オリジナル香水を作るために必要な8つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分だけのオリジナルの香り♪手作り香水の作り方8つのステップ

はじめに

料理や裁縫など自分で一から何かを作ることが好きな女性は多いのではないでしょうか。
お金で簡単に手に入るものよりも愛着が湧くし、なにより出来上がりを想像しながら作る過程が楽しいんですよね。
著者も昔から何かを作るのが好きで、昔はテディベア作りにはまったり最近では無添加化粧品を作ってみたりしています。
手作りといえば、服などの日用雑貨やぬいぐるみを作っている人はよく聞きますが、香水を手作りで作っているという人はあまり見かけませんよね。
香水を作るのはかなり難易度が高そうなイメージがありますが、もし自分で作れたとしたらすごく素敵ですよね。
そこで今回は初心者でも出来る、自分だけのオリジナル香水を作るために必要な8つのステップをご紹介したいと思います。

 

1.ベースオイルを選ぶ

まず香水のベースとなるオイルを選びましょう。
ベースとなるオイルには、アロマセラピーでも使用されているホホバオイル、アーモンドオイル、ココナッツオイルなどがあります。
ベースオイルは他にもたくさんの種類がありそれぞれ異なる特性を持っているので、オイルの効能や特徴を調べて自分の香水に合った最適なオイルを選びましょう。

2.エッセンシャルオイルを選ぶ

次に、香水作りで一番大切なその香水の匂いとなるエッセンシャルオイルを選びます。
ここで気をつけることは、香水は肌に直接つけるものなので100%ピュアじゃないものや匂いがすぐ消えてしまうような粗悪品は避けるようにしましょう。

3.好きな香りを選ぶ

エッセンシャルオイルにもさまざまな種類があり、どれを選べば良いか分からないかもしれませんが、最近ではよく雑貨屋さんの店頭でもエッセンシャルオイルを並べているところが多いので、自分の好きな香りがどのような香りなのか調べてみると良いでしょう。
エッセンシャルオイルをブレンドしてより複雑な香りを作ることも出来るので、少し詳しくなってきたらぜひブレンドも試してみてくださいね。

4.練り香水かスプレータイプにするか決める

練り香水かスプレータイプにするかによって材料も変わってくるので、香水を作る前にはどんな香水が作りたいのか、その香水に何を入れるのかをあらかじめ決めておき、材料を集める必要があります。

5.香水の容器を選ぶ

アロマセラピーのショップなどでいろいろな種類の容器が手に入ります。
練り香水なら小さなクリーム用の瓶を選んだり、スプレータイプならそれ専用の容器を選びましょう。
一般的にお店で手に入る香水と違って保存料を入っていないので、日光が当たってすぐに痛まないように遮光瓶を選ぶようにしてください。

6.材料を使いすぎないように注意する

初心者が陥りがちなのがいろいろな材料を使いすぎて、もっとシンプルに出来るところをすごく複雑な香りにしてしまい、結果的にあまり自分の好みの匂いにならなくなってしまうということでしょう。
自分の好きな匂いのオイルを一つだけ使ったり、シンプルにしたほうが結局良い匂いの香水になることも多いので、あまり詳しくないうちはあれもこれもと材料を使いすぎないようにしましょう。

7.塩を加える

このテクニックを使っている人はあまりいないと思いますが、エッセンシャルオイルで香水の香りを決めた後少し塩を加えることで、アクセントとして潮の香りをほんのりつけることが出来ます。
普通の香水より一味違った香りになるので、ぜひ一度試してみると良いと思います。

8.香水の保存期間を把握しておく

先ほど話したように基本的に手作り香水には保存料を入れないので、大体1週間から2週間くらいしか持たないと思います。
なので、あまり一度にたくさん作り過ぎないようにして、作ったら中身を捨てる日のラベルを容器に貼るなどして、作った香水をいつまで保存できるか把握しておくようにしましょう。

 

おわりに

香水を作るために必要な8つのステップはいかがでしたか?
今回ご紹介したのは、レシピではなく香水を作る際に最低限必要な手順だけなので、実際に初めて作るときには本やインターネットでほかの人のレシピを参考にしてみると良いでしょう。
いろいろな香りの香水を作っていくうちに、世界で一つの自分だけの香水を作れるようになったら素敵ですね。

参考元:all women stalk
写真提供:Eneas

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ana

著者の記事一覧

ライターのAnaです。
海外で楽しくもストレスマックスの生活を送っており、そんな経験からいつのまにやら健康オタクに。
専門は心理学、趣味は語学と読書で、新しいことを勉強するのが大好きです。
Lierではライフスタイル記事を中心に健康や心理学関連について書いていきます。

関連記事






ページ上部へ戻る