ヨーグルトでダイエットできる!簡単に作れる「ホットヨーグルト」の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをするなら健康的にスリムになりたいですよね。
そんなダイエット法の中でも「ホットヨーグルトダイエット」が人気を集めているのを知っていますか?

そのダイエット法はとても簡単!
今日からでも実践できるその方法と、ホットヨーグルトにはどんな効果があるのか、おすすめのヨーグルトまでご紹介しします♪

 

ホットヨーグルトとは?

ヨーグルトをレンジで温めたものをホットヨーグルトと言います。
とても簡単に作れるのに、ダイエット効果や美容効果もあると言われているのです。

では、その理由について解説していきます。

ホットヨーグルトがダイエットに向いている理由

ヨーグルトを食べる時は、冷蔵庫に入っている冷たいものを食べるという方が多いのではないでしょうか?
実は、冷たいものを食べると内臓が冷えてしまい、脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。

ヨーグルトを温めると、身体も腸も温まり、代謝を高めて脂肪を蓄えにくくしてくれるだけではなく、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果も高まります。
また、胃腸への負担も少ないので、冷たい牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする!という方でも続けられるそうです。

どんな効果があるの?

便秘解消

ホットヨーグルトを食べるとどうして便秘解消になるのか。
それは、ヨーグルトを温めることで、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きが良くなるからです。

わたしたちの身体の中には、ビフィズス菌やアシドフィルス菌と呼ばれる「善玉菌」が存在します。
一方、腸内には善玉菌と悪玉菌が存在していて、善玉菌を増やしてあげることで悪玉菌が少なくなっていきます。
悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化して便秘になってしまったり、代謝が落ちて脂肪や体脂肪を増やしてしまうのです。
そこで善玉菌を増やしてあげると、便通も良くなって脂肪も吸収しにくくなるということなのです。

そこで有効的なのが乳酸菌です。
善玉菌のエサとなる乳酸菌は、腸内に届くことで善玉菌を活性化してくれます。
ホットヨーグルトは、胃腸を冷やすことなく商家機能を高め、乳酸菌を吸収しやすくしてくれるのです。

また、便秘が解消されるということは腸内環境が整っているということ。
老廃物も排出されやすくなって、ダイエットだけではなく肌荒れの防止にも効果的です♪

カルシウムがダイエットの停滞期に効く


ダイエットをしていると、急に体重が落ちなくなる期間ってありますよね。
そのダイエットの停滞期は、カルシウム不足が原因と言われています。

カルシウムの不足は、脂肪が増えて体脂肪がつきやすくなる肥満の原因でもあるのです。
そこで、ヨーグルトを温めて食べることで、胃腸の働きが活発になってカルシムの吸収を良くしてくれます。

また、カルシウムには体温を上げてくれる効果があり、基礎代謝を上げて脂肪を燃えやすくしてくれるのです。
不要な老廃物も排出してくれますし、胃腸が温まることでカルシウムの吸収も良くしてくれますよ。

 

ホットヨーグルトの作り方

作り方はシンプルかつとても簡単です。

材料

・プレーンヨーグルト(無糖) 100g
・水 大さじ1

作り方

1.プレーンヨーグルトと水を耐熱容器に入れて混ぜ合わせます。
2.ラップをせずに500Wのレンジで40秒~1分ほど加熱しましょう。
3.レンジから取り出し混ぜ合わせて完成です。

お好みでハチミツを入れると、ほんのり甘くまろやかに仕上がります。
そんなハチミツには乳酸菌の効果を高めてくれる効果がありますよ♪

 

ホットヨーグルトを作るときの注意点

ホットヨーグルトを作るときは、加熱しすぎに注意しましょう。
温めすぎてしまうと乳酸菌が死滅してしまうので、温度の目安は65度にしてください。

オススメは夜食べること


ホットヨーグルトを朝食に置き換える方もいらっしゃいますが、ホットヨーグルトの効果を上げるのは夜に食べることです。

ホットヨーグルトを夜に食べると、睡眠中に分泌される成長ホルモンをカルシウムが促してくれます。
すると、脂肪の分解も促進されるので、よりダイエット効果が期待できるのです。

また、便秘解消にも夜のホットヨーグルトがオススメ。
夜の間に働く腸を助け、朝に老廃物を排出しやすくしてくれますよ。

 

ホットヨーグルトを食べるのは食前?食後?

ホットヨーグルトを食べるタイミングは、食前・食後どちらでも構いません。
それでは、食べるタイミングによってどんな効果があるのか、違いについて解説していきます!

食前に食べた場合

食前にホットヨーグルトを食べると、「食欲を抑えてくれる効果」「血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果」があります。

ヨーグルトはたんぱく質が豊富です。
とくに朝、食事をする前にたんぱく質が豊富な食材をとると、脳の食欲をつかさどる部分の働きが落ちるので、自然と食欲を抑えることができます。
また、血糖値が気になる方は食前にホットヨーグルトを食べると、血糖値の上昇を緩やかにすることができるのでオススメです。

食後に食べた場合

便秘で悩んでいる方は、食後にホットヨーグルトを食べることがオススメ。

ヨーグルトには善玉菌という腸内環境を整えてくれる菌が存在します。
この善玉菌の働きが活発化するのが、食事を終えた食後になるのです。
また、腸の調子が良くなることで、ダイエット以外にも美肌効果が期待できますよ♪

 

ホットヨーグルトにぴったりのヨーグルトを選ぶポイント

自分の体に合ったヨーグルトを食べる


体の中にある乳酸菌は、人によってさまざまです。
ただヨーグルトを食べる!というのではなく、自分の体に合ったものを食べないと、ヨーグルトの効果を実感しにくくなってしまいます。

自分に合ったヨーグルトを知る方法は、1週間~2週間くらいのあいだ1つの商品を食べ続けてみて、体に起きる変化を観察することです。
結果が良ければ続けて、合わないと感じたら別のヨーグルトに移りましょう。
別のヨーグルトに移るときは、効果を実感できなかったヨーグルトに含まれていた菌を多く含んでいないものを選ぶと良いですよ。

また、ヨーグルトの種類をつぎつぎと変えることはオススメできません。
自分に合ったヨーグルトを見つけるためにも、最低でも1週間以上はおなじヨーグルトを食べましょう!

プレーンヨーグルトを選ぶ

ホットヨーグルトでダイエットをしたい方は、砂糖などの添加物が加わっていないものを選ぶようにしましょう。

【効果別】おすすめのヨーグルトをご紹介!

便秘解消・美肌効果


明治ブルガリアヨーグルト LB81

ブルガリアヨーグルトに含まれる乳酸菌の「LB81」は、腸内環境を健やかにして、肌のバリア機能を高めてくれる効果があります。
ぽっこりお腹や、生活習慣やストレスなどで肌が乱れている方にオススメです。


森永ビヒダスヨーグルト BB536

腸内環境を整える特定保健用食品のヨーグルトです。
胃酸の中でも生き抜いて腸まで届き、お通じを改善してくれる効果があります。
頑固な便秘で悩んでいる方に試してほしいヨーグルトです。
また、花粉症などのアレルギーや、インフルエンザなどの発症を抑える免疫効果もありますよ。


惠megumi ビフィズス菌SP株 カプセルヨーグルト

3層になったカプセルが、生きたまま腸まで運ぶ手伝いをしてくれるヨーグルトです。
便秘解消はもちろん、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを回避してくれる効果も期待できますよ♪

ダイエット効果


ナチュレ惠megumi

「ガセリ菌SP株5億個以上」「ビフィズス菌SP株10億個以上」が、大腸と小腸に働きかけ、お腹の調子を整えてくれます。
また、このヨーグルトを12週間続けて摂取した方は、内臓脂肪が減少したという結果がでているので、便秘だけではなくダイエット効果も期待できますよ。
マイルドでなめらかな味わいなので、ヨーグルトの酸味が苦手な方にオススメです。


フジッコ カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトに含まれる「クレモリス菌」は粘り気が多く、腸の奥まで生きたまま乳酸菌を運んでくれます。
腸を整えてくれる効果が高く、代謝を活発にすることができるので、太りにくい体質にすることができますよ。


ダノンビオ 脂肪0 プレーン砂糖不使用

お腹の不快感を和らげてくれるヨーグルトです。
世界中から集められた4000種類もの菌の中から選ばれた「ビフィズス菌BE80菌」が含まれています。
脂肪0でカロリーも抑え目なので、ダイエットをしたい方にオススメですよ。

 

ホットヨーグルトの効果を高めてくれる食材

ハチミツ


ハチミツにはオリゴ糖が含まれています。
オリゴ糖は腸内にある善玉菌のエサになるので、腸内環境を整えてくれたりダイエット効果も期待できますよ。

また、白砂糖よりも低カロリーで栄養価も高いので、ホットヨーグルトに甘みがほしい方はハチミツをかけて食べてみてください♪
最近ではオリゴ糖のみのシロップも発売されているので、ハチミツが苦手という方はオリゴ糖シロップをかけると良いですよ!

きな粉

きな粉には食物繊維、イソフラボンが豊富に含まれています。
そのため、便秘解消や美肌、ダイエットにもピッタリですよ。
朝ご飯としてホットヨーグルトにきな粉、ハチミツ、バナナをトッピングして食べても良いですね♪

生姜

生姜は体を温めてくれる作用、腸の調子を整えてくれる働きがあります。
ポカポカと体が温まることで、腸の活動が活発になり、便秘を解消してくれる効果があるのです。
秋や冬などの寒い季節はとくに生姜入りホットヨーグルトがオススメですよ♪

リンゴ

食物繊維が豊富なリンゴは、レンジで温めるともっと効果が増します!
皮付きのまま5ミリ程度にカットし、お皿に並べて2分くらい温めてホットヨーグルトにのせるのがオススメです。

リンゴに含まれるペクチンという水溶性食物繊維は、加熱することでオリゴ糖に変化します。
オリゴ糖はビフィズス菌と相性が良いので、便秘解消にも効果がありますよ。

トマトジュース


ヨーグルトとトマトって合うの?と不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、ホットヨーグルトのアレンジレシピとして人気を集めているのがトマトジュースなのです。

トマトに含まれるリコピンは、肌荒れや肌の老化などの肌トラブルを防ぐ効果があります。
このリコピンは、乳製品や油と一緒に摂ることで吸収率がアップするのです。
気になる方はぜひ一度試してみてください♪

 

ホットヨーグルトで健康的に美しくなりましょう

いかがでしたか?
ヨーグルトは冷えたものを食べていた!という方は、温めたヨーグルトを試してみてはいかがでしょう?
ヨーグルトには整腸効果だけではなく、肌荒れや免疫力を上げてくれる効果もあります。
寒い季節になると体調を崩しがちな方や、ほっと一息つきたい方にもホットヨーグルトはおすすめですよ♪

【腸内環境改善に効果的】おすすめヨーグルトをタイプ別に紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る