7番目の栄養素、ファイトケミカルで病気の元を根こそぎ除去する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7番目の栄養素、ファイトケミカルで病気の元を根こそぎ除去する!

ファイトケミカルとは何者なのか?

ファイトケミカルいう言葉を聞いたことがありますか?
そして知っていますか?ファイトケミカルとは…。

実は第7の栄養素と呼ばれる存在です。
普通、栄養素は5大栄養素というものがあり、それ以外には第6の栄養素の食物繊維あり、その次に第7の栄養素であるファイトケミカルがあるとされています。
その第7の栄養素の正体とは、植物性の化合成分という意味らしいですが、ビタミンやミネラルといった5大栄養素に含まれる栄養素も身体にとって不可欠なものなのですが、第7の栄養素はポリフェノールに代表される成分で身体にとっても非常に大事な成分である事が分かって来ています。

分かりやすく例にすると…、

【3大栄養素】
たんぱく質、糖質、脂質

【5大栄養素】
【3大栄養素】+ビタミン、ミネラル

【7大栄養素】
【5大栄養素】+食物繊維+抗酸化物質(ファイトケミカル)

と、こんな感じです。

 

ファイトケミカルでガン予防!!

ファイトケミカルは7番目の栄養素だから身体にとってはあまり必要ではない栄養素だと思っていませんか?
でも、違うのです。
ファイトケミカルはガンを予防する抗酸化物質の事です。
抗酸化物質とは、活性酸素を取り除くという働きを持ちます。

活性酸素はガンだけでなく、あらゆる病気の種となる恐ろしいものですが、活性酸素はストレスを感じると誰でも発生するものなので、誰にとっても意識しなければならないものです。

ファイトケミカルは体内の活性酸素を取り除き、免疫力を高める働きを担ってくれます。
生きているだけで活性酸素が生まれる私達にとっては、出来るだけ毎日食べてみると良い栄養素です。

 

ファイトケミカルはどこにある?

ファイトケミカルが体にとって不可欠な栄養素であることは分かったと思いますが、その肝心なファイトケミカルはどこに含まれているのでしょうか。

結論から言うと、ファイトケミカルは約1万種類もの成分が野菜や果物に含まれています。
ですので、野菜や果物を毎日沢山食べていれば安心なのですが、個々によって含まれる成分が当然違う事になります。

代表的な成分は

アントシアニン:赤ワイン、ブルーベリー、黒豆など
タンニン:緑茶、紅茶
サポニン:大豆
イソフラボン:大豆
フラボノール:玉ねぎ
フラバノン:みかんの房と筋
ルテイン:ほうれん草、ケール
リコピン:トマト、スイカ
リモネン:柑橘類
βグルカン:きのこ類
βカロテン:緑黄色野菜
リグナン:ゴマ

となっております。
見てみるとどれも、今健康に良いと言われている食材ばかりですよね。
毎日何かしらのファイケミカルを摂る事は意外と簡単な様です。
ファイトケミカルを意識して少しずつ摂る事によってあらゆる病気の元を根こそぎ除去することが出来るようになるでしょう。

写真提供:▲ lucy maude

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る