若い女性に多い!放っておくと怖い歯周病の原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯ぐきの老化は全身老化のサインだから気を付けて!

歯ぐきに違和感を感じる、がサイン

10代の頃は歯周病なんて全く気にしては居ませんでした。
でも、20代に入って働き出して、いつしか男子と対等に仕事をバリバリやるようになった頃でしょうか、無茶な働きっぷりでストレスを感じていたせいか、自分の歯ぐきの状態が気になるようになってきたんです。
「まさか、自分が…。」という思いでした。
まだ若いし、歯周病なんて40代位になってからなるものだと思っていたのでショックでした。
でも、ある時歯磨きの途中で歯ぐきから少量の血が出ていることに気付いたんです。
「うそでしょ!」と顔が一瞬固まりました。

このように、若くても生活環境が劣悪だったり何らかの強いストレスを抱えていると口内環境も老化してくる事があるようです。
あなたのお口年齢は大丈夫ですか?
ちょっとした変化を見逃すと後々お口のトラブルが増加しますので早めの対処が肝心です。

 

口の状態をチェック!

お口の老化が現れると感じるサインは以下の通りです。

  • 口が渇く事が多い
  • 口臭が気になる事がある
  • 舌が白っぽくなっている
  • 歯の間に食べ物が挟まりやすくなる
  • 口がネバネバする
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきから血が出る
  • 食べ物を飲み込みずらくなる

どうでしたか?
歯周病は誰でも簡単に掛かる病気なので気を付けないと若くても気付かない内に症状が進行していきますから注意が必要です。

 

歯周病で老化や病気が促進される!

歯周病はお口の中だけの問題ではありません。
恐ろしい事に、歯周病にかかると体内に活性酸素が増産されていきます。
歯周病にかかるとなんと健康な口の人よりも2倍活性酸素を生み出しているという事実が分かったのです。
活性酸素は諸悪の根源ですよね。
ガンや身体の細胞を錆びつかせ正常な機能を奪っていきます。
動脈硬化になったり、胃の粘膜を攻撃し消化不良にもなりますから、ただの歯周病では済まされませんね。

 

歯周病が原因の病気

歯周病の病原菌が血液に侵入し、狭心症や心筋梗塞を招くことも分かって来ています。
それ以外には、糖尿病の悪化や妊娠時の低体重児出産や早産などです。
それらは血液に運ばれて体内に広がっていくことからも分かる通り、口から全身に影響が出るのです。お口の健康は全身の健康へ繋がるのです。

 

歯周病の改善

歯周病の改善に効果があるのは歯周病の原因となるプラーク(歯垢)をしっかり取り除くことが大事ですね。
ポイントは歯ブラシを小刻みに歯の根元に向かって5分以上かけてゆっくり細部までしっかりと磨く事です。
一番良いのは毎食後にきっちりと磨いて、寝る前にもしっかりと時間をかけて磨くことで効果が期待できます。
歯間が広がっている人は隙間に合った歯間ブラシやフロスを加えたり、部分磨き用歯ブラシを使用する事も大事ですね。

また、意外と重要なのが生活習慣です。
いくら正しく歯を磨いていても、喫煙や偏食していては歯にとっても身体とっても有害なのは間違いないでしょう。
そして、食事の際にしっかりと噛む事です。
唾液不足は歯周病にとっても好環境なんです。
普段柔らかいものばかり食べている人は少しずつ唾液の分泌が減っているので固いものを食べたり普段の食事をしっかりと噛んで食べるようにすると良いみたいですよ。

そして最後に、定期的に歯医者さんへ効果測定しに行く事も大事です。
自分が正しい歯磨きを行っているのか、正しい食事を行っているのかを第3者にチェックしてもらうのです。
そうすることで、軽度で治療が出来るので完治も可能になります。

私も今では歯ぐきからの出血はありませんし、お口のトラブルも減りました。
毎日正しくお手入れをしていれば治るので、絶対にさぼらない事が大事です!

写真提供:Ana Santos

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る