モデルウォーキングで痩せる!お金をかけずに美脚&姿勢美人に♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モデルウォーキングで痩せる!お金をかけずに美脚&姿勢美人に♡

肩こり、腰痛、頭痛・・・・・・。
人によってさまざまだと思いますが、仕事や勉強など疲労やストレスから体に痛みを感じることがあると思います。
実は姿勢が悪いとこういった症状は起きやすいといわれています。
かく言う私も基本がデスクワークのため猫背になりがちの万年肩こり腰痛持ち・・・・・・。
骨盤矯正やエステ、整体と治療方法はさまざまですが、できればお金をかけずに治療したい!
プラス姿勢もよくなって痩せられたらもう最高ですよね♪
今回は、あなたの努力次第で全てを叶える正しいウォーキング方法をご紹介します。

 

歩くだけで姿勢が良くなるモデルウォーキング

町を歩く美女

私はファッション関係の大学出身ということもあり、ウォーキングには少し詳しいところがあります。
なぜなら、ファッションショーを学生たちで行う機会があったからなんです!
系列の専門学校には「モデル科」なんてものもあるぐらいなので、服飾科でも簡単なウォーキングを教えてもらうことがありました。
教わったモデルウォーキングは思っていた以上に大変
ですが、続けることで姿勢もよくなるし足も引き締まって美脚になれるのでモデルウォーキングを続けることは良いこと尽くしといえるのです。
モデルウォーキングはおうちでも簡単に出来るので、是非チャレンジしてほしいです。

 

モデルウォーキングのやり方

壁に体をつける

この時大切なのが、背中が壁と離れないこと
ウォーキングの先生が巡回してきて、「まだ壁に背中付いていないよ!」と背中と壁の間に手を入れられたことを覚えています。
これが結構キツイ!
人間の体は基本S字のカーブを描いています。
それを無理やりI字にするんですから、お腹をぐいーっと引っ込めないといけないんですね。
そしてお尻が垂れてはいけないために、ツンとヒップは上げます。
そうするとさらに腹筋が苦しい・・・。
ウォーキングをする前から姿勢を正さなければ、キレイにはなれないのです・・・・・・。

肩と頭も壁にぴったりつけて顎を引く

肩甲骨を広げるように両肩を壁につけ、後頭部も壁にぴたりとくっつけます。
これも本当に大変。
しかも背中もつけていなければならないため、腹筋は絶えず力を入れたまま
そして、最後に顎を引きます
なんだか見えない接着剤で壁に貼り付けられたような感覚になります。

壁がない時

屋外など、壁がない時もありますよね?
そんな時は

  1. まず腕を大きく伸ばして深呼吸をする。
  2. 肩の力を抜く
  3. 腹筋に力を入れる
  4. おしりの穴をしめる

そうすると壁にはりついた状態に近づくことができます。
慣れてきたら最初から壁にはりつかなくてもここからスタートすることもOKです。

モデルウォーキングのポイント

見えない糸で吊るされている人形だと思って歩く

先程、体をI字に壁に付けたと思います。
そのまますっと前に1歩足を出します。
この時言われたのが、「上から見えない1本の糸が頭に付いていると思いなさい」ということ。
イメージ的には操り人形みたいな感じでしょうか?
とにかく自分の頭には糸がついていて、頭は簡単には動かせないと思え!とのことでした。
この時点で、お腹・肩・顎に力が入っているのに頭から糸が伸びているなんて!!!
油断するとすぐに頭があがり、顎を引くのを忘れてしまいます。
嘘みたいな話ですが、本を何冊も頭に乗せて歩いている子もいました。

足は腰からまっすぐに生えていると思うこと

足には当たり前ですが、ヒザという関節があります。
ですが美しく歩くためには、「ヒザはないと思え!」というのがモデルウォーキングの教えです。
歩くためには骨盤の付け根からまっすぐに足を出さなければならない。
そう自分を洗脳します。
腰から足が出ることで、ウェストのシェイプアップ、そして骨盤を左右に動かすために太もものインナーマッスルが鍛えられます。
腰がインフィニティマーク(無限マーク:数字の8を横にした記号)に動いていると意識すると、かなりキレイなウォーキングができます。
腰が横8の字に動いているか確認するために、腰骨の上のあたりを手で支えながらのウォーキングもオススメです。
そのとき注意したいのが、下半身ばかりに集中して上半身をおろそかにしないこと
ここまでくると歩くことがものすごい大変な全身運動だということがわかってきたと思います。

目線は10m程度先を見て腕と足は逆に振る

10m先と言ってもかなり想像しにくいと思います。
10mというのは感覚ですが、体育館の端から端を見ている状態だと思って下さい。
顎は引いた方がいいのですが、目線は遠くを見ないとうつむいて歩いているような状態になってしまいます。
そのため、目線は真っ直ぐよりもやや上を見ることが大切
外でウォーキングをする時などは2個先の信号機の上あたりを見ているといいのかもしれませんね。
また、手足は逆というのは、「右足を出す時は左手を前に、左足を出す時は右手を前に」ということです。
当たり前だと思うかもしれませんが、頭から足・そして目線まで注意を払っているとおもちゃみたいに左右同じに出てしまうことも。
また、腕はふりすぎず自然の力に任せて振ることもポイントとなります。

最低でも5分以上は歩くこと!

有酸素運動は最低30分以上しないと脂肪が燃えないという噂があります。
ですが、空腹時であれば、5分以上からでも痩せるというらしいのです。
ですから、早朝や夕食前にウォーキングを15分程度するだけでも痩せられるのです。

今回お伝えしたウォーキングは通常のウォーキングとは少し異なるため、最初から長時間行うのは大変かもしれません。
なので、まずは出来る範囲で挑戦してみてください。

 

おわりに

キレイに痩せるためにはやっぱり一筋縄ではいきません。
ですが、モデルウォーキングは腰痛や肩こりの改善、さらに日常でも姿勢がよくなるというたくさんのメリットがあります。
足が引き締まり姿勢がよくなって、顎を引く癖がつくことにより写真うつりもよくなってしまうなんて一石二鳥♪
しかも顎を引くと口角を上げやすいのでキレイな笑顔も自然と作れます。
お金をかけずに目指せ!トータルビューティー!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事











ページ上部へ戻る