もう一度おさらいしてみませんか?日焼けとめの選び方・使い方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう一度おさらいしてみませんか?日焼けとめの選び方・使い方のポイント

だんだんと日差しが強い日が増えてきましたね。
皆さんはきちんと紫外線対策していますでしょうか。
著者は皮膚が薄いので日焼けしないよう、年中紫外線対策を行っています。
この時期は日焼け止めに、日傘サングラス帽子…と完全防備で出かけることも少なくありません。
そこで今回は日焼け止めの使い方のコツと日焼け止め化粧品選びの簡単なポイントを今一度おさらいしてみたいと思います。

 

SPF・PAの両方の値をチェック

SPF・PAって皆さんどんな意味かご存知でしょうか。
「SPF」とは紫外線B波のカット効果を示すもので、「PA」は紫外線A波のカット効果を示すものです。
A波?!B波?!と思われる方いらっしゃいますよね。
A波は真皮にまで到達し、ダメージを与えて老化を促進してしまいます。
また、B波はエネルギーが強くサンバーン(赤くなってヒリヒリする日焼け)を起こしてしまいます。
このSPFは何も塗っていない状態に比べてサンバーン状態になるまでの時間を何倍に伸ばせるかの目安だそうです。
つまり両方の数値を確認する必要があるのです。

生活シーンによって数値の高いもの、低いものを選ぶようにしましょう。
ただし、高いものやウォータープルーフのものは肌への負担も強くなることをお忘れなく。

 

紫外線吸収剤フリーかをチェック

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収する化学物質のことです。
紫外線を吸収すると、肌の上で化学変化を起こし、紫外線の影響を和らげることができます。
この紫外線吸収剤が敏感肌の場合は肌にとって刺激になってしまう場合があるそうです。
ですから、「紫外線吸収剤不使用」とか「紫外線吸収剤フリー」とか、「ノンケミカル」と表示されているものを選ぶようにしましょう。
以前お肌に優しい日焼け止めをご紹介したのでそちらもぜひ参考にしてみてください。

>>紫外線対策はもう始めていますか?おすすめのお肌にやさしい日焼け止め

 

使用量をしっかり守る

日焼け止めの適量って意外と多いのですが、実際に女性が使っている量は平均的にその4分の1だと言われているそうです。
当然塗る量が少なければ日焼け止めの効果も下がってしまいますよね。
たくさん塗るとベタベタしていやだな~という方は、シミができやすい頬骨あたりだけ少し厚めに塗るようにしましょう。

 

パウダーファンデーションを重ね塗り

パウダーファンデーションの色粉は紫外線散乱剤(紫外線を肌の上で反射させる物質のこと)と似ているそうで、日焼け止め化粧品を塗るだけよりもより確実に紫外線カットをすることができます。
ちなみに著者は負担を最小限にするためにルースパウダー(粉おしろい)を使うことが多いです。

 

メイク直しはこまめに

メイクが崩れているということは、UVケアも崩れているということ…。
そのまま放って日差しの下を歩くのは危険ですよね。
メイク直しをこまめに行って1日中紫外線対策を行うようにしましょう。

 

生理前はUVケアを特に念入りに

アウトドアを楽しむ時の他に、生理前も念入りなUVケアが必要です。
というのも、生理前は黄体ホルモンの分泌が多くなるのですが、黄体ホルモンは紫外線感受性を高めるのでこの時期は日焼けしやすくなっているのだそうです。
生理の時って体が重たくてすっぴんで過ごすことが多い著者ですが、この時期はノーメイクでもしっかり紫外線対策だけは行うようにしています。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今日から始められる簡単なポイントをご紹介しましたのでぜひ今年のこれからの季節、いつもよりもちょっと丁寧にUVケアをしてみてください。

余談ですが著者の祖母はいつもサングラスや日傘をしてとってもオシャレで美人でした。
その祖母は今でも本当にびっくりするくらい色白でシワも全然ありません。
若い時からのケアの積み重ねが今現れているんだと思います。
皆さんもぜひこれからの未来のために一緒に頑張りましょう!

Photo by Tracy Balcius

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mio

著者の記事一覧

はじめまして。
ライターのmioです。
食生活アドバイザー(3級)、ジュニア野菜ソムリエ、ベジフルビューティセルフアドバイザー、食育メニュープランナー。
毎日をハッピーに過ごせる方法を日々探しています。Lierではライフスタイル記事を中心に執筆させて頂きますので宜しくお願い致します。







関連記事











ページ上部へ戻る