じわじわ流行ってる!ボタニカルアートの美しさとその魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
じわじわ流行ってる!ボタニカルアートの美しさとその魅力

「ボタニカルアート」という言葉を最近よく耳にすることはないでしょうか?
ボタニカル=植物学的な
アート=芸術(絵画)
ということで、植物を写実的に書いたボタニカルアートのアイテムが流行の兆しをみせています!

ボタニカルアートの約束事として

  • 実物大に描く
  • 背景を描かない
  • その植物以外描かない(花瓶や人物など)
  • その植物を脚色せずありのままに描く

というものがあります。
そんなシンプルかつ、崇高な規則と個性を壊さないボタニカルアートの魅力をお伝えしたいと思います。

 

家にあるだけでオシャレ!ボタニカルアートの画集

シンプルであるために、植物の美しさが際立つボタニカルアート。
私も1冊ボタニカルアートの画集を持っていますが、見ていて全く飽きません。
細やかな葉脈や花びらの1枚1枚が丁寧に描かれていて、眺めているだけでも幸せな気分に浸れます。
そしてなにより本棚にあったらオシャレ!
基本的に字は解説のみしかないために、学術的なことがわからなくてもイラスト集感覚で気軽に見られます。

 

バラ図譜 普及版

ボタニカルアートのパイオニアとも言うべき植物学者の ピエール・ジョゼフ・ルドゥーテが手がけたバラの画集。
「バラの画家」と呼ばれるほどにバラを精密に描くことで有名でした。
私もルドゥーテの画集を持っていますが、本当に美しくいつまでも眺めていたいほどにどのバラも個性的で綺麗です。

ボタニカルアート,画集,バラ
バラ図譜 普及版/ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ

 

ボタニカルアート 西洋の美花集

こちらは解説付きの画集。
花の知識もつくため、その花を見る目が変わってくるかもしれません。

ボタニカルアート,画集,バラ
ボタニカルアート 西洋の美花集 

 

香りも楽しめる!ボタニカルアート柄フレグランス

本物のように描かれた植物と同じ香りが楽しめたら想像力も湧いてきますよね。
ローズやラベンダーといった主流のものだけではなく、知らない植物の香りを知る楽しみにもなりそうです。

ボタニカルアート,画集,バラ
WAX LYRICAL RHS サシェ3個パック コットンフラワー
コットンフラワーのサシェ(香り袋)。
香りを知るまでにもパッケージで既にオシャレ感満載!
プレゼントとしても喜ばれそうですね。

ボタニカルアート,画集,バラ
コロニーRHSシリーズ/リードディフューザー/クラシックローズ 
クラシックローズのリードディフューザーは箱にもガラス瓶にもボタニカルアートのローズが描かれています。
箱を捨てるのがなんだかもったいない!
ガラス瓶も、使い終わったら飾っておくだけでもオシャレです。

 

ファッションにも取り入れたい!ボタニカル柄のアイテムたち

ボタニカルアート,画集,バラ
ビューティフルピープルボタニカルプリントパンツ
ボタニカルアートが洋服になることで、洗練されたレトロ感が生まれます。
フェミニンな印象のパンツですが、どこかカッコ良さも引き出してくれる1枚。

ボタニカルアート,画集,バラ
H.A.K ボタニカルプリントワンピース
今年トレンドの花柄ワンピースの特徴として、全体に柄をプリントせずに部分的に花柄を入れたりホワイトなどで余白をつくりシンプルなデザインなものがあります。
裾部分から植物が生えてきているようで、自分も自然の一部だと思わせるようなデザインが魅力的。

 

おわりに

最初に書いた4つの約束が守られていればボタニカルアートと呼べるそうです。
ですが、やっぱり手元に置くならより精密でクラシカルなアイテムがほしいですよね。
「ボタニカル柄」と名前がついているアイテムはたくさんありますが、中には4つの約束がほとんど守られていないものもあります。
正しい知識を持って、美しいアートの世界を心から満喫したいですね。

Photo by Ivan McClellan Photography

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事











ページ上部へ戻る