愛され顔になる♪化粧がもっと上手くなるちょっとしたコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛され顔になる♪化粧がもっと上手くなるちょっとしたコツ

「化粧」と一口に言っても、やり方も道具もたくさんあるので、難しいと感じている方が多いと思います。
可もなく不可もなく…なんとなく無難なメイクで終わっている人も多いのでは?
さらに、皆さんがついついやってしまいがちな間違いも結構あったりするんです。

今回はメイクをもっと上手に魅せるちょっとしたコツを紹介します。
高いメイク道具なんて必要ありません。
今のメイクに疑問や不満を感じている方、何から変えればいいのか分からない方、参考にしてみて下さい♪

 

1.とにかく肌と馴染ませる!

たまに見かけませんか?
まるで陶器のお人形のように、顔が真っ白、「化粧してます!」ってお顔の人。
こういうメイクの人って、顔だけが浮いてしまいがちですし、不自然ですよね。
不自然にならないようにするには、肌と化粧品を上手く馴染ませなくてはいけません。
いわゆるナチュラルメイクですね。
雑誌にもナチュラルメイクの方法が沢山載っていると思います。
下地、ファンデーション、アイライン、アイシャドー、チークなど、すべて肌にしっかり馴染むように乗せていきましょう。

 

2.眉毛を綺麗に整える

眉毛はその人の顔の印象を左右する肝心な部分。
ここを念入りにお手入れしているかどうかで、印象が大きく変わってくるんです。
綺麗に整えている人は顔の形も綺麗に見えるし、まゆ毛もずっと書きやすくなり、メイクの時短にもなります。
逆にボサボサの人は不潔に見えるし、表情もなんだか野暮ったくなりますよね。
しかも眉毛一つで小顔に見えたり、目が大きく見えたりと、女性なら嬉しい効果がたくさんあるんです。
今まで適当に済ませていた人は、ベースをしっかり作るところから初めてみませんか?

眉毛メイクのポイントです。

  1. ナチュラル感を出すため、毛のふさふさ感を多少残し、均一にカットしない
  2. 抜きすぎると生えてこなくなるので、余分な箇所以外はハサミでカットするようにする
  3. 眉尻を眉頭より下げない
  4. ペンシルだけを使わず、アイブロウパウダーでボカし、ナチュラル感を出す

最近のトレンドは太眉ですが、濃く太~くしてしまうと、「それいつの時代?」なんて言われてしまうので注意してください(笑)
あくまで薄く自然な感じを心がけてくださいね。

 

3.ハイライトで立体的に

 立体的なメイクを施すことで、脱のっぺり顔、小顔効果も得られちゃいます。
ハイライト、というと難しそうに聞こえますが、意外に簡単なんです。
Tゾーン、口の下の顎の中央部分、頬骨から眉下に掛けた部分の3か所に入れて下さい。

愛されメイク,ハイライト,かわいい

これだけで顔の印象がガラッと変わります。
ただし、塗り過ぎには注意です。
あくまで塗ったか塗らないか分からないくらいの量にしましょう。
やりすぎてしまったら、ファンデでポンポンと修復すればOKです。

 

4.リップライナーを使う

リップメイクの時に活用したいのがリップライナーです。
口紅やグロスだけ使用している人が多い気がしますが、リップライナーは理想の唇の形にしてくれるので、とてもお勧め。
リップライナーは唇の輪郭を整える際に使います。
さらに唇を立体的に見せてくれたり、口紅やグロスを滲みにくくしてくれたりもする、優れモノです。
唇が厚くて困っている人、逆に薄くてもっと厚みを出したい方など、使い方は色々。
自分の思い通りの唇を手に入れることができますよ!
画像付きで詳しく説明しているサイトなどを参考にしてくださいね。

 

5.肌の色にあったファンデーションを選ぶ

色白になりたいあまり、自分の肌の色とはかけ離れた色のファンデを使っている人いませんか?
これも多くの人がやってしまいがちな間違いです。
ですが、ファンデーションなんて山のようにあるし…自分に合った色なんてどうやって見つければいいか分からないですよね。
ひたすら試せばいいの?と言われれば、それも一つの手です。
でもそんなの面倒ですよね。
愛用しているブランドのコスメカウンターでアドバイスを貰う事が手っ取り早いと思います。
もう一つポイントを言うと、ファンデを選ぶときは首と顔の境目の色を参考にした方がいいです。
手の甲につける人がたくさんいますが、首と顔と手の甲、それぞれ色は違いますよね?
フェイスラインをチェックして、できるだけ浮かないような色味を選ぶようにしましょう。

 

6.自分に合った色のコスメを使う

ファンデーション同様、自分の顔に合った色のコスメを使うようにしましょう。
「自分に合う色って言われても分からない…」これが皆さんの本音だと思います。
でも、顔をタイプ別に分けて考えると、とっても簡単なんです。
ざっくり分けるとこんな感じです。

  1. 童顔系…丸い目、丸い頬でお人形のような顔(益若つばさ、佐々木希など)
  2. ハンサム系…可愛いとカッコいいの両方の要素を持つ顔(桐谷美鈴など)
  3. ナチュラル系…素肌が綺麗で全体的に薄い印象の顔(蒼井優など)
  4. 小動物系…顔のパーツが小さく、ピュアな印象の顔(宮崎あおい、小西真奈美など)
  5. スイート系…可愛い印象で、天然っぽさを持った顔(トリンドル玲奈など)
  6. クール系…ハンサム系よりスッキリした顔立ち(黒木メイサ、柴崎コウなど)
  7. 品系…大人っぽい印象で気品や色っぽさがある顔(吉瀬美智子など)
  8. 派手系…とにかく顔のパーツ一つ一つがはっきり、くっきりしている顔(森泉、ローラなど)

あなたの顔はどんなタイプですか?
参考に挙げた芸能人のメイクを真似してみると、あなたの印象に合った仕上がりになるかもしれません♪

 

おわりに

色々な顔があるように、メイク道具やメイク方法もたくさんあります。
その中でも自分に合った方法を見つけてみて下さいね。
愛され顔になるキーワードは「ナチュラル」+「自分の顔のタイプに合うメイクをする」です。
あなたも愛され顔を目指して頑張ってください!

参考元:all women stalk
Photo by Ivan McClellan Photography

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事






ページ上部へ戻る