ただ細いだけの女は卒業!女性らしいバストを作り出す方法 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前まではとにかく細い身体を目指してダイエットしていた方も多かったようですが、今の流行りのボディは少し違うように感じますね。
筋肉をしっかりつけているモデルさんやお尻のボリュームがしっかりある方など… 少し前も今も不要な脂肪を排除していくことは変わりありませんが、女性らしくつけていくところはつけていき外人さんのような体型を目指す方が多いように感じます。

そこで、やっぱり女性なら形が綺麗で豊かなバストが欲しいと思うのは私だけではないと思います。
大き過ぎるとやっぱり肩こりの原因や姿勢が崩れていく原因にもなってしまいますが、程よく女性らしいバストは欲しいですよね。
自然に美しいバストを作り出していく方法をご紹介致します。

大きさも大事だけど形が重要


グラビアアイドルなどを見ていると本当に大きい方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、撮影でしっかりした水着を着て形を整えて撮影していますよね。

私も大きな胸のお客様はたくさん見てきましたが、ブラを外すとやっぱり少しは形が崩れてしまいます。
そう考えるとただ大きいだけでは美しいバストとは言えません。
程よい大きさでハリがあり大胸筋のあたりにしっかりボリュームがある状態を目指したいですね。

女性のバストは流動性脂肪でできている

350 バスト 胸
バストは『流動性脂肪』でできているということを聞いたことはありませんか?
これは女性ホルモンがあるからこその女性ならではの脂肪なのです。

バストは背中に流れたりお腹に流れていくものです。
だからブラジャーを買いに行ったりエステサロンなどでオススメされる下着を買うときは周りの脂肪をしっかり入れ込んでから着るようにと指導されたことがあると思います。

この流動性脂肪は水分を多く含んでいるので動きやすいのです。
胸だけではなくお尻の脂肪も動きやすいので下に下がったり内腿のところまで流れたりしますよね。
しっかりある部分に固定しておかなければ重力でどんどん下がっていってしまうのです。

更にこの流動性脂肪の部分は水分を多く含んでいるためにダイエットをした時に一番に落ちていくのが特徴です。
ダイエットをした時に一番にバストが落ちていって本当に落としたい太ももやお腹のサイズが落ちないということはよくありますよね。
ですので、ダイエットの方法をよく考えてしないと体重だけ落ちて自分が落としたい身体の部分が落ちない結果となってしまいます。

豊かなバストを作り出す方法

350 胸 バスト

正しいダイエットをする

先ほど上記でご紹介しましたように流動性脂肪は水分を多く含んでいるためにダイエットをすると一番にサイズが落ちていきます。
ダイエット方法を間違えなければバストが落ちていくのを防ぐことができます。
しかし、防ぐといっても限界がありダイエットをすることによって少しはバストのサイズが落ちることは覚悟しておくようにしましょう。

激しくバストが揺れるような運動はしない


流動性脂肪が流れる原因が重力と揺れです。
重力で脂肪が下がって行ってしまうのは想像がつくかもしれませんが、揺れることによって更に下へ下がることになってしまうので出来るだけ揺れるようなダイエットはしないようにして頂きたいところです。

例えばランニングやなわとびなどは激しく胸が揺れることがわかりますね。
それをするならストレッチをしたり軽くウォーキングをしたりヨガをしたりと激しく胸が揺れないようにすることをおすすめします。
マラソンが好きでどうしても走りたいという方はバストが揺れないようにしっかり抑え込んで走るようにしてください。

一気に体重を落とさない


ダイエットをしようと思って一気に体重を落としてしまう方もいらっしゃいますがこれが一番バストを小さくしてしまう原因です。

流動性脂肪であるバストは水分が多く存在するということを先ほどご紹介致しましたが、極端なダイエットで一番先に体外へ出ていくのは水分です。
少しダイエットを頑張って体重が落ちたということはよく聞きます。
しかし、その時一時的に落ちているのは脂肪ではなく水分だということを頭に置いておいてください。
ですので、水分を摂取すればすぐに体重は増加します。
サウナや岩盤浴で体重がすぐに落ちていくのもこれは水分ですよね。
水分を摂取すればすぐに体重は戻ってしまいます。

だからといって意味がないわけではありません。
汗をかくことによって同時に老廃物も排出していくことが出来ますのでダイエットには効果的です。
それと一緒で一時的に体から排出されていく水分の中には老廃物ももちろん入っていますのでダイエットには効果的だと考えていいです。
ある程度身体の中の水分が入れ替わっていくとドロドロだった体液がサラサラになるので更に老廃物が出ていきやすい状態になります。
一時的に体重が止まったといって停滞期だと諦めずに頑張ってダイエットしていきましょう。

胸のリンパの流れを良くする


胸のリンパの流れを良くしていくことも美しいバストを作っていく上でとても必要なことになります。
リンパは全身の老廃物を流していくところになりますが、そこが詰まってしまうということは老廃物が溜まってしまい栄養分がしっかい届きにくくなってしまいます。
そうなってしまうと胸はハリを失っていきどんどん下へ垂れていき綺麗な胸ではなくなってしまいます。
女性にとってデコルテも顔の一部だと言われているくらい大切なところです。

私はお風呂上がりのスキンケアは顔だけでなく、デコルテまで同じ化粧品を使用しお手入れするようにしているのでその時に同時に胸のリンパもしっかり触るようにしています。
乳頭から鎖骨までの間の少し外側にあるのが胸リンパですので、そこを4指でそっとなでるだけでもリンパは流れます。
日々のケアの中で胸リンパを流していくようにしましょう。

姿勢を良くする

姿勢が崩れてしまっては美しい胸はありません。
猫背になることにより上記でご紹介しました胸リンパの部分が詰まってしまい流れが悪くなり猫背になることによって胸の位置がどんどん下へ下がっていってしまいます。
日々パソコンなどのお仕事で前かがみになる方は胸を張ってなるべく猫背にならないように気をつけましょう。
下記のようなバンドを両手で持って後ろにもっていくだけでも大胸筋がしっかり開きます。

おすすめのストレッチバンド」はこちら♪

ストレッチバンド

【価格】880円
ストレッチする時に自分の力だけで伸ばそうとすると違うところに力が入り思うように伸ばしたいところが伸びない場合があります。
こういったトレーニング器具のようなものが家にあると便利です。

正しいブラジャーをつけるようにする

350
正しいブラジャーというのは自分に合ったものということです。
小さすぎては流動性脂肪なので胸のある位置から外へはみ出てしまいます。
そうなるとその脂肪は背中の方へ流れてしまい最終胸の形はおかしくなり、背中へまわった脂肪は贅肉のように見えてしまいます。
もちろん大きすぎるのも形が崩れてしまうので避けるようにしましょう。

自分で合った下着がわからない場合はプロに任せるのが一番安心です。
一度下着屋さんで相談してみましょう。

大胸筋を鍛える

 女性の胸の大半は脂肪で出来ています。
しかしその土台となるのはやはり筋肉で筋肉がしっかりある方とない方では形も大きさも変わってきます。

胸の前で両手を合掌して押し合い10秒ほどキープします。
そしてそれを緩めてまた10秒キープという状態を5セットほどしてみましょう。
胸の筋肉が程よく疲れてくるのを実感できるでしょう。

上記の写真のような形でしていきます。

睡眠をしっかりとる


睡眠をしっかりとるということはもちろん女性ホルモンをしっかり分泌していくためにはとても大切なことです。
良質な睡眠をとるということは自律神経と整えていくことに繋がります。
自律神経と女性ホルモンを司る脳の部位は同じところにあり自律神経が乱れてしまうと女性ホルモンの分泌がスムーズにいかなくなってしまいます。

22~2時の間に成長ホルモンが分泌されてお肌が綺麗になるようにこの時間には身体の修復や成長を促すホルモンが分泌されます。
育乳にはとても大切な時間となりますのでできれば24時を超える前には睡眠に入るようにしましょう。

女性ホルモンに効果のある食材を食べる


女性ホルモンに似た性質を持つ、大豆製品を摂取することをお勧めします。
これは女性ホルモンでもエストロゲンという女性を美しくツヤのある状態にしてくれるホルモンのことです。
生理が終わってからはダイエットに最適の期間だったりお肌のツヤがとてもいい状態の時があると思います。
その時に盛んに分泌されているのがこのエストロゲンという女性ホルモンです。

毎朝ご飯に納豆をかけて食べたり間食したくなった時に豆乳などを飲むと日々の生活の中で摂取しやすいでしょう。
例)納豆、大豆、豆乳、味噌他

ビタミンEが含まれているものを摂取することもお勧めします。
女性ホルモンの分泌を司っている脳下垂体という部分の活性をしてくれる効果があり、女性ホルモン、子宮の活動になくてはならないビタミンとなります。

更にビタミンEは老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれる効果がありますのでアンチエイジングにもとても効果的なものとなります。
例)ひまわり油、アーモンド、オリーブオイル、かぼちゃ、大根の葉、たらこ他

おわりに

アイディアが閃いた女性
上記の中でなにか実行して継続できそうなものはありましたか??
流動性脂肪のバストはすぐには形をキープすることはできません。
しかし、上記のことをしっかり地道に行なっていくことで確実にキープできて今よりも更に豊かなバストにしていくことができます。
少し長い目で自分のバストをケアしていき綺麗な形のバストを作り出していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事












ページ上部へ戻る