梅雨に向けて・・・安心して食べられるお弁当作りのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
梅雨に向けて・・・安心して食べられるお弁当作りのポイント

皆さんは普段お弁当を作っていますか?
節約のために作っている方もいれば、ダイエットなど健康管理のために作っている方もいらっしゃるかもしれません。
自分のため、お子様のため、旦那さんのため、など様々だと思いますが、これからの季節衛生面が気になりますよね。
暑い夏の前には湿気の多い梅雨の時期があります。
基本的にお弁当は時間がたってから食べるので、安全して食べられるためのポイントをご紹介したいと思います。

 

食材選びに注意する

基本的なことですが、食材は新鮮なものを使いましょう。
消費期限だけでなく自分の嗅覚でしっかりチェックしましょう。
梅干やわさびには殺菌作用があるといわれているので活用すると便利です。

 

調理前には手をよく洗い、感染を防ぐ

これも基本的なことですが、手は爪の間までしっかりきれいに洗い、傷口からの感染も徹底的に防ぎましょう。

 

詰めるときは、水気をよく切る

水気が多いと傷みやすいので、よく切ってから詰めるようにしましょう。
お弁当でよく見るプチトマトですが、洗った後そのまま入れるのではなくキッチンペーパー等でしっかり水気を切ることが大切です。

サラダスピナー,水切り,野菜,お弁当,梅雨,夏,対策
サラダスピナー(野菜水切り)

 

お弁当衛生シートを使う

最近ではお弁当の中身が傷みにくくなる「お弁当衛生シート」が市販されているので活用してみてもよいかもしれません。

お弁当,梅雨,夏,対策
スリムになったお弁当の衛生対策シート
天然カラシの抗菌成分でお弁当を衛生的にするシートです。
お弁当のご飯やおかずの上にのせるだけの新衛生習慣です。
のせるだけという手軽さが嬉しいですよね。

 

よくさましてから蓋をする

熱いうちに蓋をすると蒸気がこもって傷みやすくなってしまうので、完全にさましてから蓋をするのが大切です。

 

保冷機能付きのお弁当箱を活用する

最近ではこのような機能的な商品も販売されているので夏場など特に気をつけたいときは活用してもいいかもしれませんね。

お弁当,梅雨,夏,対策
GEL-COOL『スタンダードシリーズ』
使い方はとっても簡単です!
フタを冷凍庫で一晩凍らせ、そのあとお料理をつめてフタをセットするだけ!
保冷効果の目安は冷蔵庫で冷やした食材(5℃)を入れた場合、外気温が30℃で保冷時間(15℃以下)は3時間程度、25℃で4時間程度だそうです。

 

お弁当箱はすみずみまで洗浄する

洗いにくい角の部分もしっかりと洗い、蓋に付いているゴムの部分も取り外して洗いましょう。
しっかりと乾かすこともポイントです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
せっかくのお弁当ですから安心して美味しく食べられるのが一番ですよね。
最近では便利な商品がたくさん販売されているのでいろいろと活用してみてください。

Photo by saotin

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。

関連記事






ページ上部へ戻る