夏野菜を買うならここをチェック!選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏野菜を買うならここをチェック!選び方のポイント

皆さんは、スーパーで食材を買う際どのような点を注意していますか?
産地?鮮度?価格?
人それぞれ注意するポイントは違うかと思いますが、今回はいくつかの食材の選び方のポイントをご紹介したいと思います。

 

トマト

たくさんの魅力的な効能が知られているトマト。
著者もお弁当に必ず入れています。
プチトマトはサッと洗ってそのまま食べることができるので手軽ですよね。

最近ではたくさんの種類のトマトが販売されていますが、何が違うのかな~という方は糖度をぜひ参考にしてみてください。
フルーツに近い糖度のトマトは本当に甘いですよ。

また生食向きなものから加熱向きなものまで様々なので用法にあったトマトを選ぶと料理も美味しくなります。
選び方は色が鮮やかで、ヘタがピンとしているものがおすすめです。
また、持ってみて重量感があるものがよいです。

 

なす

なすといえば、これからの時期とても美味しいですよね。
食欲がなくなってしまいがちな夏はなすと大葉を黒酢などで味付けしたさっぱりした一品を作ることが多いです。

選び方は皮に張りがあって光沢のあるものがおすすめです。
またヘタにあるトゲが痛いくらいのもののほうがよいですよ。

ちなみに、なすは油との相性がよいのであらかじめ電子レンジで加熱したりサッと茹でておくと、油の吸いすぎを抑えられるそうなのでお試し下さい。

 

かぼちゃ

かぼちゃの選び方としては、丸ごとの場合は皮の緑色が濃く、ずっしりと重みのあるものがよいです。
またカットしてあるものは断面の色が濃いもので、種やわたがたっぷりと詰まっているものを選びましょう。

ちなみに保存するときは、カットしてあるものは、種とワタをスプーンで取り除いてからラップでぴっちり包んで冷蔵保存しましょう。

 

きゅうり

夏は冷やしたきゅうりが美味しい季節ですよね。
ごま油などで味付けすればお酒のおつまみにもぴったりです。

選び方は、表面の色が濃く、イボがかたく痛いくらいのものがよいです。
ちなみに曲がっているのは気にしなくていいそうですよ。
曲がっていてもよいのでできるだけ太さが均一なものを選ぶようにしましょう。

 

グリーンアスパラガス

グリーンアスパラガスはゆででマヨネーズを付けるだけで立派な一品になりますよね。

選び方は、穂先がピンとしていて、茎の太さが均一なもので、色鮮やかなグリーンをしているものがおすすめです。
茎があまりにも細いものは筋っぽいので避けたほうがいいそうです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
著者も自分が資格の勉強をするまではただなんとなく選んでいましたが、美味しい野菜の選び方を知れば知るほど、買い物が楽しくなりました。
重さは持ち比べてみるとすぐにわかりますし、きゅうりなどのイボなんかはパッとみてすぐに違いがわかるかと思います。
意識していくとなんだかたくさん陳列している野菜さんたちが可愛くみえますよ(笑)
みなさんもぜひより美味しい野菜を選んでみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る