むくみが引き起こす様々な不調。むくみ解消で気持ちも身体もスッキリしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むくみで悩む女子は多いと思います。

朝顔がパンパンに腫れぼったい。
顔に布団の跡がついている。
靴下の跡がくっきり残る。
ふくらはぎを押すとへこんで戻らない…
などなど、そんなことはまだ序の口。

なんだか身体がダルい、汗がすごい、疲れが取れない、胃腸が弱い、体重が減らない、などの症状が慢性的に続いている方も、もしかするとそれはむくみが関係しているのかもしれません。

他にもむくみは、薬の影響やホルモンのバランスによっても起こります。
いずれにせよ、むくみが起こると身体の調子だけでなく気持ちもどんよりしてしまうものです。

今回はむくみのメカニズムを知って、心も身体もスッキリする解消法をご紹介していきたいと思います。

むくみとは?

水面

人の体の60%は水分ということはご存知ですか?
この60%の水分のうち、3分の1が細胞の外にあるもの、残り3分の2は細胞内にある水分です。

そして、細胞と細胞の隙間にも間質液という水分が存在し、この液が毛細血管から染み出し栄養や酸素を届けたり、老廃物を静脈に戻す役割があります。
ですがこの出る戻るのバランスが何らかの原因で崩れてしまうことがあります。

その時に過剰な水分が皮下に溜まるという現象が発生するのですが、この状態がむくみと呼ばれるものなのです。

よく聞くのは立ち仕事だと夕方足がパンパンにむくむという話。
血液は心臓から頭、足の先まで循環しています。

重力に逆らって血液を心臓に戻す場合には、筋ポンプ作用と言って筋肉が収縮する力を使って血液を戻すのですが、この力が弱くなるとむくみが発生してしまうのです。

立ち仕事だからと言って全ての人がむくみやすいわけではなく、血液の循環が滞っていると、心臓から遠く、血液を戻す力がかかる足が特にむくむということ。

またむくみは、リンパの流れが悪い場合にも起こります。
リンパ液は体内の老廃物を排出したり、病原体やウイルスに抵抗したりする働きをします。

リンパ液が身体を流れながら老廃物を回収し、首や脇などに存在するリンパ節でろ過されます。

このリンパの循環がうまくいかないと、老廃物が排出されず、皮下に余分なたんぱく質や水分が出てむくみを引き起こしてしまうのです。

どんな人がむくみやすいのか

先程筋ポンプ作用の話をしましたが、血液やリンパ液をうまく循環させる力が弱い人はむくみやすいといえます。
立ち仕事や、長時間同じ姿勢でいる人は特に、血液やリンパ液を押し戻すことが出来ずに足に溜まってしまうのです。

そういう人にはまたそれぞれ原因が考えられます。

皮下脂肪が多い人


皮下脂肪は心臓に負担をかけるため、血液の循環を悪くしてしまいます。
また皮下脂肪が多い人は筋肉量が少ない傾向にあるため水分を溜めやすくなるのです。

生理前

生理の1週間前あたりは、女性ホルモンの影響で、血管が広がるため尿の量が減り、水分をため込みやすくなりますので、生理前はむくむという人も多いようです。

筋力が低い人

リンパ液や血液は筋肉の収縮によって押し出され循環しています。
肥満の方もそうですが、痩せ型であっても筋肉量が少なければ同じようにむくみの症状が出やすいといえます。

お酒やしょっぱいものが好きな人

塩分は血中の水分を増やす傾向があります。

またアルコールを摂取すると、血管が膨張し動脈の血管の壁が水分を通しやすくなるので、アルコールや塩分の過剰な摂取は大量の水分が皮下に溜まってしまうため注意が必要です。

水分が足りていない人


水分の摂り過ぎも良くないですが、水分不足であってもむくみが起こってしまいます。
身体に必要な水分が摂れていないと、静脈の血行が悪くなるため、動脈から血管の外に出た水分を静脈が吸収できなくなります。

このバランスの崩れによって皮膚と皮下組織内に水が溜まってむくみが起こります。

ストレスが多い人

ストレスは自律神経の働きを乱すので、それによって血行不良が起こり、様々な症状を引き起こします。
その一つがむくみです。

また、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールは筋肉を弱らせる傾向があると言われています。
筋力の低下はリンパ液や血液の流れを悪くしてしまう原因となるのです。

コルチゾールが増えていくと、副腎という臓器に影響を及ぼすことも言われていますが、副腎に腫瘍が出来るクッシング症候群という病気の主な症状が顔のむくみだそうです。

ストレスは重大な病気も引き起こします。
日頃から発散するように心がけましょう。

病気が引き起こすむくみ

簡単に身体の不調と言っても、むくみは重大な病気の症状として現れる場合もあります。
また、妊娠中毒症という妊婦さんが陥りやすい症状の代表的なものがむくみ。

病的なむくみは目に見て異常だということが言えます。
わたしも妊娠中毒症になりかけた時は、足が像のように腫れ上がり、色が紫に変色しました。

むくみげ左右対称でなかったり、全身のひどいむくみが起こったり、倦怠感やかゆみが生じるなど、明らかにおかしいなと感じる場合は、ただのむくみだと判断せずに受診するようにしましょう。

薬の副作用

医療器具とサプリ
薬の副作用によく、むくみというものが書かれていたりします。
薬というものは、身体にとっては異物でありますので、効果が発揮されるまではどうしても身体が反応しバランスを崩して副作用が起きやすくなります。

薬の服用をやめればなくなるのは当然ですが、飲み続けた場合でも一定期間過ぎれば治るケースがほとんどだそうです。
長い間苦になるような感じであるならば、処方された病院にて相談してみましょう。

低気圧のせいでむくみ?

低気圧の影響でも、自律神経が乱れ、血液やリンパ液の循環が悪くなるというデータがあるそうです。

低気圧が自律神経を乱すために、天気がパッとしない日は体調が悪くなってしまう人や、鬱などの症状が出やすいというのは有名な話です。
そこまで影響は受けないという人でも、何となく天気が悪い日は身体が重かったり、むくんでしまったりするという人は多いのだそうです。

むくみを解消する

これまでお話したことを踏まえて、むくみにはまず血行を良くする、リンパの流れを良くする。
ということが大変重要だとわかりました。

そして、その循環には筋力が必要だということもわかりましたね。

運動


筋力アップにはやはり運動が1番効果的です。
今ある脂肪、特に下半身に溜まりやすい脂肪はストレッチでほぐし、筋トレで筋肉に変えましょう。

無理のない程度を毎日続ける事が大切です。
他にも、ジョギングやウォーキングなども代謝を上げるために良いとされていますので出来そうな人は取り入れてみましょう。

食事

筋肉を作るにはタンパク質が必要です。
食べずに運動をしても、体重は落ちるかもしれませんが身体の不調を招き、リバウンドしやすくなってしまうだけ。

タンパク質だけでなく、身体を作るために必要な栄養素をバランスよく食べることがむくみの解消には効果的です。
栄養素の中でも、むくみに効果的なのはナトリウムとカリウム。

この2つをバランスよく摂る事で、身体の水分量を調整することができます。
特にしょっぱい食べ物が好きな人は、ナトリウムが摂りすぎとなっているのでカリウムを積極的に取り入れると良いでしょう。

カリウムは大豆類やいも類、海藻類、バナナなどに多く含まれています。
また海藻類にはアルギン酸という成分も含まれているのですが、これは体内のカリウムを増やしてナトリウムを排出する働きをしてくれます。

その他カリウムを多く含む食品

・ あさり
・ アボカド
・ ドライフルーツ
・ ほうれん草

サポニンを多く含む食品

サポニンという栄養素は利尿作用によって体の余分な水分と悪玉コレステロールを排出させる働きがあります。
・ 大豆
・ きゅうり
・ ごぼう
・ スイカ

クエン酸を多く含む食品

クエン酸もまた、血液やリンパの流れをスムーズにしてくれるので取り入れましょう。
・ 梅干し
・ れもん
・ お酢

デトックスできる「コンブチャ」もおすすめ

体のむくみには、200種類以上の酵素、食物繊維、アミノ酸、ビタミン、乳酸菌などを配合した「コンブチャドリンク」もオススメです。


コンブチャクレンズ

デトックス効果があるので、体の中からスッキリします。
体のむくみをとりたい、健康的にダイエットしたい方にピッタリです。

睡眠

バランス良い食事、適度な運動をした後は、筋肉や身体を休めるためにしっかり睡眠をとります。

筋肉は疲労を回復出来ればまた、筋ポンプ作用が向上すると言われていますので、疲労を溜め込まず毎日リセットすることが重要です。

お風呂でマッサージ

基本シャワーしか使わないという方は、血液やリンパ液の流れが滞りやすいと言えます。
湯船に浸かると体温が上昇し、代謝が上がり、血流が良くなるのです。

さらに流れずに溜まってしまった水分や血液、リンパ液をマッサージによって流してあげましょう。
湯船の中なら流れやすいので効果が上がります。

疲労を取るにも湯船は大切です。
1日の疲れや溜まったものはお風呂に浸かって流してしまいましょう。

エステでむくみを解消する

エステなら身体のむくみをとるだけではなく、ストレスや日ごろの疲れも解消することができます。

スリムビューティハウス

身体のむくみをとるなら「骨盤ダイエットコース」がおすすめです。


スリムビューティハウス 骨盤ダイエットコース

骨盤ダイエットコースは、初回500円で体験できるお得なコース。
骨盤周りの筋肉を強化してリンパの巡りを改善していくので、日頃むくみで悩んでいる方にオススメしたいエステサロンです。

漢方薬でむくみを解消する

漢方薬のダイエット効果

漢方薬の中にも、その症状別に水の流れを良くするものがあります。

五苓散

むくみを治療するのによく使われる、代表的な漢方です。
利尿作用があるので水分を溜め込みやすいけど尿量が少ないという方に効果があります。

体調不良によるむくみや二日酔い、腎臓疾患を原因としたむくみまで、様々な用途で幅広く使われる漢方です。
水の巡りが滞ることによる頭痛やだるさなどにも効果的です。

当帰芍薬散

婦人科系の不調に処方される漢方の1つです。
慢性的なむくみにも効果的ですが、妊娠中のつわりやむくみにもかなり効果があります。

水分を貯めこんでしまったことによる、妊娠中の不調や、生理不順、生理痛、生理前症候群など、生理による不調にも幅広く使われています。

紫苓湯

体の中に溜め込んだ熱を発散する効果があり、イライラなどの精神的な症状からのぼせや目の充血などのねつによる症状を抑えてくれます。
胃腸の調子を整え水分代謝を上げるため、むくみを伴う胃腸炎にも効果的です。

アレルギー症状がある方や、水太りをしてしまう方にも使われる漢方です。

防已黄耆湯

水を身体に溜め込んで太ってしまうタイプの方にとても効果的な漢方です。

体が重い、関節に水が溜まりやすい、尿量が少なく、疲れやすくて風邪をひきやすい、といった方に適しています。
ダイエットをしたいけれど、関節が痛くて運動がなかなか難しいというケースに使われます。

牛車腎気丸

副腎などの疾患により水分代謝が悪くなったことが原因で起こるむくみを解消してくれます。
腎は病気以前に加齢によって機能が低下してしまうものです。

むくみに加え、脚の冷え、腰痛や関節痛などにお悩みの方にも効果的です。
体を温める作用もあるので血行促進にも期待できます。

おわりに

いかがでしたか?
むくみのメカニズムが分かると、意外と単純な方法で解消されることがわかりました。

ですが慢性的なむくみにお悩みの方などは長い目で見て毎日コツコツとアプローチしながら、身体に合いそうな漢方薬の力も借りられると解決が早まりそうですね。

むくみをなくして心も身体もスッキリさせましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事












ページ上部へ戻る