香港のお寺巡り、絶対外せないフォトジェニックな有名観光寺2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

香港はアジア圏の中でも格安で観光に行きやすいスポットで有名です。

香港で欠かせないものと言ったら、グルメや占い、格安で質の良いエステなどですが、お寺巡りも見逃せない観光スポットの一つ。

赤、黄色、緑の独特な色使い、エキゾチックな煙の香り、シンと静まった境内…、香港旅行の醍醐味の一つと言っても過言ではありません!

カラフルで壮大、人もたくさんいるお寺は、写真映えも抜群で、SNSに残す女子旅の思い出にも最適です。

今回は、香港に来たなら絶対に外せない、有名でアクセスしやすいおすすめのお寺を2選紹介します。

時間がない!という方も、この2つは絶対に行ってみてくださいね。

 

1:文武廟(渦巻寺、Man Mo Temple)

香港の最古の寺院でもある文武廟(ぶんぶびょう)は、「文学の神様」と、「武道の神様」が祀られているお寺です。

お寺の中に一歩足を踏み入れると、天井には見渡す限りの渦を巻いたお線香がずらり…!

その圧巻の光景と、お清めの煙の香りが、見る人にワクワク感を与えてくれます。

なぜこのような渦巻き型のお線香になっているかというと、祀られている神様への敬意や、お願い事をする人たちが、願いの気持ちを絶やさないようにというためのようです。

私は平日のお昼過ぎに行きましたが、あまり観光客はおらず、2組~3組ほどでした。

熱心にお祈り・お願いをしている現地の方も、ちらほらといる程度です。

人もいない事もあって、境内はかなり静かで、カメラのシャッターを切る音でさえも、いつもより大きめに聞こえました。

天井が一部吹き抜けになっているので、お寺の中はそんなに煙たくはありません。

吹き抜けから差し込む光が神々しさを引き立てています。

奥に進むと、仏像や置物、お供え物がたくさんあります。

観光する際は、お祈りしている人の邪魔にならないように気を付けたいですね。

天井から大量にぶら下がっている、グルグルの渦巻き模様のお線香は、1枚でとっても存在感たっぷりの写真が取れます。

 

文武廟へのアクセス・住所

最寄駅:MTR上環駅
住所:128 HollywoodRoad, ShuengWan, Hong Kong

「ザ・観光スポット」という場所ではなく、普通の民家・道路に面しているので、見つけづらいかもしれません。
お寺自体は少々小さいですが、一見の価値ありですよ。

 

2:嗇色園黄大仙廟(Sik Sik Yuen Wong Tai Sin Temple)

嗇色園黄大仙廟は、文武廟とは打って変わって、きらびやかで大きい寺院です。
本堂や敷地内にある庭園などの面積をすべて含めると、なんと1万8千㎡もあります。

観光客や現地の人々もたくさんおり、敷地内、見渡す限り、人、ひと、ヒトです。

大きな寺院が好きな人なら特に盛り上がるかもしれません。

本堂は赤を基調としていて、上を見上げると、黄色と赤のバルーンがたくさん並んでいます。

晴れた日には、空とバルーンのコントラストがとても綺麗です。

バルーンを見上げるようにして写真を撮ると、ドラマチックな構図になり、どこか幻想的でおしゃれな一枚が撮れますよ。

本堂では、何かを祈りながら、2つの木の板を地面に落としている人たちが目立ちます。

これは、「聖杯(せんぶい)」という占いで、2つ合わせると丁度丸になる、半月型の木板を使用します。

板が表か裏によって、吉凶を占っているらしいですよ。

無料でできますので、占い結果が気になる人は是非チャレンジを。
ちなみに、悪い結果が出ても、3回まではやって良い(?)という事になっています。

3回もやって良いなんて、そんなの占いじゃない!と思う人は、1発勝負でトライしてみて下さい!

 

占いの結果


裏・表:「大吉」全てが上手くいく、大吉です。 
表・表:「笑杯」どうなるか不明です。状況によって変わるようです。
裏・裏:「怒杯」神様がお怒りで、思い通りにならない結果です。

敷地内には池や噴水もあるので、リフレッシュ&リラックスにも最適。
塀一面に吊るされた鈴も、なかなか圧巻ですよ。

 

アクセスと住所

最寄り駅:MTR観塘線 黄大仙(Wong Tai Sin)駅B2出口すぐ
住所:九龍黄大仙竹園村二号

 

おわりに


わたしたち日本人は、観光以外では滅多に寺院には行きませんが、香港の現地人にとっては、寺院参拝は日常の1つ。

香港の寺院を訪れるということは、香港の歴史・文化を体験する事に加え、現地人の日常生活を垣間見るという意味もあります。

是非、お寺の雰囲気だけではなく、参拝をしている現地の人々の目線になって、体験してみてくださいね。

写真を撮る時は、マナーを守って静かに撮ることを忘れずに!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。







関連記事











ページ上部へ戻る