これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画

どこへも行けないぐらいのどしゃぶり雨の休日。
なんだか出かけたくないぐらいダラダラしたい1日。
みなさんはどうやって1日を過ごしますか?
私は雨の日や引きこもりデーは小説や音楽を聴いたり、映画を見るには最適な日だと思っています。
外に出かけない日はイマジネーションを高めるには最適!
ラブコメやアクション、シリアス物の映画より、少しアンニュイな世界に浸りたい・・・。
そんな気分の時にオススメの映画をセレクトしてみました。

 

不思議映画の殿堂入り作品

アメリ

これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画
アメリ
誰でも題名くらいはきいたことのある有名映画。
フランス映画は好みが分かれるようですが、ストーリーの中に出てくる美味しそうなクリーム・ブリュレは大流行になりましたね!

あらすじ&内容

孤独な少女時代の影響か、主人公のアメリは妄想にふけるのが大好きな22歳。
いつでもどこでも暇さえあれば空想の世界と現実をいったりきたりしながらカフェで働いています。
ある日、住んでいるアパートのバスルームから小さな箱を発見します。
好奇心旺盛なアメリは探偵気取りで、その持ち主を探し出し箱を返しに行くことを決意。
思い出の箱を渡された持ち主は喜び、アメリも人と関わり幸せを共有する喜びを知っていきます。
これをきっかけに、人を喜ばせたり時にはいたずらをしてみたりと現実世界でアメリは自分の頭の中のイメージを実行に移しだすのです。
そんな中で気になる相手が現れるが、人を喜ばせたり驚かせることはできても自分のことはどうしたらいいのかわからない・・・。
そこでアメリは得意のユニークな発想で彼に気付いてもらうサインを出し始め精一杯のアピールを始め・・・。

色彩豊かな映像とパリの町並み、そしてアメリのキュートさが詰められた至極の不思議系ラブストーリー。
ゆったりとブリュレを片手にベッドに入りながら観るのがオススメ。

 

ビッグ・フィッシュ

これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画
ビッグ・フィッシュ
ティム・バートン監督作品の中でも私が1番好きな作品。
友達に勧められてなんとなく観たのですが、最後には感動しすぎて泣いてしまいました。

あらすじ&内容

ジャーナリストのウィル・ブルームの父・エドワードは自分の人生を面白おかしく人に語り魅了することが得意な不思議な人物。
話は奇想天外で、ウィルも子供の頃は大好きだったが年を重ねるにつれてそれが作り話だと信じないようになる。
そんなことは関係なしに、エドワードはウィルの結婚式でも、「息子が生まれた日に巨大な魚を釣り上げた」というスピーチをしてしまう。
自分の結婚式にまで作り話をする父親にウィルは激怒。
そこから父子の仲は悪くなってしまう・・・。
それから数年経ち、エドワードが病で倒れたという知らせを受けるウィル。
葛藤を抱えながらも家に帰り、父の荷物整理をしていると古い証書を発見します。
その証書に書かれていた女性の元をウィルは気になり訪ねてみることに。
その女性から聞く父の話には自分の知らないエドワードの過去や想い、作り話が真実である部分があることを知り父親を見る目が変わっていくようになります。

エンディングにはエドワードの回想シーンに出てきた登場人物が勢ぞろい。
深い愛情と夢が詰まった家族の物語です。

 

現実と夢が交錯する不思議な世界観の映画

ルビー・スパークス

これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画
ルビー・スパークス
こんな話、世にも奇妙な物語であったな、なんて思っちゃってましたが全然ホラーとかではありませんからご心配なく!

あらすじ&内容

19歳のときに天才小説家としてデビューした主人公カルヴィン。
ちやほやされている時期はつかの間、今では極度のスランプ状態に陥り何もかけない状態。
そんなある日、夢に出てきた女の子を主人公に小説を書き始める。
すると、突然その小説の主人公ルビー・スパークスがカルヴィンの前に現れます。
最初は幻想を見ているのかと疑うカルヴィンですが、彼女は彼以外の人達にも見えている、実在していることを受け入れます。
面白いことに、彼が小説に書いたことは何でもルビーはできてしまう。
2人は次第に恋に落ちていくが、だんだんとカルヴィンがルビーの行動に不満を持ち出す。
そこで、自分の理想を小説に書き加えていくけれど、2人の関係にはどんどん溝が生まれていってしまう・・・。
物語を見ていると恋のワクワクするような高揚感と葛藤や切ない気持ちを感じさせてくれます。
ですが1番のポイントは何でも自分の思い通りになってしまったら恋や人生はつまらないということなのかもしれません。

 

ミッドナイト・イン・パリ

これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画
ミッドナイト・イン・パリ
アートや小説家、パリの町並みが好きな方には必見!
錚々たる偉人たちに出会える不思議な物語。

あらすじ&内容

主人公の映画脚本家ギル・ペンダーは本当は小説家志望。
ですが裕福な婚約者のイネスやその家族はギルが小説家に転進したいと思っていることを快く思っていません。
イネスの家族とギルはパリに訪れ、創作意欲に駆られパリに住みたいと考え始めますがイネスはその考えには反対します。
パリでイネスの友人たちと落ち合いパーティーや買い物に出かけてもギルはどこか上の空・・・。
そんな中、酔っ払い1人で夜道を歩いていると夜中の12時に1台のアンティークカーが彼の前に停まります。
ギルはわけもわからないまま、その車に乗せられ、あるパーティーに誘われます。
そこにはスコット・フィッツジェラルドやジャン・コクトー、ヘミングウェイなど名立たる歴史上の有名な芸術家や小説家たちが集まっていました。
ギルは最初は酔っているのだと思っていたが、次第にこれが現実だと知り自分の書いている小説を読んでほしいと懇願する。
その日は次の夜に小説をガートルード・スタインに読んでもらう約束をして帰宅。
次の日も夜中の12時になると古い車が現れ、彼を1920年代へといざなう。
次第に彼はタイムスリップした中で小説を書き上げていき、現実世界をおろそかにしていきます。
そして、ピカソの愛人・アドリアナという女性に恋をしますが、彼女は19世紀に憧れを持ち、さらに2人は馬車に乗り時代をさかのぼっていくけれど・・・。

いつの時代も「あの頃はよかった」という言葉をいう大人は多いですよね。
過去は美しく輝いて見えるということを教えてくれるような不思議である意味深い映画です。

 

~アニメ編~

千年女優

これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画
千年女優
色彩豊かで映像美を観るだけでも価値のある映画。
今敏監督の中でも私がオススメするベスト3に入ります。

あらすじ&内容

芸能界を引退した大女優・藤原千代子が自分の所属していた映画会社「銀映」が取り壊されることのインタビューを受けることによって物語は始まる。
引退して30年間一切マスコミの取材を受けなかった千代子がインタビューを受ける際に、インタビュアーで千代子の大ファンであった立花源也が古めかしい鍵を千代子に渡す。
その鍵は千代子が女学生の頃出逢った名も知らない絵描きの青年からもらったものだった。
思想犯として追われていたところ、千代子がかくまうことで2人の距離は近づいていく。
だが、居場所がバレてしまい、2人はいつか約束の場所で再会する約束をします。
千代子は彼との約束を果たすため、銀映に入り有名になることを決意する。
千代子はただ「鍵の君」に一目会いたいという想いを胸に大女優への階段を昇っていく。

ほとんどが千代子の回想シーンで構成されていますが、ところどころ現実に戻ってきたりインタビュアーの立花が映画の中にエキストラになったりとめまぐるしくも楽しい映像が見られます。
最後は切なく、非現実的なエンディングですが女優魂を感じるような演出が魅力的です。

 

パプリカ

これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画
パプリカ
筒井康隆の小説をアニメーション映画化したもの。
夢と現実の交差する狂気と狂喜に満ちた展開に目が離せません!

あらすじ&内容

主人公の千葉敦子は、夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。
夢の中ではパプリカという少女となり様々な姿に変身して人と夢を共有しセラピーを行っている。
ある日、そのDCミニが研究所から盗まれ事件が起こる。
DCミニを悪用し、強制的に他人の夢に入ることで相手に夢か現実かをわからなくさせてしまうのだ。
最初の被害者は、研究所の所長・島寅太郎。
突然夢に侵入され夢と現実の区別がつかなくなり研究所のビルから訳のわからない言葉を話しながら飛び降りてしまうというショッキングな事件から物語りは始まります。
一体誰が盗んだのか?これは夢なのか?それとも現実なのか?
敦子は夢とも現実ともわからない世界でパプリカとなり問題を解決しようと奔走する。

こちらも千年女優と同じ監督の今敏作品。
映像がとてもキレイ!だけど少し怖い部分があったりして、どんどん引き込まれていくような内容です。

 

夢や希望、愛を感じるイマジネーション映画

エターナルサンシャイン

これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画
エターナルサンシャイン

こあらすじ&内容

もうすぐバレンタインという時に、主人公のジョエルは恋人のクレメンタインとケンカをしてしまいます。
何とか仲直りをしようと思い、彼女の勤め先の本屋に行くがクレメンタインはジョエルを知らない人と離すかのように装う。
しかも同じ職場の男とジョエルの前でイチャついたりとヒドイ仕打ちをされてしまう。
ショックを受けたジョエルだが、たまたまクレメンタインが記憶を消す手術を受けたことを知ってしまう。
驚いたジョエルだったが、自分も彼女との記憶を消してしまおうと、手術を受ける決意をする。
夢の中で徐々に彼女との思い出が消えていく中、だんだんと彼女との記憶を消したくないという気持ちが芽生えます。
ジョエルの頭の中ではクレメンタインが小さな子供になったり突然大きくなったりと記憶がぐちゃぐちゃに・・・。

失恋した時、誰でもこんなに辛いなら今すぐに忘れたいって思いますよね?
だけど、本当に消してしまってもいいのかな?と考えさせられるような映画です。
私はひどい失恋をした時、エターナル・サンシャインを何度も観ました。
その時は記憶が消せるなら全て映画みたいに消し去りたいと思っていましたが、今ではそれは間違った考えだったと思っています。

 

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

これは夢?それとも現実?不思議な感覚のアンニュイ映画
マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

あらすじ&内容

マゴリアムおじさんが経営するおもちゃ屋は創業113年!
おもちゃ達は命を吹き込まれたかのように店内を動き回っている夢のようなお店です。
ある日、243歳になったマゴリアムおじさんは引退し23歳の雇われ支配人のモリーにお店を継がせるとおもちゃ達に宣言します。
マゴリアムおじさんが好きなおもちゃ達は大反対。
そしてモリーも困惑してしまいます。
実はモリーは元天才ピアニスト少女でしたが、成長して才能がなくなり自信を持てなくなってしまった女性なのです。
モリーの自信のなさとマゴリアムおじさんがいなくなったことで、煌びやかなおもちゃ屋さんはどんどん薄暗く荒れたものへと変貌していってしまいます。

おもちゃ達が意思を持っているというファンタジー映画ですが、そこには希望や勇気、そして何より自信を持つことの大切さがこめられている物語だと思います。
子供向けファンタジー映画と評価されているようですが、夢を見続ける大人にはオススメの映画です。

 

おわりに

私は一時期、非現実を感じるような映画やアニメ、小説ばかりを読んでいたら本当に夢なのか現実なのかわからなくなってしまうことがありました・・・。
そこまで感情移入する人はあまりいないかと思います。
ですが、「事実は小説より奇なり」という言葉がありますから感性を磨くことで実際に不思議な体験をすることができるかもしれません。
大人になっても夢見る心はいつまでも持ち続けていたいですね。

Photo by jeronimoooooooo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事











ページ上部へ戻る