ニキビ対策に!毛穴の奥までキレイにする洗顔方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニキビ対策洗顔方法

毛穴のつぶつぶ気になりませんか?

著者が初めて毛穴に違和感を持ったのは中学生の頃でした。鼻の毛穴に何か黒いものが…ニキビでは無さそうだしこれは何だろう?思い切って摘んでみたら詰まっていた黒い米粒状のものがポロリと取れたんですね。

それはもう面白いくらいにキレイに。これが角栓だと知ったのはまた先の事ですが、この詰まっているものがポロリと取れる瞬間がなかなかに快感で。見つけるたびに押し出していました。

さらには思春期、油が気になるようになり洗顔はゴシゴシと力いっぱい擦っていました。しかしどんなに角栓を除去しても力いっぱい洗っても無くならない毛穴。

後にこの行為が非常に肌を痛めつけ、さらに毛穴が広がる原因になっていたと知り愕然としたものです。

皆さんの毛穴ケアの仕方は大丈夫ですか?今日は毛穴をキレイにする正しい洗顔方法をご紹介します。

正しい洗顔の仕方

1.クレンジング剤でメイクはしっかり落としておきます。

2.蒸しタオルを作ります。タオルを水で濡らし絞ります。それをロールケーキのようにクルクルと丸めてサランラップでキャンディーのように包みます。1分くらい電子レンジでチンすれば出来上がりです。大変熱くなるので注意してください。

タオル

3.蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を開きます。火傷しないよう注意してください。顔が温かくなって皮膚 が柔らかくなってきた気がしたらいよいよ洗顔です。

4.まずぬるま湯で顔をすすぎます。

5.洗顔料を手の平でよく泡立てます。この作業が重要です。ムースのようにきめの細かい弾力のあるふわふわの泡を作りましょう。泡立てネットなどで作ってもOK。

6.毛穴の目立つ鼻の部分から円を描くようにそっと泡を乗せて広げていきます。ゴシゴシと力を入れて洗わないようにしましょう。そっと優しく顔全体に泡を広げるのがポイントです。髪の毛の生え際や顔の輪郭、小鼻の窪みなど洗い残しの無いようにしっかり泡を広げましょう。皮膚に乗ったきめの細かい泡が毛穴に入り込み汚れを浮かして落としてくれます。

7.泡を洗い流します。ぬるま湯で流し残しのないようにしっかり洗い流しましょう。とくに髪の生え際や 輪郭部分は流しきれていない泡が残ってしまいがちです。注意しましょう。また手でお湯をすくって洗い流す場合は、手の平で顔を擦らないように20~30回くらい丁寧に洗い流します。

8.油や汚れが落ちきっているか確認します。まだ気になる部分がある時はその部分だけ同じ手順で洗います。

9.冷水で顔をすすぎます。冷たいかもしれませんが少し我慢をして隅々まで丹念にすすぎましょう。冷水ですすぐことにより開いた状態の毛穴をキュッと引き締めることができます。

10.最後にタオルを軽く押し付けるように素早く水気を取ります。決してゴシゴシと拭かないでください。皮膚を傷つけてしまいます。水気が取れたら素早く化粧水などで水分補給をしてうるおいを保ちます。

おわりに

どうでしょうか?普段ゴシゴシと洗顔をしていた人は今日から改善していきましょう。ふわふわの泡は擦らずとも汚れを取り除いてくれます。洗顔料は正しく使えばとても優秀なのです。みなさんも是非、今日からはじめてみてくださいね。

ニキビケアランキング1位 ルナメアAC

おすすめのニキビケアは「ルナメアAC」

毛穴の特性に着目!油溶性のニキビ予防成分配合ニキビケア

保湿★★★ 優しさ★★★ コスパ★★★

ルナメアAC
1,000円+税 
(1週間分)
送料無料
4点セット:洗顔料/化粧水/化粧水(2回分)/ジェルクリーム
おまけ:泡立てネット
ルナメアAC口コミ記事

 
オススメ記事➡大人ニキビは保湿効果の高い化粧水で治す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!

関連記事






ページ上部へ戻る