敏感肌の人必見!紫外線と肌の関係と正しい日焼け止めの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紫外線

みなさん日焼け止めを買う際、何を基準に選んでいますか?

値段?パッケージ?

恐らく大半の人は「SPF」と「PA」という表記を見て選んでいるかと思いますが、このアルファベットが何を表しているかご存知でしょうか?

「よくわからないけれど数字が大きい方が強力なのは知っている!」

「取りあえずSPF50/PA+++を選んでおけば安心!」

こんな理由で日焼け止めを選んでいる人、結構多いかと思います。

著者がそれでした(笑)

確かに数字が大きい方が紫外線防止の力が強いのですが、強けれはそれだけ肌への刺激も大きいんです。日焼け止めでお肌が荒れちゃって…という人たくさんいらっしゃいますよね。実はこの日焼け止め、数字が小さくてもちゃーんと日焼を防いでくれるんです。わざわざお肌に負担をかけて強力なものを選ぶ必要もありません。

今回は紫外線についての知識を踏まえて正しい日焼け止めの選び方をご紹介します。

紫外線の種類

紫外線は太陽光の中の目に見えない光で、UVA(A波)UVB(B波)UVC(C波)の3つに分かれています。

紫外線は波長が短いものほど人体に対し有害でありますが、オゾン層や大気中の酸素に吸収されやすくなります。

この為C波は危険度は高いもののオゾン層に遮れることによりほとんど地表に届くことはありません。

よって対策をしなければならないのはA波とB波の2つの紫外線になります。

日焼け止めにはこの2つの紫外線が肌の内部へ侵入してしまうことを防ぐ成分が配合されています。

紫外線の種類

危険なB波

B波は春から秋にかけてがピークで、主に肌の表面で吸収されます。

A波に比べエネルギーが強く有害で、浴びると肌に急激な変化を与えます。

海で一日遊んだら肌が真っ赤になってヒリヒリしたり、水ぶくれになってしまったりしますよね。

これはB波が皮膚細胞を破壊した事で起こり、皮膚がんやシミの原因になります。

しかしB波は大半がオゾン層に吸収され地表へ届く量は全紫外線の約10%と少量なので、日焼け止めや日傘、帽子などである程度対策が可能です。

侮れないA波

A波は波長が長いので、オゾン層を突破し地表へ届く全紫外線のうち90%を超えます。

1年を通して対策が必要です。

エネルギーは弱く急激な肌の変化は見られないものの、浸透力が高いため、皮膚の奥深くまで到達し、長い時間をかけてジワジワと肌を侵していきます。

ハリや弾力生む為のコラーゲンやエラスチンを変性させ、弛みやシワ少しずつ増やして老化へ繋げます。

「最近シワが増えたような…」

「あら、こんなに頬が弛んでいたかしら…」

このように安全に見えて侮れないのがA波です。

また、A波は雲や窓ガラスも平気で通り抜けてきます。

曇りの日や屋内に居る時でも気が抜けません。

B波A波の違い

SPFとPA 正しい日焼け止めの選び方

このようにB波とA波が肌へどのような影響を及ぼしているかがおわかりいただけたと思います。

ではこの紫外線を防ぐための日焼け止め選びです。

よくわからないけれど数値が大きいSPF50+/PA+++を買っておけば間違いない!

と思っている人居ると思います。

しかし数値が高ければ肌への負担もまた大きくなることは否めません。

日焼け止めは自身の生活に合わせて選ぶことが大切です。

SPFとは

まずB波をどれだけ防げるかを数値で表したものがSPFです。

数値が高いほど紫外線B波を防ぐ効果が高くなります。

例えば素肌に紫外線を浴びた場合平均で約20分程で赤く日に焼けてきます。

しかしSPF10の日焼け止めを塗った場合は

20分×10倍=200分

よって200分程度は日に焼けずに居られるということになります。

PAとは

PAは紫外線A波をどれだけ防げるかを表したものです。

[PA+ ]  UVA防止効果:弱

[PA++]  UVA防止効果:中

[PA+++] UVA防止効果:強

これらの表記から考えれば、通常の日常生活(通勤通学や買出しなど)ならば、SPF20/PA++ 程度の日焼け止めで十分対策できます。

日焼け止め選びの目安まとめ

日常生活(通勤・買出し)…SPF20/PA++

少し長めの外出(長距離ドライブ・ウォーキング)…SPF30/PA++

炎天下でのレジャー(海水浴・スキー)…SPF50/PA+++

おわりに

いかがでしたか?

意外に知らなかったこともあったかと思います。

お肌を荒らしながらも強~い作用の日焼け止めを塗っていた人はこれを機会にご自身のライフスタイルに合った日焼け止めを選び直してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!

関連記事


ページ上部へ戻る