食べ過ぎちゃったらその日のうちに見て!次の日に体重をリセットさせるための7つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ過ぎちゃったらその日のうちに見て!次の日に体重をリセットさせるための7つのコツ

飲み会やパーティ、旅行などでうっかり食べ過ぎてしまった時にどうしていますか?
体重に気を付けていても、普段とは違う場所で美味しい物がたくさんあると、ついたくさん食べてしまい、後々後悔しちゃいますよね。
体重計に乗ったら「1回の食事でなんでこんなに増えるの!?」と思った恐ろしい経験は誰にでもあるのでは?
食べすぎでお肉が乗ったウエストラインを元に戻すのも難しいですよね。

でも食べてしまったのだからしょうがない!
できるのは、「その後どうするか」という事です。
ハードな食事制限や運動は一切ナシ!
食べ過ぎた次の日に実践したい、元の体型にリセットできるコツを紹介します。

 

その1.自分を厳しく責めない

食べすぎで太っちゃった…どうしよう!
たくさん食べてしまった次の日には誰もが思うでしょうが、考え詰めて自分を責めて身体にストレスを与えるのは良くないです。
いくら責めても食べた過去は変えられません。
潔く事実を認め、諦めましょう。
ネガティブになっていたら、次の行動に移す気力も湧いてこないですよね。
「大丈夫!なんとかなる」と楽観的になれば頭も心もすっきりして、気持ちを切り替えてリセットに臨めるでしょう。

 

その2.普段の生活に戻る

食べ過ぎた過去を忘れたら、ちゃんとした日常生活に戻りましょう。
食べ過ぎてしまうと、ついつい気が緩んでしまったり胃が大きくなってしまって、次の日以降も普段よりもたくさん食べてしまいがちです。

また、今まで運動していた人は、食べ過ぎた事でモチベーションが下がって運動するのも嫌になるかもしれませんね。
糖分いっぱい、高カロリーな食事を取って自分を甘やかしてしまった後に切り替えるのはとても大変だと思います。
でもそこは我慢どころです。
何も食事を抜いたり減らしたりする訳ではありません。
次の日からはいつも通りの食生活に直し、いつも通りの運動を続ければいいだけの事!
食事を減らしたり運動量を多くすることによってストレスがかかり、さらなる食べ過ぎに繋がってしまう恐れもあるので、「いつも通り」を心がけるのがベターですよ!

 

その3.水をたくさん飲む

いつも通りの食生活に加え、とにかくお水をたくさん飲みましょう。
「食べ過ぎでまだお腹が満腹なのに、そのうえ水を飲むの!?無理無理!」なんて思っちゃいましたか?
でも安心してください。
しっかり水分補給をすることで嫌な満腹感が消え、逆にお腹がスッキリします。
水は飲んでも太りませんし、体の中を綺麗にしてくれますから、どんどん飲むべきですね。

さらに水分補給をすることで血圧を下げてくれる効果もあるんですよ!
食べ過ぎた後に限らず、普段から水分補給をコマメにしておくのをおススメします。

 

その4.ストレッチをする

朝起きたら軽くストレッチをしてみて下さい。
身体を軽く動かすことで腸内が刺激され、腸内運動が活発になって毒素を排出してくれます。
食べ過ぎた次の日はいつもより15分~20分ほど早く起きて、その時間をストレッチに費やしましょう。

食べ過ぎ→便秘に陥ってしまうと、腸内環境も悪くなり、いつまでもお腹の不快感が消えないままです。
朝早く起きるのが億劫かもしれませんが、いつまでも体の中に毒素を溜めこんでおくよりは断然良いと思います。
たくさん消化して腸はいつもより弱っているかもしれません。
しっかり刺激して、元気にしてあげましょう。

 

その5.筋肉を意識する

朝に十分ストレッチをした後なら、体も軽くなって気分も良くなるはず。
きっとヤル気も湧いてくるので、その調子で軽い運動をしてみましょう。
縄跳びやランニング、サイクリングなどのハードな運動がより脂肪を燃やすのでベターですが、大事なのは「発汗」と「脂肪燃焼」です。
汗をかいて毒素を身体から追い出し、脂肪を燃やすように心がけましょう。
通勤・通学で呼吸法を変えてみる、お腹に力を入れて意識して歩く、家事や掃除で運動を取り入れてみる、なんて簡単な事でもOK!
意識して筋肉を動かすことで消化も促され、身体の中から綺麗になる事間違いなしです。

 

その6.身体に良い物を食べる

先ほど食事制限は必要ないと言いましたが、食べる物にちょっと気を付けるだけで、その後の体重推移が変わってきます。
とにかく野菜はたくさん食べるようにしましょう。
野菜は消化に良いので、食べすぎで疲れ果てた消化機能を休ませてくれます。

生野菜が苦手、野菜自体が苦手!という人にはスムージーがおススメ。
野菜をミキサーに入れてボタンを押すだけで簡単に大量の野菜が摂取できるので、朝に時間の無い人にもおススメです。
特にケール(青汁)は低カロリーで栄養も豊富なのでお腹をほっそりさせたい人には嬉しいですね!
食べ過ぎるとニキビや吹き出物に悩まされる人も、ケールでしっかりビタミン補給すればお肌も健康に保てるかも。


サンスターおいしい青汁

 

その7.しっかり寝る

ストレッチをして軽い運動もして、お水も野菜もたくさん摂ったら、後はリラックスするのみ。
きっといつもの食べ過ぎの時より気分が何倍も良いと思います。
最後は睡眠を十分にとるだけです。
ここで十分な睡眠をしないと、コルチゾールがたくさん分泌されて体重増加に繋がってしまいます。
コルチゾールとはストレスホルモンの一種で、過度なダイエットや運動をする事で過剰分泌し、太りやすくさせるものなんです。
いわゆる「ストレス太り」という事ですね。
そうならないためにもしっかり身体を休め、その次の日からも健康な生活を送れるようにしましょうね!

 

おわりに

どうでしたか?
食べ過ぎた次の日に焦っているのではダメですよ!
食べ過ぎたら、その日のうちに次の日の対策を考える事が大事です。

上の7つをよーく覚えておいてくださいね。
いつか食べ過ぎてしまった時にはこの7つのコツを思い出してください。
今日食べ過ぎちゃった!という人はもちろん明日から実践してみて下さいね。

参考元:all women stalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事



ページ上部へ戻る