みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頭を抱える女性

ドライヤーの収納。
コードがついているからでしょうか?
しまいにくい。

どこにしまえばいいのか困っているというお話を伺いましたが、正直私はしまうという感覚がありません。
美容院に勤めているからですかね。
コードさしたままのぶら下げスタイルが主流です。
むしろすぐに使えないと不便なのです。
セット中は特に、ブローしたい瞬間があるので、サッと取れるのがベスト。

ということから、我が家のドライヤーはこうなっています。↓
みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?

美容院のドライヤーもこんな感じです。↓  
片付ける時はコードをクルクルっとするくらいです。 
みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?

みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?

みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?

ですが言われてみれば、家庭のドライヤーってどうなっているのでしょうか。
友人に協力してもらい、ドライヤー事情を調査してみました。

多くの家庭ではドライヤーを棚にしまっている?

どの家庭もやはり収納場所が見つからないのか、聞き取り調査でも大半が洗面台の下の棚に入れるという回答が。

みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?

逆に不便ではないかと思うのは美容師だけでしょうか。

みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?

こちらも洗面台下。
 段ボールにINのスタイルです。(笑)

美容師の家のドライヤーはフックひっかけスタイル

なんか腑に落ちなかったので、美容師仲間にも協力して頂きました。

みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?

やはり・・・ ひっかけスタイル、コードつなぎっぱなし
気づいたのは、ドライヤーをどのくらい重要視しているかという違いでしょうか。

一般的にはドライヤーというのは、しまいにくい厄介な存在というような印象を薄々感じました。
しかし私たち美容師にとってはすぐ使えるようにセッティングしておく、TVとかエアコンのような家電となんら変わりない状態が普通です。

コードをさしておく場所にもよるとは思いますが、私は洗濯機のコンセントをさす場所に同時にさしっぱなしです。
後はすぐ手が届くところに引っ掛けておくだけ。
これはこれで邪魔に感じるのでしょうか。

ドライヤーについて…コードは繋いだままでもいいの?

基本コードはさしっぱなしにしても問題はありませんが、水回りという事もありますので水に濡れないようにだけ注意してくださいね。
棚に収納する際も、ぐるぐる巻きつけて頂いて大丈夫です。
ですが本体とコードの接続部分は曲げたり折ったりしないようにしてください。
この接続部分が折れたり曲がったりすると故障の原因となってしまいます。

この部分です↓↓↓
みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?

また、洗面台の下など、棚の中に収納するという場合は特に、ほこりなどがフィルターに入りやすくなってしまいますのでこまめに手入れをお願いします。

ドライヤー収納便利グッズ

便利なグッズを見つけましたので紹介しますね。

洗面台の下の棚の扉に引っ掛けておけるドライヤーホルダー!!

みんな悩んでる…ドライヤーってどう収納すればいい?
100均にこんなグッズがありました。
コードを引っ掛けられるフックもついています。
扉を有効に使って収納スペースを確保するというアイテムが最近かなり増えてきましたがこれは使えるのではないでしょうか。
扉は足元ですが、そこまで邪魔にはならないと思います。
棚の中の空いたスペースもまた違うものが入れられるのでGOODですね。

やはり棚の中というのは地味にスペースを取ってしまいますので、掛けておくというスタイルがいいような気がします。
他にいいアイテムがないか調べてみても、やっぱり掛けておけるようなグッズが多かったです。

マグネットや吸盤、ネジなどで壁にくっつけてしまうというものもありました。

お手軽吸盤タイプのドライヤーホルダー♪

山崎実業 ウォールドライヤーホルダー ボーテス

【価格】769円
吸盤でくっつくお手軽タイプのドライヤーホルダー。
シンプルながらオシャレなデザインで、インテリアとしても優秀です。

そうでないものだと、アイロンやコテなどと一緒に立てておくスタンドみたいなものもありました。

アイロンも一緒に収納できる便利タイプ♪

タワー ドライヤー&ヘアーアイロンスタンド

【価格】2,400円
ドライヤーもヘアアイロンも、これ1つで収納可能。
ごちゃつくヘアスタイリンググッズも、キレイに片付いちゃいます。

洗面スペースの形状や広さにもよると思いますが、このような収納をサポートしてくれるグッズもたくさんありますので是非探してみてください。

おわりに

髪の毛をドライヤーで乾かす女性
まさかこんなにドライヤーが収納できないアイテムだとは驚きでした!
私がドライヤーを商売道具としているから、少々ギャップを感じたのだと思いますが、やはり棚や引き出しに入れておくのは嵩張るし場所を取ってしまうという事は確かなようです。
是非この記事を参考にしていただいて、引っ掛けるスタイルにかえてみてはいかがでしょうか。
むしろコードもさしっぱなしのサロンスタイルにも挑戦してみてください。

髪の毛は洗った後はなるべく早めに乾かしてほしいというのも1つあります。
濡れたままの時間はかなりダメージを受けやすい状態です。
エアコンなどの空調で乾いてしまうと乾燥も加速しやすいですし、くせが出てしまうので髪の毛が扱いにくくなってしまいます。

面倒で乾かさないという方もたまにいらっしゃいます。
しまったままだと出すのも面倒だったり、後でいいやという気持ちも生まれやすいのではないでしょうか。
ドライヤーを使いやすいようにすることでヘアケアにも意欲が湧いてくれると嬉しいです。
なるべくサッと使える所に常備してほしいなと思います。
上手に収納し直して洗面台がスッキリするといいですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事












ページ上部へ戻る