肌の浸透力に変化!プレ化粧水は肌の救世主

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肌の浸透力に変化!プレ化粧水は肌の救世主

乾燥の原因は浸透力の衰えが原因?

最近、いつもより肌が乾燥しているなと感じることはありませんか?
洗顔直後の素肌の状態がいつもより頬が赤らんでいたり、かゆみを感じたら、それは肌が乾燥しているサインかもしれません。

肌の乾燥といえば冬に起こる症状だと思われがちですが、夏の肌は紫外線やエアコンの影響で、自分で思っている以上に乾燥しているものです。
乾燥した肌を健やかに保つには、日々の保湿が欠かせません。

しかし、乾燥した肌の表面は硬く、化粧水などの潤い成分が浸透しにくいもの。
肌を畑の土に例えるなら、健康な肌はしっとりと水分を含んだ良質な土壌のような状態ですが、乾燥している肌は、目の粗い砂のようなもの。
そんな状態では、いくら高い化粧品を使っても、ベースの肌が乾燥していては、化粧水や乳液はなかなか浸透してくれません。

  • 最近、化粧水の減りが気になる
  • 入浴後に保湿パックをしても効果が感じられない
  • 化粧水の浸透が悪く、乳液がべたつく

これらの症状が出始めたら、肌が乾燥しているサインです。
いつものケアに加え、プレ化粧水を使用したホームケアを行ってみませんか。

 

洗顔後の肌がもちもちに “プレ化粧水”の実力とは?

プレ化粧水とは、化粧水の浸透をよりよくするための化粧水。
洗顔後の肌にプレ化粧水をつけることで、肌の状態が健やかに整います。
ベースの肌が潤うことで、化粧水や乳液、美容液などがより浸透し、肌への吸収力もより高まります。

メーカーによって商品名は異なりますが、一般的には「プレ化粧水」や「ブースター」「導入美容液」「ふきとり用美容液」などがプレ化粧水と呼ばれるもの。
使用方法も様々で、「拭き取りタイプ」「ミストタイプ」「ローションタイプ」などの種類があります。

拭き取りタイプの特徴

拭き取りタイプの大きな特徴は、肌の余分な皮脂や角質を取り除き、肌のきめを整えてくれること。
クレンジング後の肌には化粧がわずかに残っていたり、皮脂などが付着しています。
そんな状態でいくら高級な化粧水や美容液を使っても、肌の奥まで化粧水や美容液の成分を届けるのは無理。
いつも肌がざらざらしていたり、小鼻やおでこに皮脂の分泌が多い方は、化粧水の前にふきとり用化粧水でのケアがオススメです。

皮脂を取り過ぎてしまうこともあるので、特に乾燥が気になる方や肌が敏感な方は、週に1〜2度の使用がベスト。
コットンに拭き取り用化粧水を含ませたら、優しくなでるように拭き取ってください。

プレ化粧水,おすすめ,効果,潤い,浸透力
純米角質柔軟剤 美人ぬか
1,058円

 

ミストタイプの特徴

お風呂上がりの肌にシュッと吹きかけて使用するミストタイプ。
成分は、温泉水や天然水などが一般的です。
粒子が細かく浸透が良いので、肌表面の角質を柔らかくし肌の内部を整えてくれます。
そのため、洗顔後の肌のつっぱりや乾燥を和らぎ、化粧水の浸透を高めてくれます。
余計な成分が含まれていないので、お風呂上がりや洗顔後の乾燥した肌に吹きかけるのはもちろん、オフィスや学校など乾燥が気になる場所で、メイクの上からシュッと吹きかけることもできます。

プレ化粧水,おすすめ,効果,潤い,浸透力
エポラーシェ お肌と髪のごはん水
1,944円

紫外線やエアコンの影響を受け乾燥しやすい夏のお肌。
今年は、プレ化粧水をプラスしたダブルケアで、 肌の浸透力を高めましょう。

こちらの記事もプレ化粧水にどうぞ♪
>>安いのにすごい!プチプラコスメ! おすすめの化粧水大集合

30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。







関連記事











ページ上部へ戻る