彼との相性は??パートナーとの相性を見極めるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんには、愛すべきパートナーはいますか?
その相手が彼氏であったり旦那様であったり、またもしかしたらまだ好きな人であるのかもしれません。
女の子という生き物は、相性というものをいろいろな方法で測りたがるものです。

占い?血液型?それとも他の方法?
どんなものでも調べてみては一喜一憂してしまいますよね。

でも、占いや血液型というのは幅が広い分、信憑性に欠ける気もします。
では、相性がいいのかどうかを知りたい場合はどんなことからそれを見極めれば良いのでしょうか。
今日は気になるパートナーとの相性を見極める方法をご紹介して行こうと思います。

恋とドーパミンとセロトニンの話

黒板の前に立つ美しい女性
まず相性の前に、物理的なお話をします。

誰かを好きになると、周りが見えなくなるほど夢中になってしまう期間というものがあります。
恋は盲目とも言われますが、誰が何と言おうと、相手の全てがだいすきで愛おしい、わたしと彼は間違いなく運命の糸で結ばれているのよ!!!となる期間。

これは3年経つと消滅します。

なんて少しオーバーかもしれませんが、物理的にはそうなのです。
誰かを好きになると、ドーパミンという物質が身体中を駆け巡ります。
このドーパミンという物質は、「快感や幸福感を得る」「意欲を感じたり作ったりする」「運動調節に関連する」といった機能を担う脳内のホルモンの1種になります。
このドーパミンが恋に落ちた瞬間、ものすごい速さで分泌されます。
ドーパミンは、相手にときめく、キスやセックスによって快楽を共有することによりどんどんどんどん放出されるのですが、このドーパミンが分泌されている間は、何をしても楽しい、何をしてもうれしい、何をしてもだいすき!という状態に陥るのです。

ですが、ドーパミンが分泌される事は身体にもかなりの負担がかかります。
なので、だんだんとセーブがかかってしまうのですが、その期間が大体3年だと言われているのです。
3年という節目はよく、倦怠期とも呼ばれたりしますよね。
ドーパミンが減少することによって、今までは見えなかった相手の嫌な部分や、理解出来ない部分が浮き彫りになってくるのでしょう。
本当の相性はここから先に見えてくるのではないでしょうか。

ドーパミン無くしてどれだけ相手と向き合っていけるか。
これをまず理解していただきたい。

ショッピング中のカップルただ安心してほしいのは、この3年を節目にいろいろな壁を乗り越えていけるカップルには、セロトニンというまた違ったホルモンがサポートし始めます。
セロトニンは別名、幸せホルモンとも呼ばれていますが、それまでの燃え上がるような気持ちが穏やかな気持ちに切り替わるのです。
もしかすると、上手にセロトニンが分泌されているカップルこそ、相性の良いカップルだと言えるのかもしれません。

とはいえ、セロトニンは目には見えませんし、分泌されているのかどうかを確認する術はありませんので、このお話は参考までに。

と、いうことを踏まえて、本当に相性の良いパートナーはどんな相手なのか。
やはり基本は長続きしているカップルだと思います。
まだまだ日も浅いラブラブなカップルさんも、当てはまる部分があれば相性が良いということで、一緒に見ていきましょう。

本当に相性の良いパートナーとは?

1.沈黙も心地よい


2人きりになった時に、重〜い沈黙で気まづい。
何を話そうか、頭がパニック状態になり、唾を飲み込む音ですら恥ずかしい!

なんて経験ないですか?

わたし自身は沈黙が耐えられない相手とは合わないのだと思っています。
相性が良いカップルは、沈黙の時間、その空間も心地よいと感じます。
そしてそんな時間も楽しく感じるもの。
ただそばにいられるだけで安心するのが合う相手なのです。

2.どこか似ている


へんな癖や変わったこだわり、好きなものや嗜好が似ている。
それを発見して笑ってしまう。

なんて微笑ましいですね。

何だか似ている相手は相性がいい場合が多いそうです。
理解出来ないより共感できる部分は1つでも多い方がいいですよね。

3.あまり知ろうとしない


相手の全てを把握すればするほど、相手に対して疑いや不信感を持ってしまうもの。
束縛すればするほど、相手はあなたから逃げたくなります。
全てを支配しようなんて気持ちは摩擦を生むだけです。

相手にも相手のプライバシーがある。
いくら仲が良くとも、全てを知る必要はないのです。

ある程度の距離が長く共に歩いて行くには丁度いいのかもしれません。

4.はっきり伝える


自分の気持ちは常に、察してほしいし気づいてほしい。
女の子に多く見られる傾向ですが、男というものは察して行動することは苦手な生き物です。
気づいてもらえなかった度に、拗ねたり泣いたりしていても、意味がわからない男子は後味の悪さにだんだんと気持ちが離れてしまうかもしれませんよ。

ストレートにこうしてほしい、今こんな気持ちなの、という旨ははっきり伝えましょう。
伝えたいことをきちんと伝え合うことが出来るのも長続きする秘訣ですよね。

5.別れを設定していない


いくら相性の良いカップルであっても、喧嘩をしない訳ではありません。
時には修羅場のような言い争いもあると思います。

ただ、相性の良いカップルは喧嘩の先に別れは見ていません。
まず喧嘩の理由から違っています。

別れてやる!そんな言葉が出るような争いは、ただただ相手を打ち負かしたい、自分の思うようにしたい!そんな気持ちで相手を傷つけるような悲惨な結末になりやすい。

その反対に、どうしたら上手くやっていけるかという議題を持って意見を言う喧嘩はお互いが良しとする答えを出す話し合いになるので、その先もきっと仲良くやっていけるのです。

基本的に相性の良いカップルは、頭の中に別れを設定していません。
よく、二言目には別れを切り出す人がいますが、そんな人はただ、自分の自己満足で恋愛をしているだけ。
常に相手を思いやり、思いやるからこその喧嘩の先には、これからもずっと一緒にいたいという気持ちがあるものなのです。

6.察してほしいはしない


思っていること、考えていること、今の気持ちなど、いくら仲が良くとも心を読み取る事は出来ません。
相手がどう思っているのか、何を考えているのか、分からなくてうじうじ悩むことから相手への不信感や不安が生まれてしまいます。
知りたいことは、素直に聞く。
また伝えるべき事は言葉にして伝える。
空気を読んで!察してほしい!はナンセンスです。

きちんと言葉のやりとりが出来るカップルには信頼という絆が生まれます。
相手を疑ったり、信用出来ないなんて悲しいですよね。

愛してるなんて言葉も同じです。
すき、大切、そばにいたい、そう言葉にすることで安心します。

また、ありがとうは特にきちんと伝えなければいけません。
それが躊躇なく出来るかどうかはこの先一緒に歩んでいく上で重要な鍵となります。

7.触れると温かい

疲れたときこそ一緒にいよう!カップルで癒される休日の過ごし方
フィーリング的な見解になりますが、相性が良いパートナーは触れると温かさを感じます。
優しい安心感と、眠たくなるような心地よさ。
ずっとくっついていたくなるような安らぎ。
これによってスキンシップが増します。
何年たってもスキンシップというものは大切です。

お爺さんお婆さんが手を繋いで歩く姿は微笑ましいものです。
触れるというのは1番の愛情表現ですよね。
愛情が存在するからこそ、相手に触れたくなる。
そしていつまでも触れたくなるのは本当に相性が良いからなのです。

8.同じ布団で寝る


いつまでも変わらず仲の良いカップルは同じ布団で寝ている事が多いそうです。
喧嘩をしたり嫌な面があった時も、パートナーの温もりを感じることによって気持ちが和らぐのでまた仲直りしやすいのだとか。
いくら喧嘩をしていても、同じ布団に入れることこそが相性の良さを示していますね。

9.パートナーを尊敬する


どんなに馴れ合いの仲であっても、お互いに尊敬、尊重する気持ちというのは大切です。
何気ない生活の中でもお互いがそれぞれすべきことをして、やれないことを補うからこそ成立しています。
共働きであれば、収入や働く時間に捉われず、それぞれがしている仕事を尊重する。
頑張るパートナーを尊敬する。
それができると心からありがとうの気持ちが生まれるのです。

誰にでも不得意なことはあるし、やれないこともある。
それは支え合えばいい。

それ以上にパートナーは頑張っているんだから。
そんな風に思い合えるからこそ長続きするのです。

10.無理はしない

落ち込む女性
無理や我慢ほど、後々に響くものはありません。
パートナーの短所を受け入れてフォローするのと、目をつぶって我慢するのとではその後の関係が大きく違ってくるのは当たり前ですよね。
だれにでも価値観のズレや直さなければいけない所、育った環境の違いから意見が食い違うこともある。
それに対しての向き合い方で、我慢や喧嘩は避けることも充分出来ます。

まずは受け入れて、補える部分は補う。

出来ない部分は話し合ってどうしてほしいかを伝える。
あくまでも穏やかに冷静に1つずつクリアにしていけばいい。

これは本当にお互いを理解し合える関係でなければ出来ません。
我慢や無理は長続きしないのです。

おわりに


恋に落ちると、この人は絶対に運命の人なんだと信じたい気持ちがだれにでも生まれます。
様々な方法で相性や今後の未来を占っては、ドキドキしながら恋愛を楽しんでいくのもいいですよね。

ですが、本当にパートナーとうまくやっていけるかというジャッジは、ドーパミンが切れる3年目から。
ここから先はただ好きだという気持ちだけでは渡り歩くことは難しい。
本当の意味での相性というのは、調べなくても分かるものです。

一緒にいて心地よい、安心する。
そしてずっとそばにいたいと心から思うものだと思います。
いかに相手を想い、相手を受け入れ、相手を尊重するかで分かるのではないでしょうか。
相手が先でも自分が先でもだめ。
歩幅を合わせながら1歩ずつゆっくり歩いていける、どんな困難も共に乗り越えられる。
自分がどんな状況でも優しく包んでくれる、そんな相手こそが、あなたにぴったりのパートナーなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事












ページ上部へ戻る