という事は、あのツンとした酸っぱい汗の臭いはアンモニアだという事。

他にも脂の多い食事ばかりしていると肝臓や胆のうが弱ってしまいます。
それによって血液中に脂や酸化分解物が増えてしまい、皮脂腺から酸化した状態で分泌され、加齢臭のような脂臭さを放つようになってしまいます。

つまり、解毒機能を持つ肝臓の働きが低下することは体臭の原因となってしまうのです。
やはりそれを防ぐためにもオルニチンを不足させないように気をつけなければいけません。

老廃物を排出できるという事は!!

美容の大敵は老廃物といっても過言ではありません。

オルニチンが体内の老廃物を排出出来るという事は、疲労や臭いの改善だけでなく美容にも効果があるのではないか・・・と思ったらビンゴでした。

体内に老廃物が溜まることで肥満の原因となったり、肌荒れを引き起こしてしまったりすることはご存知ですよね。

もちろんオルニチンだけに頼ってもいけませんが、体内の毒素を排出するためにオルニチンを積極的に取り入れるのはありではないでしょうか。

ダイエットに効果あり

まず肝臓で生成されているコレステロール。
コレステロールは悪玉であっても善玉であってもそれは身体には必要なものです。

ですがコレステロールは適切な数値を保っていなければ病気や肥満になりやすくなってしまう脂質の一つなのです。

残った分のコレステロールが身体に蓄積していきますが、摂取する量が多ければ、それ以上体内でコレステロールを作らないよう肝臓がそれをコントロールしてくれています。

それに対してオルニチンはコレステロールの適量を調整するために、有効に胆汁に合成するという働きもします。
摂取したコレステロールは7割から8割を胆汁として合成するそうです。

ですが肝機能が下がってくればやはり上手くコレステロールを処理できなくなってしまいますので、日ごろからコレステロールの量にも気をつけながらオルニチンを積極的に取り入れれば、より効率的にコレステロールを合成し、コレステロール値が高くなることも予防できるはずです。

病気の予防に加え、肥満防止にも一役買っています。
その他にもオルニチンは成長ホルモンの分泌を活発にする働きもありますので、それによって筋肉量が増えることで基礎代謝が上がり脂肪燃焼効果が期待できるそうです。

肝臓は、アルコールの摂取や食べ過ぎ、運動不足も運動のし過ぎでも、そして睡眠不足やストレスを溜めてしまうなどでもダメージを受けやすい臓器だと言われています。

という事は機能を低下させないよう、オルニチンの摂取と共に日ごろの生活習慣の見直し、少し意識的に運動を取り入れることで健康的に痩せることも可能だということになります。
そのことを踏まえて、オルニチンによるダイエット注目を集めているのだそうです。

美肌を作る

先ほどオルニチンは成長ホルモンを活発に分泌させる働きがあると書きましたが、年齢と共に減少していく成長ホルモンを何とか減らさない為にもオルニチンは摂取するといいと思います。

肌は22時から2時までのゴールデンタイムに成長ホルモンの働きによって細胞が生まれ変わり、またターンオーバーが正常に行なわれるようになります。

バランスの良い食事と質の良い睡眠を心がけ、オルニチンの力を借りて美肌作りを促しましょう。

オルニチンの摂取方法

オルニチンは1日の摂取量が500mgから1g程度と言われています。
またオルニチンは体内に留まることをしない成分なので各食事からバランス良く摂取することが理想的です。

ですが、例えば二日酔いを防ぎたいなどのある1つの目的を持ってオルニチンを取り入れたい場合は、摂取するタイミングわ、測るとより良い効果が期待できると言われています。

二日酔いを防ぎたいならもちろんお酒を飲む前となりますが、飲んだ後も摂取するとより効果的だそうです。
疲れを取りたい場合は寝る前。

美肌作りやダイエットの為に成長ホルモンを活性化したいのであれば起きてすぐ。
筋力をつけたい、効率よく運動したいなら運動する前。

全般的に肝臓の働きを高めたいのであれはやはりバランスよく食事と共に摂取するのがよいと思います。

オルニチンを摂取する際の注意点

1日必要な摂取量を多少超えても
そこまで特別何か起こるということはなさそうですが、10gを超えて摂取した場合に、胃痛や下痢などが報告されているそうです。

オルニチンは基本的には身体の中にある成分ですので、さほど張り切って摂取しなくても大丈夫なのだといいます。
しかも、食べ物は含有量がごくわずかなので、もしサプリメントからオルニチンを摂取したいという場合は、食事の内容にも気をつけないと過剰摂取を引き起こしてしまう可能性があるということは注意しなければなりません。

また、サプリメントを使う場合は持病の薬を服用している方、妊娠中・授乳中の方は服用前に必ず医師に相談をするようにしましょう。

オルニチンが含まれる食品

オルニチンは、割とレアな成分なので、オルニチンが含まれている食品は限られています。
オルニチンが多く含まれていることで注目を集めたのはしじみですね。

二日酔いの予防にしじみの味噌汁がいいというのはオルニチンが多く摂取出来るからです。
しじみは100g中に約10から15mgほどのオルニチンが含まれているそうです。

チーズ、ひらめ、えのきだけ、ぶなしめじ、エリンギ、まいたけ、枝豆、キハダマグロ

などからもオルニチンを摂取することが出来ます。

おわりに

肝臓はわたし達の身体を健康に保つため、日々フル回転で働き続ける大切な器官です。
沈黙の臓器とも呼ばれることから多少不具合を起こしていてもなかなか気づきにくいのが難点でもあります。

健康に正常に機能している場合は、いくらオルニチンを摂取しても、さほど変化はないそうですが、日頃からお酒をよく飲むという方は、アルコールを消化することにオルニチンが使われてしまいますので、他に不具合が起こりやすいリスクがあるのは確かです。

また加齢によってもオルニチンは減少しやすいので、そういった方は特に、意識的にオルニチンを摂取するといいと思います。

また先ほども書いたように、オルニチンによって深刻な副作用があるということは報告されていませんので、1ヶ月くらいの短期間で用法用量を守った上でためしにサプリメントを使ってみてもいいかもしれませんね。

美や健康は、わたし達の身体の至る場所から作られています。
身体中がバランスよく健康であるということが美しさを作ると言っても過言ではありません。

自分の欠点や不安な箇所を補いながら、美も健康も維持して行きたいですね。

食べるだけで痩せ菌が増える?スーパー大麦とは食べるだけで痩せ菌が増える?スーパー大麦とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る