予算はいくら? 価格帯別おすすめスキンケアライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

スキンケア、いくらかけていますか?
価格による差はあるのかどうか
化粧水・乳液・クリームの3点で価格を比較
価格帯別おすすめスキンケアライン
【~5千円前後】
  ・ちふれ
  ・無印良品(エイジングケア)
【5千円~1万円前後】
  ・アテニア プリマモイスト
  ・アテニア ドレスリフト
【1万円~1万5千円前後】
  ・トランシーノ
  ・エリクシール シュペリエル
【1万5千円~2万円前後】
  ・エリクシール ホワイト
  ・アスタリフト ホワイト
  ・HAKU

 

スキンケア、いくらかけていますか?


女性が毎日こなす朝晩の習慣といえば、スキンケア。自分の肌を労わる大切な時間ですが、スキンケア用品は地味に痛い出費でもありますよね。

化粧水に乳液、クリーム。その他にプレ化粧水や美容液、美容オイル、パックなどを普段から使っている方も多いのではないでしょうか。

「化粧水しか使わない」という方もいらっしゃると思いますが、肌は化粧水だけでは逆に乾燥してしまうので、1つのアイテムしか使わない場合は乳液かクリーム、もしくはオールインワン化粧品を使ってくださいね。

プチプラのスキンケアから高級なデパートコスメまで、スキンケア用品の価格は非常に幅の広いもの。予算内で自分の今の肌やなりたい肌になるためのスキンケアラインを見つけるのは非常に難しいものです。

今回はそんなお悩みにお答えするために、価格帯別のおすすめスキンケアラインをまとめてみました。

 

価格による差はあるのかどうか


実際に商品の紹介に入る前に、そもそもスキンケア用品は価格によって差があるのか、という疑問にお答えしようと思います。

まず、高い商品にはそれだけ良い成分や最先端の技術が反映されていることが多い、というのは事実だと言えます。
中でも美白ケアやエイジングケアなどに特化したスキンケアラインは、保湿に特化した商品よりも価格が高くなる傾向があります。

同じ美容成分が配合されていたとしても、安価なものと高価なものでは、その配合比率やその他の成分が違うというのはお分かりでしょう。
化粧品は非常に繊細なもの。少し比率が違うだけでその効果は大きく変わります。

しかし、安価なものが使えないかというと、一概にそうは言えません
デパートコスメブランドなどに特に言えることですが、化粧品の価格にはその商品を宣伝するための広告費が含まれています。
広告費が高くなればなるほど、商品自体の価格も上がります。逆に、あまり広告を打たないことで価格を抑えているスキンケアラインも数多くあるのです。

化粧品の研究開発にかけられる費用も、商品の価格を左右します。新しい化粧品を出すために多くの時間と費用がかけられた場合、それを利益として取り戻すためには価格を上げるか、数を売らなければいけません。

逆に言えば既存の技術を使った後発の化粧品は研究開発費用が少なくて済む分、価格をある程度抑えることができるというわけです。
どの客層をターゲットにするかという観点ももちろんあるのですが、同じブランドでもラインによって価格設定が違うのはこのように複数の要素が絡み合っているからなのですね。

つまり、高価なものは確かに一定のクオリティを期待することができるけれど、安価なものの中でも信頼のおける商品はある、というのが結論です。
自分の肌と相談しつつ、ぴったり合うと感じるものを探しましょうね。

 

化粧水・乳液・クリームの3点で価格を比較


さて、それでは今回の価格比較をどのように行うかの説明を致します。

今回は基本となるスキンケアができる3アイテム、つまり化粧水・乳液・クリームの合計金額を計算します。価格は全て税込価格です。
※例外として乳液代わりに美容液を使うことを推奨しているラインがあるため、そのラインのみ化粧水・美容液・クリームで算出しています。

「なぜ美容液を入れないの?」
という疑問を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。その理由は2点あります。

まず、美容液がラインとして販売されていないものがあるため。スキンケアラインに含まれるアイテムは様々です。クレンジングや洗顔料、シートマスクなどが含まれているラインもあれば、基本となる3アイテムのみ、というラインもあります。
価格比較の正確さを増すために、今回は基本となるアイテム以外は除いて合計金額を出しています。

そして何よりも、美容液はスペシャルケアであるため。基本となるケアアイテムに比べて、美容液は各目的に特化しているという特徴を持っています。
美白ならば美白、保湿ならば保湿、エイジングケアの中でもしわに特化したものからハリ・弾力に特化したものなど、その目的は様々です。美容液は往々にしてそのブランドの研究成果を詰め込んでいるものが多いため、価格も高くなりがち。
だからこそラインにとらわれず、自分が欲しい効果に基づいたものを使って頂きたいアイテムなのです。

各ラインから出ている商品の中で、化粧水・乳液・クリーム以外に「これは良い」というものがある場合は、都度そのラインをご紹介する際に併せて記載しています
各アイテムの個別価格も併記しますので、参考にして頂ければ幸いです。

 

価格帯別おすすめスキンケアライン

【~5千円前後】

ちふれ


648+648+756=2,052円(税込)

プチプラ化粧品と聞いてちふれを思い出す方も多いのではないでしょうか。デザイン費用や広告費を抑えることで低価格を実現しているブランドです。
化粧水や乳液はさっぱり、しっとりなどの使用感からも選べます。今回はより肌に優しいノンアルコールタイプを比較に選びました。クリームをハリや小じわに注力したエッセンシャルクリーム(1,080円)に変えても2,376円。圧倒的な低価格ですね。
個人的におすすめしたいのが、オールインワンジェルであるうるおい ジェル。乾燥肌の方には物足りないかも知れませんが、低価格にも関わらずきちんと保湿をしてくれます。
スキンケアが面倒な日や寝坊した朝などにとても便利なので、普段しっかりとスキンケアをする方でもオールインワン化粧品を1つ持っておくと心強いですよ。

ちふれ おすすめアイテムの記事はこちら。

<基本の3アイテム>

  • 化粧水 ノンアルコールタイプ(648円)
  • 乳液 しっとりタイプ(648円)
  • 保湿クリーム(756円)

<こちらもおすすめ!>

  • うるおい ジェル(864円)

ちふれ スキンケアラインの詳細

 

無印良品(エイジングケア)


1,490+1,490+1,490=4,470円(税込)

安くて使い勝手の良いスキンケアといえば無印良品のスキンケア。敏感肌、普通肌、エイジングケア、オーガニックとラインアップも充実しています。
エイジングケアラインの場合、乳液をプレミアム乳液(1,990円)に変更しても3点で税込4,970円という驚異のコストパフォーマンス。美容液やオールインワンジェルなど、他のアイテムも安くて使いやすいのが嬉しいポイントですね。

<基本の3アイテム>

  • エイジングケア化粧水/エイジングケア化粧水・高保湿タイプ(1,490円)
  • エイジングケア乳液(1,490円)
  • エイジングケアクリーム(1,490円)

<こちらもおすすめ!>

  • エイジングケアプレミアム美容液(1,990円)
  • エイジングケアオールインワンジェル(1,490円)

無印良品 エイジングケアラインの詳細

 

【5千円~1万円前後】

アテニア プリマモイスト


2,263+1,944+3,240=7,447円(税込)

高品質の商品を低価格で、という理念を持つアテニア。
通信販売を主としているため手に取りにくいのがデメリットですが、品質は抜群。トライアルキットも充実しています。
さっぱりタイプとしっとりタイプから選べるので、好みに合わせてどうぞ。

<基本の3アイテム>

  • プリマモイスト ローションI/プリマモイスト ローションⅡ(2,263円)
  • プリマモイスト デイエマルジョンI/プリマモイスト デイエマルジョンⅡ(1,944円)
  • プリマモイスト ナイトジェル/プリマモイスト ナイトクリーム(3,240円)

アテニア プリマモイストの詳細

 

アテニア ドレスリフト


3,559+2,911+4,320=10,790円(税込)

プリマモイストと同じアテニアから出ているエイジングケアライン。このドレスリフト、パッケージを含めてトライアルキットがとても素敵です。是非一度お試しを。
スペシャルケアとして販売されている美容液は、美白と保湿の二種類があります。高くなりがちな美白美容液が保湿美容液と同価格なのも嬉しいですね。

アテニア ドレスリフトのトライアルキットレビューはこちら。

<基本の3アイテム>

  • ドレスリフト ローション(3,559円)
  • ドレスリフト デイエマルジョン(2,911円)
  • ドレスリフト ナイトクリーム(4,320円)

<こちらもおすすめ!>

  • ドレスリフト ホワイト スペリア(6,788円)
  • ドレスリフト リフト スペリア(6,788円)

アテニア ドレスリフトの詳細

 

【1万円~1万5千円前後】

トランシーノ


3,888+3,888+4,320=12,096円(税込)

美白成分としてすっかり定着した第一三共オリジナルの美白成分トラネキサム酸を配合したスキンケアライン
化粧水は拭き取り後にパッティングをする珍しいタイプ。クリームの使用感がべたつかず、さらりとして非常に良いです。シートマスクもおすすめですよ。

<基本の3アイテム>

  • トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション(3,888円)
  • トランシーノ薬用ホワイトニングクリアミルク(3,888円)
  • トランシーノ薬用ホワイトニングリペアクリーム(4,320円)

<こちらもおすすめ!>

  • トランシーノ薬用ホワイトニングフェイシャルマスク(4枚入り1,944円)
  • トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX(4,860円)

トランシーノの詳細

 

エリクシール シュペリエル


3,240+3,780+5,400=12,420円(税込)

資生堂から出ているしっとりした使い心地のエイジングケアライン。ゴールドを基調とした容器が上品です。
このラインで個人的に好きなアイテムはスリーピングジェルパック。寝る前にスキンケアの上から使うジェルパックですが、ジェルがしっかりめなので早めに使って、馴染んでから寝るのがおすすめです。

エリクシール シュペリエルのトライアルキットレビューはこちら。

<基本の3アイテム>

  • エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W(3,240円)
  • エリクシール シュペリエル リフトモイスト エマルジョン W(3,780円)
  • エリクシール シュペリエル リフトナイトクリーム W(5,400円)

<こちらもおすすめ!>

  • エリクシール シュペリエル スリーピングジェルパック W(3,024円)
  • エリクシール シュペリエル エンリッチドセラム CB(8,100円)

エリクシール シュペリエルの詳細

 

【1万5千円~2万円前後】

エリクシール ホワイト


4,320+4,860+6,048=15,228円(税込)

値段はエリクシール シュペリエルより張りますが、美白ラインであるエリクシール ホワイトもしっとりした使い心地のラインです。
シュペリエル同様、寝る前のジェルパックとして使うスリーピングクリアパックがおすすめ。こちらは2017年夏に出た比較的新しい商品です。

エリクシール ホワイトのトライアルキットレビューはこちら。

<基本の3アイテム>

  • エリクシール ホワイト クリアローション C(4,320円)
  • エリクシール ホワイト クリアエマルジョン C(4,860円)
  • エリクシール ホワイト リセット ブライトニスト(6,048円)

<こちらもおすすめ!>

  • エリクシール ホワイト スリーピングクリアパック C(3,456円)

エリクシール ホワイトの詳細

 

アスタリフト ホワイト


4,104+7,560+5,400=17,064円(税込)

化粧水・美容液・クリームの3ステップでケアをするアスタリフトの美白ライン。富士フィルム独自のナノユニット化技術を利用した『ナノAMA』が美白成分を肌に届けて働かせます。
アスタリフトのスキンケアアイテムの中では、モイスト・ホワイト共通の先行美容液・ジェリー アクアリスタがおすすめ。導入美容液は数多くありますが、ジェリー アクアリスタはその中でも珍しいジェルタイプの先行美容液です。

アスタリフト ホワイトのトライアルキットレビューはこちら。

<基本の3アイテム>

  • アスタリフト ホワイト ブライトローション(4,104円)
  • アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト(7,560円)
  • アスタリフト ホワイト クリーム(5,400円)

<こちらもおすすめ!>

  • アスタリフト ジェリー アクアリスタ(9,720円)

アスタリフト ホワイトの詳細

 

HAKU


4,860+5,400+10,800=21,060円(税込)

美白といえば資生堂のHAKUを思い出す方も少なくないかと思います。真っ白なボトルに黒字のロゴという洗練されたデザインのスキンケアラインです。
一般的な化粧水・乳液以外にジェル化粧水・炭酸泡乳液という変わった選択肢があるのも特徴です。クリームは珍しいソリッド(固形)タイプで、スパチュラですくって使います。
HAKUの白眉は美容液・メラノフォーカス3Dですが、個人的なおすすめはシートマスク。価格は高いですが、1度の使用で顔色がぱっと明るくなります。

HAKUのトライアルキットレビューはこちら。

<基本の3アイテム>

  • HAKU アクティブメラノリリーサー(4,860円)
  • HAKU インナーメラノディフェンサー(5,400円)
  • HAKU メラノクールホワイトソリッド(10,800円)

<こちらもおすすめ!>

  • HAKU メラノフォーカス3D(10,800円)
  • HAKU メラノシールドマスク(1枚1,620円)

HAKUの詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪







関連記事











ページ上部へ戻る