どうする?同じ大学内で別れた彼氏を忘れる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どうする?同じ大学内で別れた彼氏を忘れる方法

恋人との別れは辛いものですが、同じ大学に通っている同士の2人が別れてしまったら、こんな面倒な事はありませんよね。 これからもキャンパス内で顔を合わせるかもしれないし、同じ授業、同じサークルでやっていかないといけないかもしれません。 みなさんの中にも、そんな経験をした人がいると思います。 今回はそんな大学内でのシチュエーションに注目して、どうやって失恋を乗り切ればいいか、どのような心持ちでいればいいのかなどを教えちゃいます。    

1.女友達と遊びに行く

大学内で失恋した際に良い気分転換になるのは、親しい女友達と遊びに出かける事。 美味しい物を食べながら女子会を開くのも良いし、友人宅や自宅で朝まで飲むのも楽しそうですよね。 カラオケやクラブに行って歌って踊って発散するのも、嫌な思い出を消すには持って来い! 親しい友達と時間を共に過ごす事は、世の中で彼氏が1番大事なんだってことを忘れさせてくれるでしょう。  

2.授業や課題に専念する

元彼と過ごしていた時間が単位のために捨てた時間だと考えてみて下さい。 失恋した後の時間は、勉学に励むために費やしましょう。 溜まっていた課題はありませんか? 落としそうになっている授業はありませんか? 今まで彼氏と遊んでいた時間を取り戻すために、勉強に集中してみて下さい。 そうすればいい成績も取れて彼氏のことも忘れられて、良い事尽くめですよ!  

3.1人の時間を楽しむ

失恋して何かに没頭するのもいいですが、気楽に1人の時間を楽しむのも大切です。 ソファやベッドに横になってDVDを観るなどしてリラックスしてみましょう。 キャンパスにDVD視聴スペースなどがあれば、そこで時間を過ごすのもいいかもしれません。 何も考えずに、頭の中を空っぽにするのも失恋を忘れさせてくれますよ! それから自分の事を考えて、何をすべきか見つけていきましょう。  

4.新しい場所を見つける

元彼と一緒に過ごしていたキャンパスは今まで以上に小さく見えるかもしれません。 2人で過ごした学食、勉強場所、その他の2人だけのお気に入りの場所など… 彼がいないと色あせて見えてしまうかもですね。 だからこそ、あなただけのお気に入りの場所を新しく見つけましょう! 2人で過ごした思い出の場所は過去の関係のものだと割り切っておくのも大事ですよ。 キャンパス内には探せば今まで以上に良い所があるかもしれませんからね!  

5.まだ自分が若いと自覚する

大学で出会った彼氏が必ずしも生涯のパートナーとなる訳ではありません。 中には大学で出会ってゴールインしたカップルもたくさん居るでしょうが、そうしなきゃダメだと決めつけてはいけませんよ! 大学は恋人を探す場でもありますが、自分に気づき人として成長する場でもあるのです。 ですから、大学時代にデートした男性と結婚しようとか、これからも共に過ごそうとか力む必要はありません。 キャンパスの外にも魅力的な男性はたくさんいますし、もしかしたら今まで付き合ってきた人たちよりもっとあなたに合った人に出会うかもしれません。 そういう心持をしていれば、失恋した悲しみも次第に薄れていくでしょう。  

6.元彼の行動をチェックしない

大学内で別れた相手の行動は嫌でも目に付くかもしれませんが、それを気にしないのがベストです。 徹底的に無関心になりましょう。 彼のフェイスブックも無視、ツイッターも無視、その他のSNSでも彼のする事を気に留めないでおきましょうね。 もちろん構内でストーカーするなんて時間の無駄ですので、それも止めておきましょう! このように彼の人生をチェックするのを止めれば、あなたの心にも余裕ができて彼の事を次第に忘れられるようになるでしょう。  

おわりに

きっと、ほとんどの人が大学内で失恋の経験があると思います。 ただでさえ失恋は辛いのに、学内で顔を合わせるのは気まずいし辛いですよね。 それを乗り越えるのは大変だと思いますが、迷った時はこれらの方法を試してみて下さい! きっと今まで以上に楽に失恋の悲しみから抜け出す事ができるでしょう。

参考元:all women stalk Photo by kaizen.nguyễn (gatag.net)

本格的な占いをしたい方にオススメの記事

【実際に試しました!】>>電話占いウィルの口コミ
安萄ミアの無料タロット占い【復縁占い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。







関連記事











ページ上部へ戻る