ダメージヘアはNG!春ヘアに向けて使いたいヘアケア商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダメージヘアはNG!春ヘアに向けて使いたいヘアケア商品

もうすぐ春ですね。
買い物をしていると、可愛いパステルカラーをよく見るようになりました。
みなさん、に向けてヘアケアをしていますか?
春らしい明るいお洋服に、傷んだ髪の毛ではテンションも下がってしまいます。
から新しい環境で生活する人も多いでしょう。
冬の乾燥や静電気で傷んでしまった髪を修復して、新生活に備え、可愛い春ヘアでスタートしましょう♪

 

1.ヒートプロテクト

はたんぱく質なので、ドライヤーやアイロンなどの熱に弱いです。
なので、ドライヤーやアイロンの前にはヒートプロテクト用品を使うようにしましょう。
髪質や髪の傷み度合に合わせて、オイルタイプやスプレータイプ、クリームタイプを使い分けると良いでしょう。
お風呂上りの生乾きの状態で付けてから乾かすと、髪に潤いを閉じ込めてくれて、熱から守ってくれます。
アイロン用は熱から守る+スタイリング剤の役割をするものもたくさんあるので、アイロンを頻繁に使用する人はそちらも合わせて使ってみると、朝のお手入れが楽になると思います。

ヘアケア,おすすめ,髪,きれい
マシェリ パーフェクトシャワー さらさら 250ml

 

2.ヘアマスク

ちょっと贅沢をしたい時に、ヘアマスクを使う人も多いかと思います。
こちらも傷んだ髪にはもってこいのヘアケア用品です。
5分ほど置いてから洗い流すのが一般的かと思いますが、ヘアダメージが大きい人は20分ほど置いておきましょう。
さらにお湯で濡らしたタオルを頭に巻き付け、シャワーキャップを被れば髪に浸透しやすくなるのでおススメです。
毎日ケアすれば、数日後には見違えるように綺麗になると思います。
特におススメなのはケラスターゼ。
お高いですが、その分の働きはきっちりしてくれますよ!

ヘアケア,おすすめ,髪,きれい
ケラスターゼ RF マスク クロマ リッシュ 490g

 

3.セラミックコーティングされたアイロン

アイロンは髪にダメージを与えやすいので使わないのが一番ですが、頻繁に使う人はセラミックでできたものを使うようにしましょう。
セラミック製のアイロンは値段が張るものが多いですが、やはり髪の健康を第一に考えると、安くて傷みやすい物を使うよりは何倍も良いです。
マイナスイオンを発生させるアイロンも中にはあるようで、使用しながらツヤも与えてくれるとあって人気なようです。
アイロンを使いたい、でも髪を傷ませたくない…という人は使ってみてはどうでしょうか?

ヘアケア,おすすめ,髪,きれい
アイビル DHセラミックアイロン

 

4.ドライシャンプー

実は毎日の洗髪も髪にダメージを与えていると知っていましたか?
洗わない方が汚れが溜まって髪に悪いイメージがあると思いますが、洗いすぎで髪を傷つけたり、さらには水にさらされて髪が傷んだりします。
そこでおススメしたいのがドライシャンプーです。
水を一切使わないので、却って髪が乾燥することもありません。
頭皮に適量馴染ませるようにつけ、頭全体をマッサージするように洗います。
十分マッサージができたら、タオルで軽く拭いて、ドライヤーをかけて終了です。
しっとりサラサラになるので、髪質に合わせて買うと良いでしょう。

ダメージヘアはNG!春ヘアに向けて使いたいヘアケア商品
フレッシィ ドライシャンプー スプレータイプ 150ml

 

5.アルガンオイル

 アルガンオイルとはアルガンの木の実から採れるオイルで、ビタミンEが豊富なことからヘアケアに重宝されるそうです。
ビタミンEの含有量はオリーブオイルの2、3倍らしく、傷んだ髪に潤いと栄養をたっぷり与えてくれます。
最近、CMでも「アルガンオイル配合!」なんてやってますよね。
髪のダメージが気になる人はアルガンオイルの入ったヘアケア用品を買ってみてはどうでしょうか。
徹底的にケアしたい人は、生アルガンオイルの使用をおススメします!

ヘアケア,おすすめ,髪,きれい
オーガニック・生アルガンオイル/50ml

 

おわりに

まだまだ寒い日が続きますが、あっという間に春がきます。
春コーデに負けないようなしっとりつるつるの美ヘアになれるように、今からケアを頑張りましょう!

参考元:all women stalk
Photo by katya_alagich

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事


ページ上部へ戻る