これは美味しい‼︎全国お豆腐お取り寄せ情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お豆腐を毎日食べているうちに「もっと美味しいお豆腐が食べたいな〜!」と思ったことはありませんか?

ここ数年「たまにはちょっと美味しいものが食べたい」という意識が高まっており、お取り寄せブームの勢いはさらに増している様子です。
とくに女性たちがお取り寄せする食べ物にはヘルシー!美味しい!美容にいい!の3つのキーワードが欠かせません。
今、この3つの条件を見事に満たし、たくさんの女性たちが夢中になってお取り寄せするのはお豆腐屋さんのこだわり豆腐なんです!

お豆腐屋さんが作る「豆腐」はやっぱりすごい!


みなさんは普段、どこでお豆腐を買っていますか?
いまやスーパーでもコンビニでも、それこそドラッグストアでも売られているというのに、それでもたくさんの女性たちがわざわざお豆腐をお取り寄せするのは、お豆腐屋さんのお豆腐が色々すごい!からなんです。

今現在、スーパーやコンビニで売られているお豆腐のほとんどは充鎮豆腐といってパックの中に水が入っていないタイプのお豆腐がほとんどです。
パックに水が入ったタイプのお豆腐だと大きくて使いきれないから・・・という時に重宝する、小さいサイズの3個パックのお豆腐がこれですね。
一人暮らしや家族が少人数の方にとっては大変使い勝手のよい充鎮豆腐ですが、このタイプのお豆腐というのは冷たい豆乳ににがりを入れ、先にパックに詰めてからボイルして冷まし固めたものなんです。
この作り方は昔ながらの豆腐の作り方に比べて少ない量の大豆で作ることができ、またパックに入れてから固めるので形が崩れる失敗が少なく、ロスがあまりでないのだとか。
また豆腐は水から腐ってきますが、パックに水を入れる必要のない充鎮豆腐は、腐りにくいので賞味期限が長く、日持ちするといった良いところがあります。

大豆・豆乳の美容健康効果

そして一方、昔ながらの製法で作られたパックに水が入っているタイプのお豆腐は、温かい豆乳ににがりを入れて、混ぜ固めてからパック詰めしたものです。
この製法ですと、豆乳のたんぱく質が多くないと固まりませんので、お豆腐作りに使う大豆の量は必然的に多くなります。
充鎮豆腐に比べると材料も手間もかかりますが、栄養価が高くしっかりとした食感と大豆の風味を感じられるのがこのタイプのお豆腐の良いところです。

ただ、それでもスーパーのお豆腐ってものすごく安いですよね?
それは大豆やにがり、そしてお水の品質が大きなポイントになります。
お豆腐屋さんの豆腐は、大豆の栄養をぎゅっと濃縮できる昔ながらの製法で作るほか、原料になる大豆やにがり、お水にもこだわりをもって作られているため、スーパーのお豆腐とは格段に「味」と「栄養」に優れ、そして使う原料そのものの「安全性」も高いんです。

※決してスーパーやコンビニのお豆腐が、品質がよくないとか危険というわけではありません

【岐阜県】豆の匠 中島豆腐「金胡麻豆腐&おすすめ商品セット」

まず最初にご紹介するのが、岐阜県にある『豆の匠 中島豆腐』さんのお豆腐です。
「せっかくお取り寄せするなら、ちょっと変わったものがいいな〜」というお取り寄せ心をくすぐるお店です。

岐阜県は恵那山麓に流れる清冽な水をふんだんに使い、選りすぐりの大豆とこだわりのにがりを秘伝の技術で炊いて仕上げた本物のお豆腐は驚くほどなめらかな食感!
まるでプリンのように食べやすく、そのまま食べて「美味しい!」と感じられる至高の一品。

“ツウ”向けのお取り寄せ豆腐♪

御豆腐

冷奴やざるどうふなどの冷たいお豆腐が好きな方、本格的な美味しい胡麻豆腐が食べたい!という方にぜひチャレンジしていただきたいです。

ちなみにこちらの中島豆腐さんは有名デパート高島屋などにも入っているお店ですので、デパ地下に一度足を運んでみてもいかもしれませんね!

【東京都】染野屋「伝統手造りセット」

毎日のお豆腐ライフをより美味しく、そして安心なものにしたい♪という方はぜひ『染野屋』さんのお豆腐がおすすめです。

『染野屋』さんのお豆腐は、とにかく天然の原料を使うことにこだわって作られており、「国産丸大豆」「天然海水にがり」「南アルプスの天然水」をはじめとする保健所検査で雑菌の検出数ゼロの清浄な天然水を使用して作られています。

王道のお取り寄せ豆腐♪

染野屋 お豆腐手造りセット

通販にありがちな「こだわりすぎて味の癖が強い!」といったタイプではなく、毎日の食卓にさらりと出せる飽きのこないお豆腐です。

今はあまり見かけなくなりましたが、染野屋さんが目指すのは「ぱ〜ぷ〜♪」とラッパの音と共に現れる昔ながらのお豆腐屋さんなんだそう。
特別なお豆腐屋さんになりたいわけじゃない、毎日食べるお豆腐を作るお豆腐屋さんになりたい!そんな気持ちが、素朴ながらもしっかりとした味のお豆腐から感じられます。

【熊本県】五木屋本舗「山うにとうふ」

お豆腐はお酒のおつまみにも良いですよね!
ということで、程よくお腹も満たされてしかもヘルシーなおつまみ系豆腐でおすすめしますのは、『五木本舗』さんの「山うにとうふ」です。

五木屋さんの山うにとうふとは、良質の一等級大豆「ふくゆたか」を100%使用して作ったこだわりのお豆腐を、八百年間受け継がれてきた門外不出の秘伝のもろみ味噌に漬け込んだ豆腐の味噌漬けのこと!

ユニークなお取り寄せ豆腐♪

山うにとうふ オリジナル

お豆腐とは思えない濃厚な味とまろやかな風味から「山うにとうふ」と名付けられたそうです。

美味しくて、体に良い、しかも美肌なれちゃう最強コンビお豆腐&もろみ味噌の芳醇な味わいをご堪能ください!

【京都】京都服部「南禅寺御用達セット」

お豆腐といったら湯豆腐!大人のみなさまはきっとすでに湯豆腐の美味しさに目覚めていらっしゃる方も多いかと思います。
昆布のおだしと旨味がじんわりと染み込んだぷるぷるの湯豆腐・・・美味しいですよね!

極上のお取り寄せ湯豆腐♪

服部 大本山南禅寺御用達湯豆腐

京都の有名なお寺南禅寺にお豆腐を提供する『京都服部』さんのお豆腐。

しっかりした食べ応えのある食感と、豆腐嫌いの方でもペロリと食べれられるほど変な癖が一切ないのに大豆の旨味を感じられるお豆腐です。
「美味しい湯豆腐が食べたい!」という時は、ぜひ一度こちらのお豆腐で作ってみてください。

わたくし筆者は高校の修学旅行でこの南禅寺豆腐を食べて衝撃を受けました。
(お豆腐ってこんなに美味しいの?主役になれる食べ物だったの?湯豆腐ってこんなに美味しいものだったんだ!) と、お豆腐にまだなんの魅力も見出せていなかった女子高生に「お豆腐」とはこういうものだと教えてくれたイチ押しのお豆腐です。

【佐賀県】佐嘉平川屋「温泉とうふ」

最後にご紹介するのはこちら!お豆腐のお取り寄せ人気ナンバーワンの『佐嘉平川屋』さんの「温泉とうふ」です。
お豆腐って結局のとろ食卓の主役になかなかなれない存在・・・。
いくら湯豆腐が美味しくても、「今夜は湯豆腐パーティーよ☆」なんて盛り上がることはなく、お豆腐は地味な印象のまま。

しかし!この「温泉とうふ」は味はもちろんビジュアル的にも立派な主役を張れるお豆腐なんです!

人気No.1のお取り寄せ豆腐♪

佐賀平川屋 温泉湯豆腐

佐賀嬉野温泉の名物湯豆腐は、お鍋に調理水(セット含)と豆腐入れ、そのままコトコト煮込むと煮汁が豆乳色に変わり、とろとろのお豆腐に仕上がります!

その食感と味わいは絶品で、小さいお子様から大人まで全員納得の湯豆腐パーティーになること間違いなしの、みんなで食べれる美味しいお豆腐です。

世界が認めるヘルシー食材!「豆腐」の栄養


お豆腐屋さんが作るお豆腐は大豆の栄養をはじめ、良質のにがりと水のミネラル分が余すことなくぎっしりと詰まっています。
その栄養は世界にも認められ、今やヨーロッパの人々にも「TOFU!」と愛されています。 せっかくなのでお豆腐の栄養が持つ健康効果について少し詳しく見てみましょう!

成人病予防効果

お豆腐にはサポニンといって高血圧、動脈硬化、糖尿病、癌など成人病や大きな病気を予防する栄養素が豊富に含まれています。
それに善玉菌のエサになるオリゴ糖も豊富ですので、腸内環境が整い、便秘の解消や美肌づくりにも大変役立つ食材なわけです。

ダイエットサポート効果

ダイエット ビフォーアフター
お豆腐に含まれているタンパク質と脂質は、お肉やお魚に負けないくらい良質なものです。
ダイエット中のカロリー制限でタンパク質を減らしすぎたことで起こる筋肉量と代謝の低下を防ぐ、リバウンド防止効果もあります。
「豆腐ダイエット」なんてダイエット法があるくらいですし、何となくたくさん食べても食べても太らない食材!といったイメージがありますが、原料は大豆ですからね。
ゼロカロリー♪なんてことはないわけです。
一体お豆腐のカロリーってどのくらいなんでしょう?

気になるお豆腐のカロリー

お豆腐のカロリーは木綿豆腐一丁350gあたり約252キロカロリー、絹ごし豆腐は約196キロカロリーになります。
・・・意外とカロリー高いですよね?
これだけではいまいちピンとこないかと思いますが、他の食べ物と比べてみると、じつはお豆腐一丁あたりのカロリーは、普通の大きさのおにぎり1個分に相当するんです。
こうしてカロリーだけを見てみると「お豆腐はいくらたくさん食べても太らない食材」とはちょっと言いづらいような気がしますよね。

正しい豆腐ダイエットとは?

ダイエットをする女性
実際に筆者も冬に毎晩おかずの代わりに毎晩2丁の湯豆腐を食べる「豆腐ダイエット」をした経験があるのですが、体重は全く減りませんでした。
う〜ん、おかしいな?と思い、あらためて「豆腐ダイエット」の正しいやり方を調べてみると正しい豆腐ダイエットはこういうものでした。

1.豆腐ダイエットの基本は主食を豆腐1/2丁に置き換える。
2.豆腐だけを食べ続けるのはNG。
肉や魚の代用としておかずに使うなどして野菜も一緒にきちんと摂る。

おそらく筆者が行った「豆腐ダイエット」が失敗に終わってしまったのは、まず単純に毎晩夜ご飯として食べていたお豆腐の量が2丁と多く、カロリーを抑えているつもりがカロリーオーバーしていたこと。
そしてお豆腐に加えてご飯一膳をペロリと平らげていたことと、野菜不足も大きな原因だったようです。

つまり、お豆腐は決していくら食べても太らない食材ではないけれど、お肉をお腹いっぱい食べるよりは低カロリー!
そしてビタミン豊富なお野菜も一緒に食べれば、お豆腐に含まれるタンパク質と脂質はきちんと代謝されるから太らない!

ダイエット中の食欲を全てお豆腐にぶつけるとあっという間にカロリーオーバーしてしまうわけですが、バランスを考えた献立の上で、お肉や主食の代わりとして適量を食べれば、きちんと痩せることができるわけです。
やっぱりお豆腐はヘルシーなのね♪

と安心できたところで、今夜からさっそく「美味しいお豆腐」を食卓に並べてみてはいかがでしょう♡

ストレスを感じずに痩せられる「プチ糖質制限ダイエット」とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
イラストとライティングのお仕事をしながらのんびり田舎暮らし。
料理好きの食いしん坊で「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
8年間のエステティシャンの経験で学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。







関連記事











ページ上部へ戻る