キャンドルでストレス解消♪オススメの香りや効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにかと忙しい現代社会。
みなさんはストレスを解消できていますか?

好きな食べ物を食べたり、好きな映画を観たり、お買い物をしたり、ストレス解消法はいくつも種類がありますよね。
そんな中でも、キャンドルの炎には癒しの効果があることを知っていますか?

スーパーやコンビニ、ドラッグストアでも売られているキャンドル。
手軽に手に入る環境だからこそ、ちょっと試しに家に持ち帰ってみませんか?

今回は、ストレスを解消する効果のあるキャンドルについてご紹介していきます。

 

キャンドルにはどんな効果があるの?

レストランやホテル、雑貨店などキャンドルを目にする機会は頻繁ではないものの、その場にあるだけでムードのある空間を演出してくれます。
そんなキャンドルにはどんな効果があるのか解説していきます♪

くつろぎ効果

キャンドルの炎の明るさは、ほぼ一定です。
温かみのある暖色なので、その場を落ち着いた雰囲気に演出してくれます。

部屋の明かりを消してキャンドルを灯すことで、いつもと違う空間で過ごすことができ、リラックスできたり緊張感から開放されることができます。
このようにキャンドルにはくつろぎを与えてくれるくつろぎ効果があるのです。

1/fゆらぎ効果


「1/fゆらぎ」は、自然界に存在するリズムのことを指しています。

例えば波の音、雨音、わたしたちの心臓の音、小鳥のさえずりなど、生きている中で人が「心地良い」と感じるものが1/fゆらぎと言われています。
これらの聞こえる音や見えるものが心地良いと感じるのは、規則性と不規則性のちょうどバランスがとれたもののことで、キャンドルの炎もそれに該当するのです。

キャンドルの炎を観ていると、風が吹いているわけでもないのに揺れ動きますよね。
ゆらゆらと横や縦に伸びたり動いたりする炎を見ていると、人は不思議と心が落ち着くのです。

ほかには、電車やバス、車なども1/fゆらぎ効果が含まれています。
乗り物に乗っていて心地よくてついつい寝ちゃった経験のある方は、そのゆらぎ効果をしっかりと感じ取っていることになります。

マイナスイオン効果

キャンドルを燃やすと、わずかに水分が発生してマイナスイオンが放出されます。
そのマイナスイオンの数は、なんと森林や滝で放出される数を上回っているのです。

キャンドルを燃やすことで空気が薄くなりそうなイメージがありますが、実はそんなことはないのです。

ニオイを消す効果


アロマキャンドルではなくても、キャンドルの炎は空気中にあるニオイを消す効果があります。
タバコのにおいからペットのにおい、焼き魚など料理のにおいなどを消してくれて、空気を清浄してくれるのです。

 

癒し効果を求めるなら「アロマキャンドル」がおすすめ

アロマキャンドルには気持ちがほぐれる香りが含まれています。
リラックスしたい・冷静になりたい・集中したい…など、その時その時でなりたい気分というのがありますよね。
そんな気持ちに寄り添ってくれる、気分転換をさせてくれるアロマキャンドルをご紹介します。

リラックスしたい時は「ラベンダー」

ラベンダーには、気持ちを穏やかにしてくれる鎮静作用があります。
ストレスを緩和してくれることから、不眠を改善したい方にもオススメです。
ほかにも、生理痛の痛みを抑える鎮痛作用もあります。


パークス ラベンダー
ロンドンの高級ナチュラルキャンドルメーカーから発売されているアロマキャンドルです。
ナチュラルワックスで植物を原料とした天然成分なので、煙もススも出ません。

アロマでホルモンバランスを整える(月経前・月経中)アロマでホルモンバランスを整える(月経前・月経中)

ダイエットを考えている時は「グレープフルーツ」

グレープフルーツは、酸味と苦味が合わさりながら、スッキリと爽やかな香りです。
そんなグレープフルーツには食欲の調整、脂肪燃焼の効果が期待されています。


ジェイニエミ グレープフルーツ
オーストラリアで生まれた100%植物ワックスの、自然にも人にも優しいアロマキャンドルです。
お部屋を汚す心配もないので、安心して家で使うことができますよ。

集中力を高めたい時は「ローズマリー」

料理にも使われるローズマリーは、クリアで爽やかなスッキリとした香りが特徴的です。
集中力や元気になりたい時などにローズマリーはオススメですよ。
男性にも好まれる香りなので、プレゼントや家に招待する際に使ってみてはいかがでしょう?


ミッシェルデザインワークス ローズマリー
ミッシェルデザインワークスは、オシャレでゴージャスなデザインのアロマキャンドルが豊富に揃っています。
原材料は100%植物性のソイワックスキャンドルで、すすも出ないのでお部屋が汚れることもありません。
インテリアとしても部屋を彩ってくれますよ。

肌の調子が気になる時は「ローズ」

ローズの香りには、美肌効果やホルモンバランスを整える効果があります。
入浴前や就寝前など1日の終わりに使うと、美容だけではなく免疫力アップにも繋がりますよ♪


ヤンキーキャンドル ローズ
キャンドルに火を灯さなくても、ほのかに香るローズを楽しむことができます。
アロマキャンドルとしてはもちろん、ルームフレグランスとしてもオススメです。

 

アロマキャンドル選びで気をつけること

アロマキャンドルを購入するときは、配合されている成分に気をつけてみてください。
安全性が高いアロマキャンドルは、「ミツロウ」「ソイワックス」と書かれているものです。
出回っているアロマキャンドルの中には、アレルギーの症状を悪化させてしまったり、気分が悪くなってしまう成分が含まれていることもあります。
なので、成分の確認はしっかりと行いましょう。

 

キャンドルの効果を高めるコツ

音楽をかける

キャンドルを灯しながら、お気に入りの音楽をかけてみましょう。
自分が好きな音楽をかけるのも良いのですが、おすすめはクラシック音楽です。

実はクラシック音楽も1/fゆらぎ効果があると言われていて、聴いているだけで気持ちが落ち着いたり、ストレス解消に繋がるという効果があります。
自律神経を整えてくれるだけではなく、免疫力を高めてくれたり、精神的不安を解消してくれると言われています。

料理と一緒に並べる

いつも食べている食卓の電気をキャンドルに変えてみましょう。
蛍光灯などの白く見える光よりも、温かみのある白熱灯で照らしたほうが、料理の見栄えがアップすると言われています。
よくレストランなどでキャンドルが灯されていますが、それも料理を美味しく見せるためのコツだったのですね。

お風呂に置く


ストレスや疲れが溜まっている時こそ、ゆっくりとお風呂に浸かりましょう。
そのバスタイムのお供にキャンドルを添えることで、優雅で贅沢な気持ちになりますよ♪
また、入浴剤と違ってお風呂場全体の香りを変えてくれるので、身体全部が香りに包まれている感覚になることができます。

なかなか時間がとれない!という方は、週末や休日を利用してみてはいかがでしょう?
いつもは点けているお風呂場の明かりもその日だけは消してみて、キャンドルのゆらゆらと温かい炎を眺めてリラックスしてみてください。
きっとその日1日の疲れがほぐれていきますよ。

 

キャンドルを保管するときは?

キャンドルを保管するときは、ほこりがつかないように袋に入れるようにしましょう。
アロマキャンドルの場合、香りが飛んでしまわないようにジッパー付きの袋などでしっかりと密閉してください。

また、精油が含まれているキャンドルは、保管している場所の温度が高いとオイルが染み出ることがあります。
そのため、シミを作らないためにも、家具や本などの上には置かないようにしましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?
キャンドルには癒しの効果だけではなく、空気を浄化してくれたり、マイナスイオンの効果もあるのですね。
クリスマスや誕生日のケーキなどにろうそくが付いていますが、あのドキドキ感やワクワク感も、キャンドルの効果がちょっと加わっていたのかもしれませんね。

手軽に手に入るけど、実際そんなに日常的には使わないキャンドル。
これをキッカケに、ストレス解消グッズとして使ってみてはいかがでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る