花粉皮膚炎に負けない!花粉の時期のスキンケアとメイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

実はその肌荒れ、花粉によるものかも知れません
花粉皮膚炎ってどんなもの?
スキンケアで気をつけたいこと
鼻のかみすぎで肌が荒れている時は…
メイクで気をつけたいこと
花粉対策が出来るコスメ

 

実はその肌荒れ、花粉によるものかも知れません


春はハンノキにスギにヒノキ夏はイネにヨモギにブタクサ
毎年、春が来ると花粉による諸症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。
目がかゆくなったり、ティッシュが手放せなくなったり、わずらわしいですよね。

「私は大丈夫、花粉症にはまだなっていない」
という運の良い方もいらっしゃるかと思います。
ですが、春先になると何故か肌が荒れる、という経験はないでしょうか?

実は私も数年前からそうでした。
目のかゆみや鼻炎の症状こそ出ないものの、春夏になるとどうも肌の調子が悪くなってしまいます
スキンケアやメイク用品は変えていないのに、肌に赤みが出たり、ひどい時は皮むけまでしたり……。

「季節の変わり目だからゆらぎ肌になっているのかな」
と思いつつ皮膚科を受診したところ、医師が一言。

花粉かも知れないね」

話を聞いてみると、目や鼻にアレルギー症状が出ていない人でも「肌荒れ」として花粉アレルギーの症状が出る場合があるそうです。
ついに私も花粉の脅威にさらされることになったか、と少しがっかりしつつ、肌荒れの原因が判明してすっきりしました。
原因がわかれば対策を立てられます。たとえそれが多くの人を苦しめている強敵・花粉相手であっても。

 

花粉皮膚炎ってどんなもの?


「花粉皮膚炎」という言葉を聞いたことはおありでしょうか。
字面からもわかるように、「花粉による肌荒れ」をこう言います。
バリア機能が低下した肌にアレルゲン(アレルギー症状をひきおこす物質)である花粉が付着することで、肌がかゆくなったり赤くなったりする炎症が発生します。

花粉皮膚炎の症状には以下のようなものがあります。
より症状が現れやすいのは目の周り鼻の周り口の周りなどの皮膚がうすい部分です。

  • 肌が赤くなったり黒ずんだりする
  • 肌が乾燥して粉をふいたり皮がむけたりする
  • 肌にかゆみや違和感がある
  • ニキビのような小さいブツブツ(湿疹)ができる
  • マスクがこすれる部分が赤くなったりヒリヒリしたりする
  • 基礎化粧品などがしみる

※赤みもかゆみもないけれど皮むけだけおきる、目に見える肌荒れはないけれどかゆみだけがある、という場合もあります。

炎症がひどい場合はステロイド剤などの外用薬が処方されることがあります。
市販薬にもステロイド剤はありますが、顔に使うには強すぎる場合があります。購入する際は薬剤師に相談して下さい。
ステロイド剤には副作用があります。自己判断で塗布せずに、医師や薬剤師の指示に従って使用しましょう。

かゆみが我慢できない場合や夜中にかきむしってしまう場合は、抗ヒスタミン剤で抑えられる場合があります。
市販薬にも様々な抗ヒスタミン剤が販売されていますし、内服薬として皮膚科で処方されることもあります。
眠気などの副作用が出る場合もありますので、こちらも医師や薬剤師の指示に従って使用しましょう。

肌荒れはひどくなればなるほど治療にも時間がかかってしまうもの。
肌のバリア機能をサポートするなどの予防はできますが、症状が出てしまったらスキンケアだけで治すのは難しいです。
「肌の調子がおかしいな」と感じたら早めに皮膚科にかかりましょうね。

 

スキンケアで気をつけたいこと


肌が荒れている時は一にも二にも保湿と保護が大切です。
乾燥して荒れているということは、肌のバリア機能が低下しているということ。適切な保湿と保護をすることで、肌のバリア機能をサポートすることができます。
肌荒れしている時はスペシャルケアなどは一旦お休みして、刺激の少ない保湿剤(乳液やクリームなど)を塗る、白色ワセリンなどで皮膜を作って保護をするなど、シンプルなケアを心掛けましょう

一点、気をつけて頂きたいことがあります。
基礎化粧品がしみてしまう時は、その基礎化粧品を使わないこと
しみる、というのはその製品が肌にとっての刺激になっているということです。
肌が元気な時にはプラスに働いてくれる製品でも、弱った肌にとっては刺激が強すぎて逆効果になってしまう場合があります
例えば美白成分。健康な肌にはプラスに作用してくれますが、荒れて敏感になっている肌には刺激が強すぎる可能性があります。
痛みやかゆみは言葉を話せない肌があげる悲鳴です。しっかり聞いて、優しくしてあげてくださいね。

本来は肌が荒れたらすぐに皮膚科にかかるのが望ましいのですが、どうしても都合がつかない場合は市販の医薬品・医薬部外品の保湿剤を使うという選択肢もあります。
例えば乾燥による粉ふきや皮むけが見られる際、皮膚科で処方される保湿剤のヒルドイド(後発薬:ビーソフテンローション/クリーム
有効成分はヘパリン類似性物質という成分で、「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」という3つの作用があります。
ヒルドイドやビーソフテンは処方薬ですが、市販薬にもこのヘパリン類似性物質が配合されているものがあります。
いずれも医薬部外品・医薬品なので常用せず、症状がある時にのみ使用するのが良いでしょう。
ヘパリン類似性物質配合の医薬部外品・医薬品にはこんなものがあります。

ロート製薬 ヘパソフト

ロート製薬 ヘパソフト

[薬用]顔の乾燥改善ローション(医薬部外品)
50g オープン価格(Amazon参考価格:749円)
100g オープン価格(Amazon参考価格:1,218円)

治療薬クリーム(第2類医薬品)
50g チューブ 1,100円(税抜)
100g ジャー 1,600円(税抜)

小林製薬 Saiki

小林製薬 Saiki

治療ローション(第2類医薬品)
30g 950円(税抜)
100g 2,400円(税抜)

治療エマルジョン(第2類医薬品)
30g 950円(税抜)
100g 2,400円(税抜)

治療クリーム(第2類医薬品)
30g 1,700円(税抜)

ノバルティスファーマ HPシリーズ

ノバルティスファーマ HPシリーズ

HPローション(第2類医薬品)
50ml オープン価格(Amazon参考価格:1,780円)

HPクリーム(第2類医薬品)
25g オープン価格(Amazon参考価格:1,317円)
60g オープン価格(Amazon参考価格:2,448円)

市販薬や通常の保湿で症状が改善する場合もありますが、やはり確実なのは皮膚科を受診して適切な判断を下して貰うことです。
確かに市販薬は手軽ですが、疾患を治療するものではなく、あくまで症状を改善するためのもの
自己判断であれこれ塗って何とかしようとするよりも、時間を作って医療機関を受診した方が確実ですし、結局は安く上がることがほとんどですよ。

 

鼻のかみすぎで肌が荒れている時は……


花粉の時期になると鼻のかみすぎで鼻まわりが赤くなる、という方も多いですよね。
ティッシュは水分や油分を吸い取るため、頻繁に鼻をかむと、鼻周りの水分・油分が奪われて肌のバリア機能が弱まります
また、摩擦による刺激も肌を傷める大きな要因です。
つまり、赤くなってしまった鼻はいわば満身創痍の状態です。労わってあげましょうね。

使用するティッシュをローションティッシュに切り替えると、肌への負担が多少減ります。
また、鼻をかむ際はティッシュを強く肌におしつけないようにしましょう。力が入れば入っただけ大きな負担がかかってしまうので、意識して優しくしてみて下さい。

さて、鼻のかみすぎで肌が荒れてしまっている時も、花粉によって肌が荒れてしまっている時も、まずすべきことは同じです。
しっかりと保湿をして肌のバリア機能をサポートすること、そしてワセリンなどで肌を保護してあげること。
ティッシュを使うと保湿剤や保護剤も拭き取られてしまうため、面倒ですがこまめな保湿・保護を心がけましょうね。

普段のスキンケア用品がしみてしまう場合は、刺激の少ない保湿剤を使用しましょう。前章で挙げた医薬品・医薬部外品の保湿剤も有効です。
うすくワセリンなどを塗って皮膜を作り、保護することも大切です。失われた油分は追加してあげましょう。
ワセリンを使用する場合は、まず手のひらで伸ばしてからハンドプレスするようにして薄くつけるとテカテカになりづらいですよ。

特に化粧品がしみないのであれば、一般的な保湿クリームで油分の補充をしても問題ありません。
ただ、肌が荒れている時は特定の美容成分が刺激になることもあるので、出来るだけ肌に優しいクリームを使って下さいね。
キュレルやセタフィル、ラロッシュポゼなどの、子供でも使えるクリームや敏感肌向けのクリームならばより刺激が少なく安心です。

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

40g 2,300円(税抜)

敏感肌でも使える、保湿成分セラミド配合のクリーム。
やわらかく、伸びの良いクリームです。

セタフィル モイスチャライジングクリーム

セタフィル モイスチャライジングクリーム

85g チューブ 1,706円(税込)
566g ジャー 3,456円(税込)

海外の皮膚科でも推奨されている、刺激の少ない保湿クリーム。
全身に使える、しっかりとした保湿感のある逸品です。

ラロッシュポゼ トレリアン リッチ

ラロッシュポゼ トレリアン リッチ

39g 4,860円(税込)

敏感肌用に成分にこだわって作られた保湿クリーム。
とてもしっとりとした使い心地です。

鼻のかみすぎによる肌荒れも、悪化すると治りにくくなってしまいます。
酷くなる前に皮膚科を受診しましょうね。

 

メイクで気をつけたいこと


仕事やおでかけの際など、肌が荒れていてもメイクをしなければならないのが女性のつらいところですね。
肌が荒れると化粧ノリも悪くなりますし、粉吹きや皮むけがある時のメイクに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
肌にとって化粧品は異物です。本来であれば肌荒れしている時はメイクをせずに肌を休ませてあげたいところ。
とはいえ花粉の飛散が治まるまでメイクをしないというのは難しいので、いくつかの点に気をつけながらメイクをして下さい。

まず、肌が荒れている時はメイク前の保湿をいつも以上にしっかり行うようにしましょう。
普段は何のトラブルも起きないような化粧品でも、荒れて敏感になっている肌にとっては負担が大きい場合があります。
しっかり保湿をして肌のバリア機能をサポートすることで化粧品による負担は多少軽減されますし、粉吹きや皮向けも少し目立たなくなりますよ。

花粉による影響を受けている時は、肌や粘膜が粉状のアイテムに敏感になっている場合が多いです。
またパウダーファンデーションやフェイスパウダーは粉吹きや皮向けを強調してしまいがちなので、リキッド状・クリーム状のアイテムを薄く塗るのがおすすめ。
どういう形状のアイテムでも厚塗りしてしまうとメイクが崩れやすくなってしまうので、あくまでも「薄く」というのがポイントです。
赤みが気になる場合はコンシーラーやグリーンのコントロールカラーを上手に使いましょう。

日中の保湿は肌が元気な時にもしたいものですが、カサついている箇所がある場合はいつも以上に保湿に気を遣いましょう。
化粧水ミストは油分が少なく逆に乾燥してしまう場合もあるので、美容液や乳液、クリームなどを使用するのがおすすめです。
肌が乾燥しているとメイクは崩れやすくなります。
出来るだけこまめに水分・油分を補うのが望ましいですが、難しい場合は化粧直しのタイミングでしっかり保湿をするようにしましょうね。

すっぴんでも、メイクをしていても、気をつけたいのは紫外線対策です。
塗る日焼け止めは毎日しっかり使いたいところですが、肌荒れしている時は日焼け止めさえしみてしまうこともあるかと思います。
日傘やストールなどのUVケアグッズや飲む日焼け止めを上手に活用しましょう。

ホワイトヴェール

ホワイトヴェール

美の専門家がプロデュースした飲む日焼け止め。
毎日たった2粒で紫外線対策ができる!
99.9%植物由来・Nutrox Sun(ニュートロックスサン)配合。

・定期コース
 初回限定980円(税込・送料無料)
※2回目以降は34%オフ4,980円(税込)
・単品7,560円(税込・送料無料)

レビュー記事はこちら

 

肌の花粉対策が出来るコスメ

完全に肌荒れを防げるわけではありませんが、イオンの力などで花粉が肌につきにくい状態にすることで肌荒れを軽減することができるコスメが最近増えています。
美容液タイプのものやスプレータイプのものなどがあるので、好みに合わせて取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

dプログラム アレルバリア エッセンス

dプログラム アレルバリア エッセンス

40ml 3,000円(税抜)
ウォータープルーフ処方なのに石鹸で落とせます!
赤ちゃん(新生児をのぞく)にも使える優しい処方です。
肌色カバーのできるBBタイプもあります。

レビュー記事はこちら

dプログラム アレルバリア ミスト

dプログラム アレルバリア ミスト

57ml 1,500円(税抜)
メイクの上から使えるので気軽に使えます!
皮脂崩れ防止成分配合、化粧ノリアップ効果も。

レビュー記事はこちら

イハダ アレルスクリーン N

イハダ アレルスクリーン N

50g 900円(税抜)
100g 1,600円(税抜)
特許取得済みの反発イオン技術で花粉やPM2.5をブロック!
手軽に使えるスプレータイプで、メイクの上から使えます。

アレルシャット 花粉 イオンでブロック

アレルシャット 花粉 イオンでブロック

50ml 1,000円(税抜)
陽イオンポリマーが花粉を反発・吸着し、酸化チタンが吸着した花粉の活動を抑えます。
潤水成分ヒアルロン酸ナトリウム配合。
メイクの上から使えるスプレータイプです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪







関連記事












ページ上部へ戻る