朝のひと手間が分かれ道!?夏の美的お悩みあるある対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝のひと手間が分かれ道!?夏の美的お悩みあるある対策!

気温の上昇による皮脂分泌の増加や汗、強い紫外線の影響で肌がくすんだり乾燥して肌力が低下する夏。
お化粧ののりが悪い、すぐに崩れる、毛穴の開きが目立つ…と、悩みは尽きません。
そこで今回は、簡単な改善テクをご紹介♪
朝の美容法を少しだけ変えて、お悩みから解放されちゃいましょう!

 

ひと手間でお悩み改善&キレイ度アップ☆

 

肌がごわごわしてメイクがのらない!

これは角質肥厚と肌の水分不足からくるもの。
まずはお肌を柔らかくして、しっかりと水分を肌に入れ込むことが大切です。

●古い角質を除去するためのスクラブ洗顔が有効。
お肌がデリケートでスクラブはちょっと…という方は、角質をやさしく取り除いてくれる拭き取り化粧水の使用がおすすめ!

●スキンケアの前に蒸しタオルで顔をあたため血行を促進させると、肌機能がアップし、肌事態も柔らかくなりますよ。
スキンケアの浸透も良くなるので是非お試しを。

●化粧ののりと持ちの改善には保湿がマスト!
シートマスク化粧水をたっぷり染み込ませたコットンパックでしっかり潤いを与えましょう。

 

とにかく毛穴が気になる…

この時期の毛穴のお悩みは「開き」「詰まり」「黒ずみ」と様々。
ファンデが毛穴に落ち込んでしまったり、ざらつきが気になったり。
毛穴に関しては、【詰まらせない】、【開かせない】お手入れが必要。

●毛穴の詰まりを取り除いてくれるポアケアコスメを賢く使用しましょう。

収れん効果のある化粧水やミストで毛穴を引き締めるお手入れを。
過剰な皮脂分泌を抑えてくれますよ。

●見た目的に毛穴を即改善したい方には、毛穴レス下地がオススメ。
メイク前に塗ることで、毛穴をなかったことにしてくれます。
ただし、根本から改善することがやはり大切なので、スキンケアでも毛穴対策コスメを投入し、しっかりケアしてください。


>>毛穴が消える!シュウウエムラの下地POREraserで化粧崩れなし!

 

くすみのせいで疲れて見えてしまう

いつものファンデが浮いて見えたり、肌の色が冴えずに疲れた印象を与えてしまうのがくすみ。
代謝の低下や乾燥、冷えが原因です。
透明感のある肌を取り戻していきましょう♪

●救世主は蒸しタオル。
血行を促進するので、くすみやむくみに効果あり。
目がむくんでいる時にもオススメです。

●炭酸洗顔やミストを投入。
肌代謝が見違えるほどアップ。
血色も良くなります。

●朝の洗顔をぬるま湯&冷水で行い、顔の巡りを促進。
最後に冷水で洗うことで、肌の引き締め効果も。

●目周り、小鼻周り、口角のくすみや色むらが目立ちやすい部分をコンシーラーでカバーする。
この三カ所を押さえておけば、ファンデは薄塗りで大丈夫。
メイクの時短にもなりますよ(^^)

 

ポロポロしたカスが出てきてストレス!

朝の忙しい時間、ただでさえ早くメイクを仕上げたいのにポロポロが出てきて更に時間が…なんてことを経験したことがある人も多いのでは?
これはスキンケアと下地やファンデがうまく馴染んでいなかったり、乾燥による皮むけが原因です。

●まずはしっかり保湿が優先。
時短したい人にはミスト状の化粧水がオススメ。
1本で下地までの役割をしてくれるものもあるので、上手に使い分けましょう。

●スキンケアはババッと重ねて塗らずに、ハンドプレスできちんと馴染ませてから次のものを使用しましょう。

 

ファンデがよれてしまう

お直し時に多いのがファンデのヨレやムラ。
上からファンデを重ねると、肌に段差が出来てキレイに直すつもりが余計に汚く…なんて悲しいことに。
実は簡単に直す方法、防ぐ方法があります。

●お直し時に、乳液やクリームでムラ・ヨレを伸ばして肌に馴染ませる方法がラクチンかつキレイ。
ポーチにミニサイズやサンプルの乳液やクリームを入れておくと便利です。

●上記が難しい方は、ミストを。
お直し前に気になる部分に少量ミストをかけ、同じようにヨレ・ムラを馴染ませます。
そしてファンデでのお直し後に顔全体にミストをしておけば、ぴたっと密着して、メイクののりと持ちもよくなりますよ。

 

おわりに

メイクは女性として、社会人としての身だしなみのひとつ。
それ故に日々の悩みも尽きませんが、少しのコツや手間で意外と簡単に解決したりもするものです。
まずは出来そうなものから取り入れてみてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:関まり子

著者の記事一覧

1981年生まれ。美容部員を経て、現在美容ライターとして活動中。
本とお酒とチョコレートが大好き。
Lierでは美容を中心に、キレイに役立つ情報をお伝えしていきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る